車でテレビが観れる車載用地デジチューナーの選び方

LINEで送る
Pocket

長時間の移動や、車内での休憩中にはテレビがあると便利です。車の中でテレビを視聴するには、カーナビーや内臓モニターで視聴しますが、いろいろなタイプがあり、視聴環境によっては観れないこともあります。

家族旅行で車を使う際にも、テレビ視聴できれば長旅の閑話休題としても役立つので、快適な車内環境の一つとして備えておきたいところでしょう。ここでは、車で快適な視聴をするための、車載用地デジチューナーの選び方についてご紹介していきます。

チューナーの種類と長所・短所を知る


1
出典:地デジの選び方|カーナビLabo

地デジ放送を受信するチューナーにはいくつかの種類があります。画質が多少粗い代わりに広域帯での受信が可能なワンセグと、通常のテレビ並みの画質で受信できる代わりに、受信域が狭い12セグ(フルセグ)の2種類があり、使用する環境によって一長一短があるようです。

フルセグにはさらに2×2、4×4とアンテナの種類があり、受信回路とアンテナの数を示しています。フルセグ対応のチューナーは、電波環境が悪くなるとワンセグに切り替わるなどの機能がついているので、機能としてはフルセグ対応の方が上になります。

購入前にできること

車載用の地デジチューナーを購入する前に、検討しておくべき点がいくつかあります。

・アンテナを取り付け可能か
 アンテナが引っかかる状況が発生しないかどうかを考慮しましょう。
・12Vの電源の配線が設置可能か
 必然的に電源に近い場所に設置する必要がある。

これらの点に考慮しながら、事前にオンラインで公表されている仕様などを確認しておきましょう。

チューナーの値段の違い

2
出典:車載用地上波デジタル4×4チューナー | マックスウィン

ワンセグのみと、フルセグ対応のものとでは、フルセグの方が高機能であると紹介しましたが、その分価格が高いという欠点があります。値段としてはワンセグ<フルセグ1×1<フルセグ2×2<フルセグ4×4となりますが、メーカーや生産国によっても多少異なってくるようです。

アンテナの数が受信感度の良さに直結

フルセグに関しては、アンテナの数が多いほど、受信感度がよくなります。そのため、地方や山間部など、アンテナ状況が悪くなる状況においても、ある程度の感度を保つことが可能です。予算が許す範囲なら、4×4のフルセグを購入した方が、快適な視聴環境になるでしょう。

基本性能の高いものを購入する

チューナーを購入する際には、なるべく高機能なものを購入する方がよいです。ブースターなどの後付け製品もありますが、あくまでも基本性能の補助でしかありません。売れ筋で高いものでも2万円程度なので、予算の許す限り良いものを購入するとよいでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です