Macで外付けハードディスクやUSBをフォーマットする方法

LINEで送る
Pocket

3170edced256fda5c89ea4d1cf395fa8_s

MacのOS Xでは、標準で添付されているユーティリティソフトとして「ディスクユーティリティ」というものがあります。このユーティリティを使用すれば、内蔵のドライブ装置だけでなく、外付けのドライブ装置を簡単にフォーマット(初期化)することができます。

また、使用済みのMacや外付けハードディスクを廃棄する場合、あるいは、中古で買取してもらう場合、ハードディスク等に記録されたデータを復旧されることがないよう安全の消去するツールとしても使用することができます。

スポンサーリンク

ディスクユーティリティの起動方法

FinderのAppleメニューから〔移動〕ー〔ユーティリティ〕と進み、「ユーティリティ」フォルダを開きます。

001_DiskUtil

このフォルダの中にある「ディスクユーティリティ」アイコンをダブルクリックして起動させると、次のような画面が表示されます。

002_DiskUtil

ディスクユーティリティの機能

画面上部のツールバーにあるボタンの機能を簡単に紹介します。
(First Aid)
ドライブ装置のエラーチェックを行い、エラーがあれば修復が行われます。

(パーティション)
一つのドライブ装置を複数のボリュームに区分けするためのパーティション作成/削除を行うことができます。

(消去)
ドライブ装置の記録内容を消去するだけでなく、フォーマット(初期化)を行います。

(マウント/マウント解除)
文字どおり、ドライブ装置をMacにマウントしたり、マウントされているドライブ装置のマウントを解除して取り外しできるようになります。

(情報)
ドライブ装置の容量、その他の情報を参照できます。

USBメモリのフォーマット

最初にUSBメモリのフォーマット方法から説明します。USBメモリは、「ディスクユーティリティ」を起動する前にポートへ差し込んでおいても構いませんが、マウントされる状況が確認できるようここでは後から差し込んでいます。

USBメモリがMacにマウントされると、次の画面のように外部デバイスとして認識されます。

003_USB01

USBメモリのフォーマットを行う場合は、左側のペインでUSBメモリを選択し、画面上部の「消去」ボタンをクリックします。

004_USB02

ここで「消去」を実行することにより、USBメモリがフォーマットされます。注意しなければいけないのは、画面の中ほど「フォーマット」の選択がデフォルトで「OS X 拡張(ジャーナリング)」となっていることです。

USBメモリをMacでしか利用しない場合はこれでも良いのですが、Windowsパソコンなどとデータファイルのやり取りを行う場合は、次の画面のように「MS-DOS(FAT)」を選択して実行します。ただし、ファイルサイズが4GBを超えるようなファイルを扱う場合は、「exFAT」を使いましょう。

005_FormatType00

「消去」ボタンを押すとフォーマットが開始します。

006_USB03

フォーマットが完了すると、次の画面が表示されますので「完了」ボタンを押します。USBメモリを取り外す場合は、「ディスクユーティリティ」メニューの〔ファイル〕ー〔マウント解除〕と実行すると取り出し可能となります。なお、左ペインのUSBメモリにある取り出しアイコンをクリックしても取り出すことができます。

007_USB04

外付けハードディスクのフォーマット

前述のUSBメモリのフォーマット同様に外付けのハードディスクをUSBポートに接続します。
マウントされたドライブ装置を選択し、「消去」ボタンをクリックします。

008_DiskFormat01

最初に管理方式及びフォーマットタイプを選択します。上の画面で「方式」を決定します。最近のMacで利用する場合は、デフォルトの「GUIDパーティションマップ」方式を選択します。

009_Format_GUID

次がフォーマット形式ですが、Macで利用する場合は、通常は「OS X 拡張(ジャーナリング)」を選択しましょう。

010_DiskFormat02

管理方式とフォーマット形式を決定したら、「消去」ボタンを押すとフォーマットが開始されます。

GUIDパーティションマップとは

Macだけで利用する場合は、ドライブ装置の管理方式は、通常「GUIDパーティションマップ」にします。WindowsPCと両方で利用する場合は、方式を「マスター・ブート・レコード」を選択し、フォーマットを「MS-DOS(FAT)」または「exFAT」にします。

ただし、MS-DOSでは2TB(テラバイト)より大きな容量のディスクでは利用できません。exFATの場合は、OSのバージョンによっては(古いものでは)正しく認識されない場合がありまが、現在サポートされているWindowsやMacのバージョンでは、「exFAT」を利用することができます。

「Appleパーティションマップ」方式は、古いPowerPC Macで推奨されていた方式であり、現在のIntelMacでは使わないほうが良いでしょう。また、TimeMachineで利用するハードディスクのフォーマットでは、「GUIDパーティションマップ」方式を利用しなければなりません。

パーティションの作成方法

一つのドライブ装置を複数のボリュームで使い分けたい場合は、パーティションの作成を行います。「ディスクユーティリティ」の左ペインでドライブ装置を選択し「パーティション」ボタンを押します。

011_Partition00

ドライブ装置全体をします円グラフ形状の図が表示されますので、境界をマウスでドラッグする、あるいは、サイズに確保する容量をGB単位で入力します。後は、「適用」ボタンを押すだけです。

012_Partition01

さらにパーティションを追加する場合は、円グラフ形状の図の下にある「+」記号をクリックしてパーティションを追加することができます。各パーティションでは、それぞれのパーティションごとにフォーマット形式を設定してください。

013_Partition03

消去のセキュリティオプション設定

Macや外付けドライブ装置を廃棄処分するときは、ここで説明するセキュリティオプションを指定して消去を行いデータが復元できないようにしてください。セキュリティオプションを指定せずに消去した場合は、復旧アプリケーション等を利用すると消去したはずのデータを復元することができる場合があります。

このように消去されたデータが復活されることがないよう、確実に消去する方法を指定するよう心がけましょう。消去方法には4段階のレベルを設定することができます。

014_SecurityErase

デフォルトは、消去(フォーマット)時間は一番速いが復元される可能性があるセキュリティなしの消去方法です。次が、消去ディスクにランダムなデータを1回書き込み、2回目にすべてゼロを書き込み復元できないようにします。

次のセキュリティレベルがデータを3回書き込むタイプ、一番右側のレベルが最高のセキュリティレベルで、データを7回書き込むレベルです。この最高レベルの消去方法は、US Department of Defense(米国国防総省)の基準に準拠した消去方法となっており、セキュリティレベルが高いとされています。

Macで外付けハードディスクが認識されない場合がある

2TB(テラバイト)以上の容量をもつ外付けハードディスクをMacで使用する場合は、管理方式を「GUIDパーティションテーブル方式(GPT)」としなければなりません。

また、WindowsでexFAT形式にフォーマットされたハードディスクが認識されない場合があります。この場合は、一度「ディスクユーティリティ」を起動してマウントすると認識することができるようになります。

NTFSフォーマットへの対応

Windows用の外付けハードディスクは、NTFSというファイルシステムでフォーマットされています。この形式でフォーマットされているハードディスクは、通常Macでは、データの読み込みは可能ですが書き込みはできません。

しかしながら、WindowsとMacで両用できるNTFSフォーマットのハードディスクも市販されています。このような製品では、MacでNTFSフォーマットのハードディスクに読み書き可能なドライバーソフトが付属しています。

まとめ

MacのOS X においては、「ディスクユーティリティ」を使って、内蔵から外付けのドライブ装とUSBメモリ、さらにはSDカードについてもフォーマット(初期化)を行うことができます。特に、Windowsパソコンと共用する外付けハードディスクをフォーマットする場合は、相互に読み書きができるか確認することをお勧めします。

そしてドライブ装置を廃棄するような場合は、セキュリティオプションを設定して復元できないよう安全に消去することができます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です