Macのアプリ「ワイヤレス診断」でWi-Fiの状況を確認する手順

LINEで送る
Pocket

「ワイヤレス診断」は、Macが接続しているWi-Fiネットワークを診断し一般的な問題を解決するMac OS X に標準添付のアプリです。

ローカルのネットワークは正常に動いていてもインターネット環境への接続でトラブルが発生している。現在利用しているローカルネットワーク環境にIDの重複が発生しているなどの様々な障害を検出し解決方法を提示してくれるアプリです。

ただ、一般的なアプリのように、「アプリケーション」フォルダや「ユーティリティ」フォルダには登録されていないので、このアプリの存在に気がつかない人もいます。

スポンサーリンク

ワイヤレス診断の実施

ワイヤレス診断アプリの起動方法

optionキーを押しながら、メニューバー上のWi-fiアイコン(Wifiメニュー)をクリックすると、普段は現れない「”ワイヤレス診断”を開く」というメニュー項目が追加して表示されます。このメニュー項目をクリックして起動させます。

01

ワイヤレス診断が起動すると「はじめに」画面が表示されます。

02
“ワイヤレス診断”アプリには、「診断レポート」作成機能があります。ネットワークに問題が発生したような場合には、ネットワーク管理者やAppleにこのレポートを送信して問題解決を依頼しましょう。(診断レポートは、自動的にAppleへ送信されることはありません。)

ワイヤレス診断の実行

ここでは、そのまま「はじめに」画面の右下の[続ける]ボタンを押します。診断テスト実施中は、次の画面が表示されます。診断には数分かかりますので、そのまま待ちましょう。

03

何も問題がなければ、次の画面が表示されます。

04
「◯ 概要を表示」オプションを選んで、「続ける」ボタンを押すと、診断状況の概要を表示させることができます。

05
概要の表示で何も問題を検出していなければ、「WiFiのベストプラクティスを確認してください」と表示されます。

問題が検出しされた場合は、その概要と対象方法が表示されます。次の例は、Wi-Fiチャンネルが混雑していることを警告しています。

06
06a

Wi-Fi接続の監視

「ワイヤレス診断」には、監視モードというものがあります。Wi-Fi接続が不意に切断されたり、不安定になったりする場合、ネットワークの状況を継続的に監視することにより、問題の診断と解決法を探り当てることが容易になります。

監視モードの開始

監視モードへ移行させる方法は、「ワイヤレス診断」を実施後、正常に診断が終了した後に、「◯ Wi-Fi 接続を監視」オプションを選び、「続ける」ボタンを押します。

07
監視モード実行中は、この画面が表示されたままとなります。エラーが検出されると通知が表示されます。

08
監視を停止する場合は、「続ける」ボタンを押すといつでも終了させることができます。

09

監視モード終了後、「続ける」ボタンを押すと、ワイヤレス診断結果のファイルがデスクトップに作成されます。
10
11

作成される診断結果のファイル名は、「ワイヤレス診断_**************************_日時.tar.gz」のような名称になります。このファイル(.tar.gz)はUNIX系OSでよく使われる圧縮ファイルです。興味ある方は、StuffIt Expanderなどの解凍ユーティリティで解凍し、どのようなファイルが生成されているか覗いてみてください。

ほとんどのファイルがテキストファイル(XML形式等)となっており、テキストエディターで内容を表示させることができます。

エラーの通知

試しに、監視モード実行中、Wi-Fi機器の電源を落としてみました。一定の間隔で診断が行われていますので、少々時間が過ぎたのち、次のような画面が表示されました。

12
「…接続解除が検出されました」となります。

その他のツール

「ワイヤレス診断」を起動し、一度診断が実行されると、メニューの[ウインドウ]から次のツールを選んで実行することができます。それぞれのツールは、同時に起動させ動作させることができます。それぞれのツールの機能を簡単に紹介しましょう。

情報

現在接続しているネットワークの名称、セキュリティ方式、ネットワーク設定内容を参照することができます。
13

ログ

ネットワークに関するバックグラウンドログを収集するための設定変更を行うことができます。
14

スキャン

現在、接続可能な全Wi-Fiネットワーク名のリストを表示し、それぞれのセキュリティ方式、ノイズ発生状況、チャンネル番号、周波数帯域等の情報を知ることができます。
15

パフォーマンス

現在接続しているWi-Fiネットワークの品質等の情報がグラフで表示されます。真ん中の赤いグラフ「品質」は、数値が高ければ高いほど良質です。ルーターから遠ざかり信号が弱くなると数値は低下します。

緑の「RSSI」の値は、受信信号強度です。大きいほど優れています。(-60より-40の方が大きくなります。)ブルーの「ノイズ」は、数値が小さいほど良好となります。このRSSIとノイズの数値の差が大きいほどそのネットワークは品質が良いと言えます。

16

スニファ

Wi-Fiトラフィックのパケットをキャプチャするときに使います。これはもうネットワークのトラブル発生時にネットワーク管理者が使うツールです。一般のユーザーが使うようなツールではありません。このような機能がここにあると知っておいてください。
17

監視

このツールは、「情報」と「パフォーマンス」の一部を簡略して表示させています。接続しているWi-Fiネットワーク機器のIPアドレス、セキュリティ方式、信号の状態のグラフ等を小さなウインドウで表示します。
18

その他のツール(外部ツール)

また、メニューから[ワイヤレス診断]ー[外部ツールを開く]を操作することができるようになります。

19
ここからは、「AirMacユーティリティ」、「ネットワーク診断」、「ネットワークユーティリティ」を起動することができます。

AirMacユーティリティとは、

Apple純正のWi-Fiルーターファミリー製品である、「AirMac Extreme」、「AirMac Time Capsule」、「AirMac Express」の設定を非常に簡単に行うことができます。このアプリは、「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダにあります。

20

ネットワーク診断とは、

診断しようとする接続可能なネットワークIDを指定して、正常に動作しているかを簡単に確認することができます。

21

ネットワークユーティリティとは、

接続しているネットワークの詳細情報や、PingやPortsscanといったネットワーク探査の様々なツールを使用することができます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です