Home / Apple / Mac / Macで外付けハードディスクやUSBをフォーマットする方法

Macで外付けハードディスクやUSBをフォーマットする方法

Pocket

3170edced256fda5c89ea4d1cf395fa8_s

MacのOS Xでは、標準で添付されているユーティリティソフトとして「ディスクユーティリティ」というものがあります。このユーティリティを使用すれば、内蔵のドライブ装置だけでなく、外付けのドライブ装置を簡単にフォーマット(初期化)することができます。

また、使用済みのMacや外付けハードディスクを廃棄する場合、あるいは、中古で買取してもらう場合、ハードディスク等に記録されたデータを復旧されることがないよう安全の消去するツールとしても使用することができます。

スポンサーリンク

ディスクユーティリティの起動方法

FinderのAppleメニューから〔移動〕ー〔ユーティリティ〕と進み、「ユーティリティ」フォルダを開きます。

001_DiskUtil

このフォルダの中にある「ディスクユーティリティ」アイコンをダブルクリックして起動させると、次のような画面が表示されます。

002_DiskUtil

ディスクユーティリティの機能

画面上部のツールバーにあるボタンの機能を簡単に紹介します。
(First Aid)
ドライブ装置のエラーチェックを行い、エラーがあれば修復が行われます。

(パーティション)
一つのドライブ装置を複数のボリュームに区分けするためのパーティション作成/削除を行うことができます。

(消去)
ドライブ装置の記録内容を消去するだけでなく、フォーマット(初期化)を行います。

(マウント/マウント解除)
文字どおり、ドライブ装置をMacにマウントしたり、マウントされているドライブ装置のマウントを解除して取り外しできるようになります。

(情報)
ドライブ装置の容量、その他の情報を参照できます。

USBメモリのフォーマット

最初にUSBメモリのフォーマット方法から説明します。USBメモリは、「ディスクユーティリティ」を起動する前にポートへ差し込んでおいても構いませんが、マウントされる状況が確認できるようここでは後から差し込んでいます。

USBメモリがMacにマウントされると、次の画面のように外部デバイスとして認識されます。

003_USB01

USBメモリのフォーマットを行う場合は、左側のペインでUSBメモリを選択し、画面上部の「消去」ボタンをクリックします。

004_USB02

ここで「消去」を実行することにより、USBメモリがフォーマットされます。注意しなければいけないのは、画面の中ほど「フォーマット」の選択がデフォルトで「OS X 拡張(ジャーナリング)」となっていることです。

USBメモリをMacでしか利用しない場合はこれでも良いのですが、Windowsパソコンなどとデータファイルのやり取りを行う場合は、次の画面のように「MS-DOS(FAT)」を選択して実行します。ただし、ファイルサイズが4GBを超えるようなファイルを扱う場合は、「exFAT」を使いましょう。

005_FormatType00

「消去」ボタンを押すとフォーマットが開始します。

006_USB03

フォーマットが完了すると、次の画面が表示されますので「完了」ボタンを押します。USBメモリを取り外す場合は、「ディスクユーティリティ」メニューの〔ファイル〕ー〔マウント解除〕と実行すると取り出し可能となります。なお、左ペインのUSBメモリにある取り出しアイコンをクリックしても取り出すことができます。

007_USB04

外付けハードディスクのフォーマット方法はこちらから

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

laptop

パソコン内部は埃の巣窟!パソコン掃除に必要な12個の知識

今やどんなの仕事でもなくてはな …

Facebookでのご購読が便利です