Home / Mac / Windowsのペイントに近いMacのペイントソフト

Windowsのペイントに近いMacのペイントソフト

Pocket

パソコンを使って図や絵を描くには、AdobeのPhotoshopやIllustratorという高機能なソフトをお持ちであれば最良ですが、デザインのお仕事をしていない方にとっては、この2つのソフトを利用するにはコスト的にハードルが高いのが現実です。

また、多機能であるがために使いこなすにはそれなりの習熟が必要となります。

スポンサーリンク

Macで使えるペイントソフト

デザインのお仕事が本業でない方でも、ちょっとしたプレゼン、資料作成に簡単に図形や絵を描きたいというニーズは多くあります。Windowsでは、ちょっとした図や絵を描きたい時は「ペイント」ソフトを使っている方が多くいます。Windowsの「ペイント」ソフトは、標準添付のソフトであり、どのWindowsPCでも使えるようになっています。

001_WinPaint

特に、WIndowsからMacにスウィッチしてきた方は、Macには簡単な描画ソフトがないのかと思うのではないでしょうか。Macにも「ペイント」同様なソフトはあります。フリーソフトでも描画ソフトはあります。今回はMacで使える描画ソフトを紹介していきましょう。

Mac標準装備の「プレビュー」は、描画ソフトでもある

MacのFinderから、JPEG、PNG、PDFといったデータ形式のファイルをダブルクリックすると、「プレビュー」ソフトが起動します。
この「プレビュー」ソフトは、JPEGやPDFといった画像情報ファイルを参照できるだけでなく、描画する機能も有しているのです。何気なくMacを使っていると意外とこの機能に気がついていない人が多いのです。

「プレビュー」の作図機能

試しに「プレビュー」で適当なJPEGファイルを開いてみてください。そして、[メニュー]から[表示]ー[マークアップツールバーを表示]としてみてください。簡単な描画のためのツールバーが表示されます。

002_Preview

「プレビュー」の作図機能には、直線、矢印、長方形、長方形(角丸)、楕円、吹出し、文字等が使えます。また、線の太さ、色、塗りつぶしの指定もできます。

003_Preview

このように既存の画像ファイルに対しては、Windowsの「ペイント」に匹敵するほどの作図機能を有しているのです。
Windowsの「ペイント」に比べれば、描画できる図形が若干少ないぐらいです。また、編集・保存できるデータフォーマットは、JPEG、PDF、PNG、TIFF等です。

ただし、Macの「プレビュー」には一つだけ難点があります。新しい空のファイルを作成することができないことです。名前の「プレビュー」のごとく、あくまで既にある画像ファイルを参照に作図を加えることができるソフトです。既存の写真画像やPDFファイルに図形やメモを書き加えるような場合に便利です。

「プレビュー」で空のファイルを作成する方法

他のアプリのようにメニューから新規画像ファイルの作成はできませんが、画像情報がクリップボードにある場合は、「プレビュー」のメニューから[ファイル]ー[クリップボードから新規作成]とすると、クリップボードに保存されている画像で新しいファイルを作成することができます。

例えば、今開いているウインドウのスクリーンショットを撮り(「command + shift + 4」キーで範囲を指定、または、スペースキーでウインドウ指定してスクリーンショットを撮る)、「クリップボードから新規作成」を行うと新しいJPEGまたはPNGファイルを作成することができます。

このままでは、不要な絵がありますので、背景を真っ白にしたい場合は、線と塗りつぶしを白にした長方形を画面目一杯に作図すれば空っぽのキャンバスが作成できます。後は、メニューから[ツール]ー[サイズを調整…]を実行して任意のサイズのファイルにするだけです。

Macで利用できる「ペイント」に類似した描画ソフト

Macでも描画ソフトの王道は、やはりAdobeのPhotoshopやIllustratorですが、コスト、機能とも敷居が高く誰でも簡単に使うとは言えない状況です。
今回は、Macで利用可能な無料の描画ソフトで、簡単に使えるものから高度な機能を有する描画ソフトを紹介していきましょう。

多機能なペイントツール「GIMP」

「ギンプ(またはジンプ)」と呼び、フリーの画像編集・加工ソフトでPhotoshopと同じような機能を有する高度なフリーソフトとして歴史があります。とても無料とは思えない本格的な機能を有しています。Photoshopはコストの面でとても手が出せない方、自分で使用する画像データを作る場合でPhotoshop形式で納品データを要求されることがない方、Photoshopじゃないと絶対にダメ言う方意外にはお勧めのソフト(いや、必須とも言えるソフト)です。

レイヤー、グラデーション、パスツール、プラグインツールとPhtoshopを凌ぐような機能も有しています。

004_GIMP_Start01

対応しているデータ形式としては、独自のデータ形式であるXCF形式以外に、JPEG、PNG、GIF、TIFF、BMP形式だけでなく、Photoshopのファイル形式PSDといった多くの描画ソフトのデータ形式について、インポート・エキスポートする機能を有しています。
GIMPのダウンロードサイトはこちら

※ Macインストール時の注意
初回起動時に「データファイルを検索中 フォント(しばらくお待ちください)」と表示されたままになりますが、5分ほどそのままお待ちください。初回だけで次回からはすぐに起動するようになります。

手軽なツール「FireAlpaca」

略称では「燃えパカ」と呼ばれている、人気のフリーの画像編集・加工ソフトです。GIMPほどの高機能ではないですが、レイヤー機能があり、ファイル保存で独自形式(MDP)を指定するとアウトラインフォントを保持することができます。

対応しているデータ形式としては、読み込みでは、BMP、GIF、JPG、PNG、PSD形式、書き込みでは、BMP、JPG、PNG、PSD形式に対応しています。

005_AlpacaStart01

ちょっと手の込んだ画像ソフトを作成したい場合にはお勧めです。
FireAlpacaのダウンロードサイトはこちら

ここで紹介した2つのソフトは評価の高いソフトですので、安心して使っていただくことができます。ただ、Apple社以外からソフトをダウンロードして使用するのはセキュリティの面から心配だという方もおりますので、AppStoreで入手可能な無料の描画ソフトも紹介しておきましょう。

AppStoreにあるペイントソフト

AppStoreで、「ペイント」や「Paint」といったキーワードで検索すると、数多くのドロー系ソフトが見つかります。Apple社の審査を受けていますので安心かとは思いますが、評価がほとんどないソフトもあります。このようにあまり使われていないソフトの場合、MacのOSがアップデートされた時にバージョンアップされずに利用できなくなる場合もありえますので、利用者の評価をよく読んでから選定するようにしましょう。

006_AppStore

AppStoreの無料ソフトの利点は、セキュリティ面で安全であること(完全とは言えませんが、脅威が見つかった場合はすぐに削除や修正の対策が採られます)、そして、容易にお試しができることです。

AppStoreでのお勧めは、「Paint 2」

数多くあるAppStoreのドロー系ソフトの中では、「Paint 2」が比較的分かりやすい操作性を有しており、簡易なドロー系ツールとしてはお勧めです。

保存できるファイル形式としては、PNG、TIFF、BMP、JPEGとGIF形式です。また、独自形式のpaint形式で保存すればレイヤー情報も保持できるので編集途上ではとても便利です。基本的な描画機能は「ペイント」に匹敵する機能を有しており、操作性も戸惑うことはありません。

007_AP_Paint2

まとめ

最初に紹介したようにMacで画像ファイルに簡単に図形等を描画するのであれば、以外と「プレビュー」が便利で簡単に使えます。「GIMP」はPhotoshopに負けない高度な機能を有していますので、インストールしておくことをお勧めします。「FireAlpaca」は、Windows版もあり評価が高い描画ソフトです。

このようなドロー系ソフトは、デザインを専業としているような場合は別として、詳細な機能を調べることなく簡単に使えるのが望ましいと思います。利用場面と作図機能に応じて複数のアプリを常に使えるようにしておくことをお勧めします。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です