Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / webサービス / オンラインだけじゃない!PayPalをコンビニ決済で利用する方法

オンラインだけじゃない!PayPalをコンビニ決済で利用する方法

Pocket

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

世界中で使われているオンライン決済サービスのPayPalは使っていますか。クレジットカード情報も店舗側に渡らず、毎回クレジットカード番号の入力なども必要ないため、非常に便利にオンラインショッピングなどで利用ができます。

オンラインを主戦場としているPayPalですが、使い方によってはセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニでも決済することが可能です。

今回は、PayPalを使ったコンビニ決済方法やPayPalの基本的内容や仕組み、特徴・メリットなどについて紹介しています。

PayPalを使っていてコンビニ決済でも使ってみたい方や、そもそもPayPalをはじめて知った方も、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

PayPalを使ったコンビニ決済

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

PayPalはオンライン決済サービスですが、コンビニなどの実店舗でも利用することが可能です。オンラインでも実店舗でも利用ができれば、支払いも非常にラクです。ここでは、PayPalのサービス内容や仕組み、特徴などについても見ていきましょう。

そもそもPayPalとはどんなサービス?

PayPalとは、アメリカのPayPal社が提供しているオンライン決済サービスのことです。世界中で使われており、世界で最も有名なオンライン決済サービスとも言われています。

ユーザーはPayPalアカウントを作成すれば、アカウントに紐付いたメールアドレスでお金のやり取りや管理が可能になります。

PayPalの仕組み

PayPalでアカウントを作成することは銀行口座を持つようなものです。PayPalのアカウントに資金をプールする窓口を持つようなもので、基本的には支払いはクレジットカードで行います。

クレジットカード情報を登録しておくことで、支払先にクレジットカード情報を知らせなくても決済することができ、メールアドレスだけでOKです。

PayPalの特徴・メリット

PayPalにはさまざまな特徴・メリットがあります。ここでは、代表的なものについて見ていきましょう。

店舗側にクレジットカード情報が渡らない

PayPalの良いところは、どれだけPayPalを利用して決済をしても、店舗側にクレジットカード情報などが渡らないことです。一般的に、実店舗でもネットショッピングでもクレジットカードで買い物する際は、店舗側にクレジットカード情報が渡るのが普通です。

また、ネットショッピングによっては毎回クレジットカード番号を入力する手間などもかかります。

しかし、PayPalであれば、店舗側にクレジットカード情報が行くことはありませんし、毎回のようにクレジットカード番号などを入力する手間もありません。どれだけ買い物をしてもクレジットカード情報が渡らないため、安心して利用ができます。

クレジットカードのポイントもしっかり貯まる

店舗側にクレジットカード情報が渡ることはありませんし、ユーザーとしては「PayPal」で決済をしているため、クレジットカードのポイントが貯まるのか心配な点です。

安心なことにPayPalで決済をしても登録しているクレジットカードのポイントは貯まります。その代わり、あくまでも登録しているカードのみですので、クレジットカードを複数枚所有している人は、ポイントを貯めたいカードを登録しておく必要があります。

無料で使える

PayPalは非常に便利なサービスでありながら、余計な手数料などは一切かからず無料で使えます。アカウントの維持費や開設費、利用費なども一切かかりません。

コンビニ決済でPayPal を使うメリット

コンビニ決済でPayPalを利用すれば、どれだけ買い物をしてもお店側にクレジットカード情報が渡る必要がありませんし、ワンタッチ決済でラクに支払いを済ませられます。決済がラクというのが大きいです。

PayPalをコンビニ決済で利用する方法

baaaed643072f76a4c0412d468d12298_s

PayPalをセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど、街のコンビニで決済する場合、どうすればいいのでしょうか。

コンビニ決済の方法も把握しておけば、よりPayPalの使い道が広がりもっと便利になるはずです。PayPalのコンビニ決済ではVプリカを購入して決済に使用する必要があります。

Vプリカとは?

Vプリカをご存知ですか。インターネット専用のVisaプリペイドカードのことで、ネット上のVisa加盟店であればクレジットカードと同じように使用することができます。

Vプリカは基本的に日本国内在住で18歳以上の方であれば、特別な審査もなく登録のみで利用ができます。Vプリカは、クレジットカードと同じようにカード番号が16桁載っており、有効期限やセキュリティコード、ニックネームもカード表面に記載されています。

残高のあるVプリカは最大で10枚まで同時保有可能となっており、限度額は10万円となっています。Vプリカのカード自体はセブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サークルKなどのコンビニやインターネットで購入することが可能で、年会費などはかかりません。また、非常にカードデザインも充実しています。

Vプリカアカウント作成

Vプリカを使用するためにはアカウント作成が必要ですので、Vプリカのアカウント開設ページへアクセスして、内容を確認し4つのボックスにチェックをつけて次へ進みます。

メールアドレスを入力して、画像認証を確認・入力し、次へ進めます。事前登録確認画面で「登録」を選択し、メールで送られてくる事前登録完了メールのURLをクリックして本登録へと進みます。

本登録の必要事項をすべて入力して、間違いがないか確認したうえで「登録」ボタンを押せばアカウント作成が完了します。

Vプリカの使用前の準備

Vプリカを使いたい場合は、いきなりコンビニやインターネットで購入すればいいというわけではありません。事前にクレジットカードの認証をしておく必要があります。PayPalの「マイアカウント」を開いて「ウォレット」の中の「クレジットカードの確認」を選択します。

すると、クレジットカードより200円引落しがあり、4桁のコードが表示されますので、「認証を実行する」を選択してコードを入力し、「カードの確認」を押せばクレジットカードが認証されます。「クレジットカードの確認」を押した際に引落される200円については返金されます。

PayPalにVプリカの情報を登録

PayPalにVプリカの情報を登録することも必要です。上記のクレジットカードの認証が終わったらPayPalのマイアカウントへとログインをします。

そして、「ウォレット」タブからカードの追加を行います。Vプリカの必要情報を入力が終われば「カードの登録」を選択すると登録が完了します。登録が完了すればPayPal・Vプリカの使用が可能です。

まとめ

PayPalは非常に便利なオンライン決済サービスであるため、ネットショッピングなどで利用している人は多いです。ただし、Vプリカを利用すれば、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど、全国のコンビニでもPayPal決済が使えるようになります。

Vプリカ自体はインターネットやコンビニで簡単に購入することができ、アカウント作成などもすぐにできます。

ネットショッピングだけでなく、実店舗でもPayPal決済できれば非常にラクですので、興味がある方は、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

スパムメールにご用心!受け取らないための拒否設定と対策法2つ

大量に広告メールやアダルト系メ …

Facebookでのご購読が便利です