Macの画面共有って何?画面共有の概要と便利な使い方

LINEで送る
Pocket

Macでは、標準装備の機能を使って、専用のアプリをインストールすることなく、同一のローカルネットワーク環境内にある別のMacの画面を共有し、簡単な設定と接続操作で、アプリの起動、ファイルのコピーなどを行うことができるようになっています。

家庭内や仕事場で複数台のMacを利用している際に、ファイルやデータのコピーや加工といった操作を遠隔で行い場合に簡単に利用できる便利な機能で、「画面共有」機能を使ってMacの遠隔操作ができるようになりますが、画面の反応速度はどうしても遅くなります。そのため、ゲームなどの高速な描画速度が求められるうような場合での利用はお勧めできません。

また、仕事場から自宅に置いてあるMacを利用したい、外出先に持ち歩いているMacBook Airから仕事場にあるMacを操作したいというようなインターネットを介した画面共有を行う場合には、iCloudを利用した「どこでもMy Mac」を利用します。

スポンサーリンク

Macでの「画面共有」の設定方法

最初に、同一のローカルネットワークに接続されているMac同士の「画面共有」に必要な設定方法を紹介します。

画面共有される側(接続されるサーバ側)の設定

「システム環境設定」の「共有」を開き、左側のボックスにある「画面共有」にチェックを入れます。

001_sharedisp02

画面右側の「画面共有:入」の表示に変わります。併せて、他のMacでこのサーバにVNC接続するためのアドレス(この画面の例では、vnc://192.168.0.20 このアドレスは利用しているローカルネットワーク環境によって変わります。)が表示されます。

次に画面右下の「アクセスを許可」の部分を設定します。デフォルトは、「すべてのユーザ」となっており、このサーバ側のMacに登録されているユーザのID、パスワードを使ってリモート接続することができます。また、接続できるユーザIDを限定する場合は、「次のユーザのみ:」をチェックし、接続できるユーザIDを限定します。

ここまでの設定で画面共有を実行することはできますが、画面操作に関して別途権限を与えるようなセキュリティを高めた設定も行うことができます。

「画面共有:入」の表示の右側にある「コンピュータ設定…」ボタンをクリックします。この設定では、画面操作させることに対してその都度権限を与えられるよう許可を発行するようにしたり、パスワードを入力することにより画面操作を可能にさせるような設定を行うことができます。

002_sharedisp03

画面共有する側(接続するクライアント側)の設定

クライアント側のMac(接続する側のMac)においては、「画面共有」のための特別な設定は必要ありません。次で説明する「画面共有」操作を実行するだけです。

なお、画面共有を頻繁に行うような場合は、「サーバ接続」画面において、「よく使うサーバ」に登録しておくと便利です。登録方法は、「サーバアドレス:」欄にVNCのアドレスが表示されている状況で右側にある「+」ボタンをクリックするだけです。画面下の「よく使うサーバ」に登録されます。登録は必ずvncのアドレスで登録する必要があります。コンピュータ名で登録した場合は、「画面共有」ではなく「ファイル共有」の接続登録となります。

003_sharedisp10

画面共有の操作

少し離れた場所であっても複数台のMacを1台のMacで操作することができます。

サーバ側のMacは起動していれば、ユーザでログインされていなくても構いません。ログイン画面の状態であっても管理者の権限によるユーザ IDとパスワードがあれば、画面共有を実行することができます。この場合、画面共有で接続した後に、遠隔操作で任意のユーザIDでログインすることができます。

004_sharedisp11a

(1) 制御モードと監視モード
「画面共有」では、操作はできず画面表示だけに限定される「監視モード」と、画面の操作を可能にする「制御モード」があります。この切り替えは、クライアント側「画面共有」アプリのメニューで設定するか、ツールバーを表示させてアイコンで切り替えることもできます。ツールバーの制御グループの左側のアイコンが、「制御モード」、右側のアイコンが「監視モード」となります。

005_sharedisp12a

(2) クリップボードの共有
画面共有を行なっている2台のMac間で、クリップボードの共有を行うことができます。クリップボード設定は、片方向の受信と送信、双方向で使用するという設定を行うことができます。

画面共有の環境設定

「画面共有」アプリの環境設定で次の設定を行うことができます。
(1) ディスプレイの設定
サーバ側とクライアント側で画面の解像度が異なる場合、解像度の高いクライアントで解像度の低いサーバへ画面接続する場合は問題になりませんが、小さな画面(クライアント)で大きな画面(サーバ)を表示する場合は、縮小させて画面に収まるよう表示させるか、元のサイズで表示させ画面スクロールで表示部分を移動できるように設定することができます。

また、「サイズ調整オン」に設定しておくと、自由な大きさでウインドウを再配置できるので、他のアプリの使用時もリモート接続したまま画面を小さくしてデスクトップに置いておくこともでき、未使用時は小さく、利用するときにウインドウ・サイズを大きくして利用すると便利です。

006_sharedisppref01

(2) 品質の設定
クライアント側の画面表示品質の設定を行うことができます。反応速度を優先させてアプリの動作、環境の設定などを操作を行う場合は、画面の品質を「ネットワーク状況に適応した品質(速度優先)」に設定します。

緻密な操作や、デザイン作業等を遠隔操作で行う容易な場合は、「最高の品質で画面を表示(画面品質優先)」に設定しておきましょう。ただし、画面品質優先とした場合は、画面表示の動作が遅れ気味になります。利用場面に応じて優先設定を選択しましょう。

007_sharedisppref02

どこでもMy Macを利用した画面の共有

Macの「画面共有」は、同一のローカルネットワーク上で接続されているMac間でのみ利用することができます。インターネット環境を利用して画面共有を簡単に行う方法としては、iCloudを利用した「どこでもMy Mac」を利用する方法が便利です。

「どこでもMy Mac」を利用すれば、会社のMacから自宅のMacを操作したり、外出先でモバイルのMacBookAirから、会社のMacを遠隔操作することもできます。

どこでもMy Macの設定及び起動

「どこでもMy Mac」の設定は、接続利用するすべてのMacで設定しておきます。また、接続する双方のMacは同一のiCloudアカウントでログインされている必要があります。設定の手順は、次の通りです。

(1) 「システム環境設定」の「共有」で、前述の画面共有と同様に「画面共有」にチェックを入れます。

(2) 「アクセス許可」の設定は、画面共有と同様の設定にしておきます。

(3) 続けて、メニューバーの「表示」から「iCloud」を選択して表示します。

(4) 画面下部の方にある「どこでもMy Mac」にチェックを入れます。
この時に、ワーニング表示として「ルーターでNAT-PMP(NATポートマッピング)またはUPnP(ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ)が無効になっているため、“どこでもMy Mac”の動作が遅くなっている可能性があります。」というメッセージが「詳細」に表示されることがあります。このような場合は、可能であればルーターのマニュアルを参照して設定を変更することをお勧めします。

008_everywhere02a

(5) Finderの環境設定で、「どこでもMy Mac」を表示するようチェックを入れておきましょう。

009_connectserver01a

「どこでもMy Mac」の起動は、Finderに接続可能なMacが表示されますので、あとは先に説明した「画面共有」と同じように操作することが可能です。

その他の画面共有の方法 (Chrome リモート デスクトップ)を利用する

Macに標準搭載の機能で、Mac同士の遠隔操作が可能となりますが、サードパーティ製のツールでWindowsとも遠隔操作が可能なものもあります。Google社から、Chromeブラウザで動くアプリの「Chrome リモート デスクトップ」を紹介しておきます。Chromeの「ウェブストア」から無料で入手が可能です。

010_chromedt01

「Chrome リモート デスクトップ」は、インターネット接続であっても同一のGmailアカウントでログインしたデバイス間で遠隔操作が可能となります。セキュリティとしては、Gmailアカウントによるログインだけでなく、接続されるサーバ側に設定したPINコードを接続時に入力するという二段階認証が行われています。画面の表示速度は高速でタイムラグを感じることなく、リアルにデバイスを操作しているのに近い表示レスポンスが確保されています。

なお、「Chrome リモート デスクトップ」は、MacやWindowsに限定されることなく、Chromeブラウザが動作する環境であればリモート接続が簡単に行える便利なツールでありますが、Google社からは、Chromeアプリは段階的に終了するというアナウンスがされており、今後のサポートが継続されるかは不透明な状況となっています。

まとめ

Macでは、以前から標準機能として、同一ローカルネットワークだけでなく、iCloudを使ってインターネット回線を介してでも画面共有機能が利用可能となっており、複数のMacを効果的に利用することができますので、是非ご利用ください。

家のMacで作業したデータをクラウドに登録し忘れた。訪問先で会社のMacに保存してあるデータが急に必要となった。そのような時、画面共有設定をしておくと、いつでもデータを取り出すことができます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です