Macで起動ディスクを選択する方法

LINEで送る
Pocket

内臓ストレージにパーティションを切ったり外付けHDD等を用いることで、複数のOS X環境を作成することができます。テスト目的で複数のバージョンのOS Xを用意したり、古いバージョンのOS Xでしか動作しないアプリケーション用に使用したり、デフォルト環境のバックアップ目的で使用したりと、複数のOS X環境を作成するメリットはいくつか考えられます。

通常、Macの電源を入れると、デフォルトの起動ディスクからOS Xが起動しますが、複数のOS X環境が存在する場合、どの起動ディスクを用いるのかを選択することができます。

本稿ではMacの起動ディスクを選択する方法について説明します。

スポンサーリンク

システム環境設定から起動ディスクを選択する

システム環境設定から起動ディスクを選択するには、以下の手順にしたがってください。

1. 使用したい起動ディスクが外付けHDD等に入っている場合はMacに接続し、マウントします(Macに認識させ使用可能状態にします)。
2. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択します。

01-select-system-preferences-menu

3. システム環境設定から「起動ディスク」をクリックします。

02-system-preferences

4. 起動ディスク環境設定がロックされている場合は、ウィンドウ左下の錠前をクリックします。

03-startup-disk-preferences-locked

5. ユーザ名とパスワードを入力して「ロックを解除」をクリックします。

04-auth-dialog

6. 「コンピュータの起動に使用したいシステムを選択してください」から起動ディスクを選択します。

05-startup-disk-preferences

これで次回起動時は選択した起動ディスクが使用されます。「再起動…」をクリックすると、その場で起動ディスクから再起動します。

電源投入時に起動ディスクを選択する

前節の手順は正常起動した状態から起動ディスクを選択する方法です。

ふだん使用している起動ディスクからの起動に失敗する場合などのために、電源投入時に起動ディスクを選択する方法があります。

1. Macの電源を入れるか、再起動します。
2. すぐにキーボードのOptionキーを押しっぱなしにします。
3. Startup Managerが起動します。
4. 起動ディスクが入った外付けHDD等を接続していなかった場合は、ここで接続します。
5. 接続されているディスクがスキャンされ、起動ディスクのアイコンが表示されます。
6. 使用したい起動ディスクをカーソルキーで選択し、Enterで決定します。

これで選択した起動ディスクでシステムが起動します。

使用したい起動ディスクが表示されない場合

前節までの起動ディスク選択時に使用したい起動ディスクが表示されない場合、以下の事項を確認してください。

– 外付けHDD等を用いる場合は、正しくMacと接続されているか、外部電源を必要とする機種の場合は電源と接続されているか、電源が入っているかを確認します。
– ドライブに正しくOSがインストールされているかを確認します。

ドライブが正しく接続されており、かつOSがインストールされていても選択時に表示されない場合、ディスクの修復が必要である可能性があります。

– 通常の起動可能な環境があれば、そこから「ディスクユーティリティ」を用いてディスクの修復を試してみてください。
– 起動可能な環境がない場合、電源投入後すぐにCommand-Rを押しっぱなしにしてOS X復元システムを起動させ、そこから「ディスクユーティリティ」を用いてディスクの修復を試してみてください。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではMacの起動ディスクを選択する方法について説明しました。

複数の起動可能なOS X環境を用意しておくことで、複数バージョンのOS Xのテスト、古いアプリケーションの使用、緊急時のバックアップなど、得られるメリットが多数存在します。

複数の起動ディスクから使用するディスクを選択したいときは、本稿を参考にしてみてください

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です