地デジのテレビ番組を録画したBDをパソコンで再生する方法

LINEで送る
Pocket

地デジで放送されているテレビ番組は、以前放送されていたテレビ番組をビデオに録画するのとでは、若干勝手が違います。ダビング10などの制限もあるなど、気をつけなければならないことがいくつかあり、BDなどのディスクにダビングして、パソコンで閲覧する際にも、再生できるかどうか相性があるようです。

ここでは、BDレコーダーでダビングしたディスクを、パソコンで閲覧できるようにするための方法をご紹介していきます。

再生できる環境を確認する


1
出典:イマドキの自作PCなら完成まではあと一歩 リッチなBD再生環境を構築する 1/2 | 理想のAV-PC空間・実例集 | DOS/V POWER REPORT

BDをパソコンで視聴するためには、BD再生に対応したドライブを接続する必要があります。BDを再生できるかどうかは、パソコン上で、ドライブを確認するとBD-REなど、”BD”と表記されているドライブであればOKです。

DVDとは規格が異なるので、再生できないことに注意しましょう。また視聴するためには、再生するソフトウェアも必要ですが、正規購入したパソコンであれば、標準インストールされているソフトウェアに、PowerDVDなどの再生ソフトがあるので、それを利用します(ソフトウェアもBD対応であることが前提です)。

代表的なBD対応ソフトウェア

・PowerDVD Ver.13 有償で期間契約になるものの、高画質で3Dなどのハイビジョン・高画質な映像にも対応できます。

・WinDVD Ver11 こちらも代表的なソフトウェアで、Pro版になると3Dにも対応しています。

※3Dなどの高画質に対応する必要がないのであれば、バージョンが多少古くても問題ないです。(BD-rayの表示があれば再生可能)

スムーズな再生をするにはパソコンのスペックも重要


2
出典:DVD再生ソフト Enjoy DVD|ソースネクスト

対応しているハードウェアとソフトウェアが揃っていても、再生するパソコンのスペックが低いと、スムーズな再生ができません。BDを再生するにあたっては、パソコンにかなりの高負荷を与えるので、それなりのスペックが要求されるようです。最新スペックであればほぼ問題なく再生できますが、再生する前にパソコンの環境を確認しておきましょう。

パソコンでのBD再生に必要な環境をチェックするには?

CPU、メモリ、ビデオカード、OS、グラフィックボードなどで高いスペックを要求されますが、設定やメモリや処理能力の高さで補うなど、基準を満たさない項目があっても、他のスペックで補えれば、環境次第で再生できることもあります。

※「CyberLink Blu-ray Disc Advisor」というフリーソフトを利用すると、簡単にチェックすることが可能です。

再生できるかどうかは、最終的には試してみる

録画したBDをパソコン上で再生する場合には、高いスペックが要求されますが、地デジで録画した場合には3D対応でないことが多いので、必要スペックを満たさなくても、再生できることがあります。多少スペックに不安がある場合でも、再生に適した機器が揃っている場合は、一度試してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です