Home / 地デジ / 車でテレビが観れる車載用地デジチューナーの選び方

車でテレビが観れる車載用地デジチューナーの選び方

Pocket

長時間の移動や、車内での休憩中にはテレビがあると便利です。車の中でテレビを視聴するには、カーナビーや内臓モニターで視聴しますが、いろいろなタイプがあり、視聴環境によっては観れないこともあります。

家族旅行で車を使う際にも、テレビ視聴できれば長旅の閑話休題としても役立つので、快適な車内環境の一つとして備えておきたいところでしょう。ここでは、車で快適な視聴をするための、車載用地デジチューナーの選び方についてご紹介していきます。

チューナーの種類と長所・短所を知る

地デジ放送を受信するチューナーにはいくつかの種類があります。画質が多少粗い代わりに広域帯での受信が可能なワンセグと、通常のテレビ並みの画質で受信できる代わりに、受信域が狭い12セグ(フルセグ)の2種類があり、使用する環境によって一長一短があるようです。

フルセグにはさらに2×2、4×4とアンテナの種類があり、受信回路とアンテナの数を示しています。フルセグ対応のチューナーは、電波環境が悪くなるとワンセグに切り替わるなどの機能がついているので、機能としてはフルセグ対応の方が上になります。

購入前にできること

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

テレビ初購入者必見!一人暮らしにおすすめのテレビ6選

どんなテレビを購入するかもう決 …

Facebookでのご購読が便利です