Home / Mac / Macで簡単にPDFファイルを作成する方法

Macで簡単にPDFファイルを作成する方法

Pocket

Mac OS Xでは、初期状態でPDFファイルを作成する機能を有しています。Adobe社のAcrobatなどのソフトをインストールする必要はありません。

Macを買った時から、誰でも簡単にPDFファイルを作成することができます。プリント機能から、または、直接PDFとして書き出すといった機能が用意されています。それでは、その方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

プリント(印刷)から作成する

Mac OS Xでは、インストールされたプリンタへ印刷するだけでなく、PDFファイルを書き出す機能がデフォルトで用意されています。

各アプリには、印刷する機能として、メニューから[ファイル][プリント(アプリにより名称が変わることもあります)]と進むと、次のような画面が表示され、最下行の左側には、「PDF」メニューが表示されます。
01
そのメニューの中には、「PDFで保存」以外に「プレビューでPDFを開く」ですとか、Evernoteがインストールされていれば、「PDFでEvernoteに保存」、「PDFを”メッセージ”で送信」といったようにPDFファイルを作成するだけでなく、合わせて実行する処理を指定することができます。これは、Windowsにはない素晴らしい機能と言えるでしょう。

「Safari」からも簡単に作成

Safariを利用する場合は、上記の「プリント」からPDFを作成することもできますが、メニューから直接PDF出力を行うこともできます。

メニューから[ファイル]→[PDFとして書き出す]と進むと、保存先の場所(フォルダ)と書き出し名(ファイル名)を指定する画面が表示されます。ここで保存先を選択しファイル名を入力してください。Safariでは、当該ページのタイトル名はデフォルトのファイル名となっています。もちろん書き換えることも可能です。

「Safari」の[ファイル]→[プリント…]からのPDF作成

02

「Safari」の[ファイル]→[PDFとして書き出す…]からのPDFファイル作成

03

「プレビュー」や「メモ」アプリから作成

「プレビュー」アプリは、写真や図形の画像(jpgとかpng)ファイルを開き参照することができます。そしてその画像ファイルは、PDFファイルとしても保存することができます。メニューから[ファイル]→[PDFとして書き出す]と進みます。後は他のアプリと同様な操作でPDFファイルを作成することができます。

04

「プレビュー」でこの機能を使うと、PDFファイルを「プレビュー」で開いて、メモ書きや図形を追加して書き込み、その結果を別のPDFファイルとして保存するということもできます。

Mac OS Xの標準機能を使ってプリントする要領で簡単にPDFを作成

Mac OS Xでは、文書や画像を作成編集するアプリでは、簡単にPDFを作成することができます。プリンタへ印刷するのと同じような感覚でPDFファイルを作ることができます。高度な編集を行わない限りAdobe社のAcrobatは必要ありません。ただし、Finderなどのユーティリティ・アプリやSublime Textエディタ、Atomエディタのように、元々印刷機能を有していないアプリもあります。でもこれは、Mac OS Xだけの話ではありません。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です