Macでパワーポイントを利用するための手順

LINEで送る
Pocket

Microsoftが開発したパワーポイントは、「パワポ」の愛称で呼ばれ、様々なシーンでプレゼンテーションツールの定番として使われています。パワーポイントには、デザインが洗練されたテンプレートが数多く提供されていて、プレゼンテーションに利用できる素材もネットで多く配布されています。

プレゼンテーションの作成には、文字だけでなく、図形、画像、表、グラフ、動画、音声、アニメーションと見栄えのする多くのプレゼンテーション手法を利用することができます。今やパソコンを使うなら「パワポ」が使えるのが当たり前とも言われるほどです。

スポンサーリンク

Macでも使えるパワーポイント

Mac用のパワーポイントは、Windowsパソコンのようにプレインストールされることはないので、アプリを購入することになります。パワーポイントのアプリ単品(PowerPoint 2016 for Mac)もありますが、MicrosoftのOfficeスィート製品であれば、WordやExcelも含まれているのでコストパフォーマンスは良いでしょう。

ただし、Office製品の種類によっては、パワーポイントが含まれていない場合もありますので購入時にはオフィスの種類を確認するようにしてください。
Microsoftのパワーポイントには、次のようなスィート製品があります。

パワーポイントアプリの種類

(1) 製品版のMicrosoft Office(買取)
(2) サブスクリプション方式のOffice365
(3) Microsoftアカウントで無料で使うOffice Online

製品版のメリット、デメリット

製品版のMicrosoft Officeは、パソコンショップ、家電量販店で購入可能です。もちろんネットで購入決済をおこなってソフトはダウンロードしてインストールを行いプロダクトIDを入力して使うことができます。

001_PowerPo

製品版のメリットは、出費は一度で済み、一旦購入してしまえば永久に利用可能なことです。特に最新版が利用できなくても良いということであれば、コストパフォーマンスは良いでしょう。ただし、新しいバージョンの製品がほしい場合は、改めて購入する必要が生じます。(アップグレード版が販売されることもあります。)

002_PowerPo

サブスクリプション方式のメリット、デメリット

サブスクリプション方式のOffice365という製品があります。これは月単位で利用権を購入するものです。(年間利用料一括払いの割引もあります。)

まず、メリットは、常に最新のバージョンが利用可能ということと製品の種類によっては、同時に利用できるMacの数が、2台、5台といった複数台で利用できるライセンス方式です。さらに利用制限内お台数で使えば、Windows版のOfficeも利用可能となります。

デメリットとしては、毎年契約を更新して利用料を払い続ける必要があるということです。

OfficeOnline_01

このOffice365のサブスクリプション方式は、MacでWindowsを使う方にとってはとてもお得だと思います。そして、この台数制限もインストール数の制限ではなく、Web上からデバイスごとにサブスクリプションを解除できますので、解除と認証の多少の手間はかかりますが、同時利用台数の制限と同じと考えて良いでしょう。

Office Onlineで無料のパワーポイントを使う

もう一つ最もコストパフォーマンスが優れた、パワーポイントの導入方法があります。
それは、MicrosoftのOffice Onlineでパワーポイントを利用することです。これなら無料で利用できます。利用のための条件は一つ、Microsoftアカウントを作ることです。

Office Onlineでパワーポイントを使う手順

(1) Microsoftアカウントの作成
最初にMicrosoftアカウントを作成しますが、icloud.com、hotmail.comなどのアカウントを既にお持ちであればそのまま利用できます。アカウントの作成にはGmailアカウントを利用することもできます。

OfficeOnline_02

Microsoftアカウントを使って、office.com画面の右上ボタンからサインインします。
office.comの画面

(2) オンラインドキュメントの作成
画面左下にある「新規作成」ボタンから「PowerPointプレゼンテーション」を選択します。Webアプリの「パワーポイント」が起動します。

OfficeOnline_03

オンライン版は、インストール版に比べて機能は多少省かれています。

OfficeOnline_04

でも、凝ったプレゼンテーションを作成しないのであれば十分過ぎる機能を有しています。
最初は、無料版でスタートし必要になったら製品版、または、サブスクリプション版を使ってみてはいかがでしょうか?

パワポ互換のアプリ

Macで利用可能なMicrosoftパワーポイントと互換性のあるアプリとしては、次のものが代表的です。最近の互換アプリでは、以前に比べてデータの互換性は高くなっていると言えるでしょう。一部のフォントや高機能な書式を使用しない限りにおいては、Macで利用する限りにおいては一般的な機能を使う限り互換性は十分利用にできる範囲と言えるでしょう。
それでは、パワーポイントと互換性のあるアプリの代表を3つほど紹介します。

MacならKeynoteがあります

Macでのプレゼンテーションアプリといえば、もちろん「Keynote」です。
2013年10月1日以降にMacを購入された方で、OS X Marvericks(10.9.x)以降を利用されている方は、Keynote(Keynote以外にも、Pages、Numbersも無料で利用可能です)を無料でダウンロードできます。

KeyNote02

Google Chromeでは、「スライド」アプリがあります

GoogleのChromeブラウザで利用できる、プレゼンテーションアプリとして、「スライド」があります。一般的な文書ファイルであれば、互換性はかなり高いですが、一部のフォント、高度な機能の部分についての相互互換性は期待はできません。特別な飾り表現を用いないパワーポイントデータを作成するのであればこれでも十分でしょう

ChromeSlide_02

Microsoft Office互換アプリのLibreOfficeやOpenOffice

OpenOffice系のプレゼンテーション作成ツールとしては、「Impressプレゼンテーション」があります。Impressは、オープン・スィートLibreOfficeのプレゼンテーション作成編集用のアプリです。

また、LibreOfficeは、OpenOfficeから派生したオープンソーソのオフィス・スィートでOpenOfficeのすべての機能を引き継いでいます。動作環境は、Windows、OS X、LinuxやFreeBSDなどのUNIXで動作します。MacのOSXでoオープン・オフィス・スィートを利用するのであれば、LibreOffceがお勧めです。

LibreImpress_01

「Impressプレゼンテーション」のデフォルトのファイルフォーマットはODF(Open Document Format)と言いますが、ファイルの拡張子は、.odpとなります。もちろんパワーポイント互換アプリですので、.pptx形式でファイルを保存することもできます。

まとめ

プレゼンテーション用アプリとしてのデファクトスタンダードである「パワーポイント」Windowsパソコン専用のアプリではありません。Macでも同等以上の機能を有したパワーポイントが利用できますので、是非とも使い方を習得しましょう。また、パワーポイントと相互互換性を有したフリーソフトもあり十分な機能を有しています。どの互換アプリを利用しても、安心して使えるほど相互の互換性はかなり高いといえましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です