Wi-fiのパスワードを忘れてしまった時のパスワードの調べ方

LINEで送る
Pocket

takebe160224530i9a0327_tp_v

Wi-fiに繋いでいるスマホやPCがフリーズしたので再起動しました。気を取り直してWi-fiに接続しようとしたら、パスワードを入力しなさいと言われてしまいました…はて、パスワードって何だっけ?というご経験はありませんか?

Wi-fi導入時、自分で設定したのならまだしも、業者さんに全部お任せでだったので何もわかりませんという場合。本体に書いてあるいうのはなんとなく知っているけど、どこを見ればいいのかわからない時。見たはいいけど意味がわからない場合。見方がわかってても、見に行くこと自体がめんどくさくて、動かずその場で解決したい時。

ここでは、Wi-fiにパスワード入力を求められた時、何を見ればいいのかについてご説明いたします。ご安心ください。必ずわかります!
[ad1]

Wi-fiの接続用語を理解する

まずは、Wi-fiの接続に関する紛らわしい用語をクリアにします。

SSIDと暗号化キー

Wi-fiに接続するには、「SSID」と「暗号化キー」と呼ばれるものが必要です。SSIDは接続名、暗号化キーはパスワードに相当します。どちらも、第三者から不正アクセスされないために必要なものですが、各メーカは、これらの用語を結構自由に表現しています(間違いではないんですが…)。ここがWi-fiのめんどくさいところで、あまり詳しくない方が混乱する一因となっています。

いろんな表現を調べてみました

SSIDと暗号化キーの別名って、いろんな表現があるもんだなあと前々から思っていましたが、いい機会なのでちょっと調べてみました。

〇端末編
これがどれも同じ意味とは、ちょっと驚きです。

機種 SSID 暗号化キー
iPhone ネットワークID パスワード
Android ネットワークSSID パスワード
Windows ネットワーク名 セキュリティキー
MAC ネットワーク名 パスワード
NintendoDS 接続名1~3 WEPキー
PSP SSID WPAキー

〇ルーター編
本体記載の表現です。

メーカ SSID 暗号化キー
BUFFALO SSID(g),SSID(a) Key
I/Oデータ SSID 暗号キー
Corega ネットワーク名(SSID/MAC) ファーストSSIDセキュリティキー
logitec 無記載(logitecuserで固定) Key
NEC プライマリSSID 暗号化キー

予想はしていましたが、かなり多種多彩な感じです。中には、詳しい人にとってはかえって親切な表現もあるのですが、慣れない方とってみれば、一言でも違ってたら不安になりますし、それはもう混乱すると思います…とはいえ、結局どれも同じ意味ですので、そうとわかれば怖くありませんね。

確認方法

それでは、実際に暗号化キーを確認したいと思います。

方法1.ルータ本体の記載を見る

まず、ルーター本体を見てみます。プロバイダと契約した時に渡してもらった箱みたいな機器です。大抵の場合、側面か底面にシールが貼ってありますので、そこを調べてみてください。SSIDと暗号化キーが記載されています。機器によってはカバーを外さないと見えない場合もあるようです。また、Logitec製品はSSID未記載ですから注意してください。

rooter

なお、私は実際に見たことはありませんが、ルーターによっては、何も記載されていないこともあるようです。その場合は下記の方法2.または3.で確認します。少しばかり面倒ですが、難しくはありませんからがんばりましょう。

方法2.ブラウザで確認する

まず、「デフォルトゲートウェイ」というものを調べます。これは、ルーターの住所のようなものと思ってください。Windowであれば、コマンドプロンプトを起動し、ipconfigと入力しEnterを押すと調べることができます。この場合ですと192.168.0.1です。PCをお持ちでない場合は、ルーターの製造元HPでデフォルトゲートウェイを確認してください。(「ルーター」と呼ばれている場合もありますのでご注意ください)
なお、デフォルトゲートウェイは192.168.の部分と、最後の.1は必ず同じで、今回でいう0の部分のみ、メーカによって異なります。

 ipconfig

次に、ブラウザ(InternetExplorerやSafariなど)を起動し、アドレス欄にデフォルトゲートウェイをそのまま入力して、Enterを押してください。ルーターの管理者画面を開けます。ほとんどの場合、IDとパスワードを要求されますが、製造元のHPに記載されていますのでご確認ください。下記はBuffaloの例です。管理者画面のどこかに暗号化キーは必ず載っていますので、あちこちボタンを押してみて探しましょう。

buffalo

私の場合はですが、自分のルータにSSIDと暗号化キーの記載があるのは知っていますが、見に行くのがめんどくさい時は、この方法でやっつけています。

方法3.ルーターに付属のユーティリティを利用する

ルーター付属の接続ユーティリティ(アプリ)があれば、これを使うのも手です。使い方はメーカによってまちまちなですので、説明は省略させていただきます。取扱説明書やメーカのHPなどをご参照ください。専用で作られているものですので、先の方法より簡単な場合が多いと思います。

※SSID/暗号化キーが2つある場合

1つだけなら迷うことはありませんが、SSID、暗号化キーが2組記載されている場合があります。これは、2種類の電波に対応しているためであることがほとんどです。ひとまず上に(先に)書かれている方を選べば問題ないと思います。だめならもうひとつを試せばいいわけですし。

まとめ

どんなルーターであっても、下記のうちいずれかの方法で、暗号化キーを確認することができます。

  • 1.本体に記載されている内容を確認
  • 2.ブラウザのアドレス欄にデフォルトゲートウェイを入力し、設定画面にて確認する
  • 3.ルータ付属のユーティリティーを使う

大抵の場合、方法1で解決します。とはいえ、状況によってはやむを得ず方法2や3でやらざるを得ない時もあるかもしれませんので

  • 4.ルーターの取扱説明書や付属CDは大切に保管する
  • 5.メーカHPを事前にチェックし、できれば印刷しておく

といったことも大事です。暗号化キーを知りたいときはHPを見に行こうにも、ネット自体に繋げないわけですから…なお、暗号化キーって一体どれなんですか?というユーザーからの質問が非常に多いとみえて、暗号化キーの確認方法については各メーカとも、HPで詳しく説明されている場合が多いです。

まとめ

Wi-fiのパスワードは使用する頻度が少ないため、保管することをついつい忘れてしまいがちです。一方でWi-fiのパスワードが分からないとインターネットにアクセスすることができずに非常に不便な状態に陥ってしまいます。

Wi=Fiのパスワードはメーカー毎に調べ方が異なりはしますが、正しい方法で調べれば必ず発見することができますので、万が一パスワードが分からなくなってしまった場合でも、落ち着いて探すようにしていきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です