Home / Mac / Mac miniにメモリを増設してみよう

Mac miniにメモリを増設してみよう

Pocket

パソコン③

今回、Mac miniのメモリ増設方法について紹介しています。「Mac miniの各モデルとメモリ増設方法」に加え、「Mac miniのモデルを確認する方法」についても説明しています。Mac miniは非常にコストパフォーマンスが高い製品で、安い価格でMacが使えるようになりますが、メモリが小さく不便さを感じることもあります。

そこで各モデルごとのメモリ増設方法について説明しています。モデルによっては自身で増設することができませんが、自身でできるものも決して難しくありません。また、自身でメモリ増設することは何ら危ないことではなく、Appleが公表している方法でもあります。メモリ不足に悩んでいた方も、これからMac miniを検討している方も、方法を知らない方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

Mac miniの各モデルとメモリ増設方法

ここでは、Mac miniの各モデルごとのメモリ増設方法について紹介します。各モデルでは、「Mac mini(Late2014)」「Mac mini(Late2012、Mid2011、Mid2010)」「Mac mini(Late2009、Early2009、Mid2007、Late2006、Early2006)」に分けています。

Mac mini(Late2014)

Mac mini(Late2014)に関しては、RAMは交換/増設ができません。Mac mini(Late2014)のメモリは購入時のカスタマイズで構成することが可能です。オプションにて8GBもしくは、16GBに変更が可能で、ローモデルは8GBへのメモリ増設で10,800円(税別)、16GBへのメモリ増設の場合で32,400円(税別)かかります。ミドルモデルは、8GBへのメモリ増設の場合で21,600円(税別)、ハイモデルは16GBへのメモリ増設の場合で21,600円(税別)でかかります。

Mac mini(Late2012、Mid2011、Mid2010)

各モデルの最大メモリは、Mac mini(Late2012)は16GB、Mid2011とMid2010は8GBとなっています。最適なパフォーマンスを実現するために、Mac mini(Late2012)には2GB、4Gb、または8GBメモリモジュール2つ取り付けます。Mac mini(Mid2010)およびMac mini(Mid2011)には、1GB、2GB、または4GBメモリモジュールを2つ取り付けます。

メモリ増設方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Macが起動しない!PRAM/NVRAMリセットなどを利用した5つの対処法を解説!

少し前までは普通に動いていたの …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です