Home / Mac / Windows用のキーボードをMacでも円滑に使用する方法

Windows用のキーボードをMacでも円滑に使用する方法

Pocket

Macを使うメリットの一つに、macOSの上でWindowsを動かすことができるという点があります。Pallarels DesktopやVMware Fusionという仮想化ソフトを使うことにより、macOSを使いながらWindowsが利用できるということです。ただし、MacとWindowsの大きな違いの一つにキーボードが異なるということがあります。

本稿では、Mac上でWindowsを使いたい人、あるいは、WindowsからMacに切り替えたいのだけれど、慣れるまでの間Windowsキーボードが使えないだろうかと思われている方向けに、MacでWindowsキーボードを使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windowsキーボードの接続と設定

Windowsキーボードには、現在ではレガシーとなっているPS2キーボード、USBケーブル接続のもの、USB端子を使ったワイヤレスキーボード、Broutooth接続のキーボードがありますが、Macに接続するのであればUSBケーブルタイプのものが良いでしょう。

USB端子を使ったワイヤレスキーボードで「Windows用」となっていてもDongleという無線受信部をMacのUSBポートに装着すれば、キーボードとして認識されることもありますので、お持ちの方は試してみる価値はあります。次に説明する「キーボード設定アシスタント」が起動すれば利用することができます。

Windowsキーボードの設定

Macに未使用のUSBキーボードをセットすると「キーボード設定アシスタント」は自動的に起動します。二度目以降の接続の場合や、「キーボード設定アシスタント」が自動的に起動しない場合は、システム環境設定の「キーボード」を開くと「キーボードの種類を変更…」ボタンが表示されていますので、ボタンをクリックすると「キーボード設定アシスタント」が起動します。(キーボードが認識されない場合は、この「キーボードの種類を変更…」ボタンは表示されません)

001_assistant

「キーボード設定アシスタント」で行うこと

画面のメッセージに従って設定を行なっていきますが、最初に左shiftキーの右隣のキーを押し、続けて右shiftキーの左隣のキーを押すよう指示されますので、画面の指示に従ってください。

002_assistant

これでWindowsキーボードが認識されます。もし、利用するキーボードタイプが誤って認識されている場合は、画面下のラジオボタンで正しいキーボードを指定します。通常の日本語入力を行うキーボードでは「JISキーボード」を利用するので、以下のような表示になります。キーボード配列が101、102キーボード(「:(コロン)」、「;(セミコロン)」等の記号キーの位置がJISキーボードと異なります)の場合は、二番目の「ANSIキーボード」を選びましょう。

003_assistant

VMware FusionでWindowsを動かした場合の使い方

Windowsキーボードは、ほぼそのまま利用が可能です。

MacでWindfowsを利用されている方では、外付けディスプレイでVMwareFusionのWindowsを動かし、内蔵ディスプレイでmacOSを動かすこともあります。このような場合、USBポートにWindowsキーボードを差し込んでおき、Windowsを操作する場合はWindowsキーボード、Macを操作する時はMac標準キーボードを使うことも可能です。

特殊キーの設定

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

撮影した動画を編集したい!DVDをパソコンに取り込む方法

「DVDに記録した動画をパソコ …

Facebookでのご購読が便利です