Macの「Burn」を利用してDVDに書き込む方法

LINEで送る
Pocket

最近のMacBook Proは、スーパードライブも省略されているので、CDで音楽を聴いたり、DVDで映画を見たいときは、外付けのドライブ装置が必要になってしまいます。また、今のMacでは、DVDへの書込み用の標準アプリiDVDもインストールされていません。

スポンサーリンク

Macのアプリらしく操作が簡単なBurn

MacでDVDディスクに書き込みが可能なフリーソフトウェアとしては、Burnがあります。操作が分かりやすく簡単、そして動作が軽いというのがポイントです。iDVDより簡単な操作でDVDディスクが作成できます。

Burnのダウンロード

Burnは、公式サイトからダウンロードするのが、安全、かつ、確実です。
Burn – Home

01
英語表示のサイトですが、難しくはありません。画面右下の「Download Burn」ボタンをクリックするだけです。
「ダウンロード」フォルダに「Burn」というフォルダが作成され、その中にアプリとドキュメントが入っています。ドキュメントは残念ながら英語とドイツ語しかありません。アプリのインストールは、Burnのアイコンを「アプリケーション」フォルダに移動するだけです。

02

Burnの起動

「アプリケーション」フォルダBurnのアイコンをダブルクリックするだけです。アプリは起動すると日本語で表示されますので利用はとても簡単です。迷うことはありません。

03

基本的な操作は、データのタイプ(データか、オーディオか、ビデオか)をタブで選択し、あとは書き込むファイルをドロップアンドドロップし、「作成」ボタンを押すだけです。若干注意しなければいけないところは、DVDビデオの作成です。注意点をまとめてみます。

DVDビデオ作成上の注意

BurnでビデオDVDを作成する操作手順とともに注意点を説明しましょう。

最初に「DVD-Video」を指定

Burnが起動したら、「ビデオ」タブを押し、右上にあるコンボボックスから「DVD-Video」を選んでおきます。

04

地域指定を行います

Burnメニューの「環境設定から」「ビデオ」を選びます。

05

ここで、「一般」タブで、「地域」を「PAL」から「NTSC」に切り替えておきます。

ビデオ作成の最終調整

次に「環境設定」「ビデオ」タブで「DVD」を選びます。

06

ここでは、画面中ほどの「MPEG2エンコードを強制する」を選び、複数ファイルを焼きこみたいときは、「DVDテーマを使用」を選んでおきましょう。

DVDの作成

上記の4項目の設定が終わりましたら、いよいよDVDへの書き込みです。BurnアプリウィンドウへDVDにしたいファイルをドラッグアンドドロップします。ここでファイル形式が適合しない場合は、mpegへの変換を要求してきます。ここでは、変換ファイルの一時的な保存場所を聞いてきます。任意の場所を選んでおきましょう。

07
08

ディスクの作成:焼き込み

「ディスクの作成」ボタンを押すと、ディスクの作成場所を聞いてきます。ここでは、DVDディスクが挿入されているか最終確認します。DVDディスクが挿入されていなければエラー表示されます。

09

あとは、完成を待つだけです。

Windows10のセットアップDVDを作成する

次に、MacでWindows10を利用できるようセットアップディスクを作成してみましょう。あらかじめ、Microsoft社のサイトからISOファイルをダウンロドし、未使用のDVDディスクを用意しておいてください。それでは、作成手順を紹介します。

Burnをコピーモードにする

Burnを起動し、タブを「コピー」にしておきます。あらかじめダウンロードしておいたWindows10用のISOファイルをこの画面の中央にドラッグアンドドロップします。次の画面のように自動的に準備が終わります。

10

DVDの作成

前画面で「ディスク作成」ボタンを押すと、次の画面が表示され再度「ディスク作成」ボタンを押せばDVDが作成されます。

11

特段の設定は何も必要ありません。

DVDディスクからISOファイルを取り出す

次に逆のことを行ってみましょう。DVDディスクのバックアップ目的として、DVDディスクからISOファイルを作成することができます。

作成の手順

Burnを起動し、タブを「コピー」にします。
DVDディスクをドライブ装置へ挿入します。
デスクトップにディスクが表示されたらBurn画面の右下の「スキャン…」ボタンを押しドライブ装置へ挿入したDVDデータを選びます。

12

Burnがディスクが認識すると、右のボタンが「保存」に変わります。
「保存」ボタンをクリックすると、ISOファイルを任意の場所へ保存できるようになります。

13
納品形式を指定されていないお仕事であれば十分な機能があります。
商品版のDVD作成アプリにはかないませんが、作業途中のデータ渡し、動画のチャプター選択画面の指示等がない場合等の場合は、Burnを使えば簡単にDVDの作成ができます。でも、最近はクラウドの共有フォルダへ保存するよう指示されることが多いです。今、焼いて郵送しましたなんて時間稼ぎができなくなったのは、ちょっと寂しいですね。

DVDのディスクの違いに注意

DVDを焼く際はディスクの違いに注意しなければなりません。「すべて同じ」と思って使ってしまうと失敗の元です。DVDディスクはDVD-RやDVD-RW、DVD+R、DVD+R DL、DVD-RAMなどたくさんの種類が存在します。特にメジャーなのがDVD-RとDVD-RWです。DVD-Rは、1度だけ録画が行えるディスクのことで、録画したデータを後から変更したり削除することはできません。

一方、DVD-RWは約1000回もの書き換えや書き込みができるディスクです。録画したデータを後から削除することもできます。また「ビデオDVD」と「データDVD」の種類の違いもあります。ビデオDVDはテレビ番組などを録画するためのDVDで、データDVDはパソコンのデータなどを記録するためのDVDです。

例えば、長くいろいろなデータを焼いていきたいと考えてDVD-Rを買ったとしても、1度しか録画できないため、新しいデータを焼き直したい場合に再度新しいディスクを買わなければなりません。「DVD」と言ってもこういった違いがあることを理解しておきましょう。

Burn以外のソフトとその特徴

DVDが作成できるフリーソフトはBurnだけではありません。他にも多くのフリーソフトがあり、人気なものも多いです。「MacX DVD Ripper」は、レンタルしたDVDや購入したDVDでもコピーガードを解除することができます。無料版だと使える機能に制限はありますが、あらゆるコピーガード付きのDVDをコピー・リッピングしたり、DVD作成できる便利なフリーソフトです。

「iTunes」でもDVD作成することが可能です。iTunesであれば新たにフリーソフトをインストールすることなく使えます。操作性は他のフリーソフトに比べると若干分かりづらい部分もありますが、使い慣れている人にとっては最も便利なDVD作成ソフトではないでしょうか。

「DVD Creator」は、複数形式の画像や音声、動画ファイルのDVDへの書き込みができます、画像や動画編集機能を内蔵しているため動画の画質などを高めることができます。プレビュー機能も搭載しているため何気に便利です。バランスの取れたフリーソフトと言えます。「LiquidCD」は、直感的な操作で扱えるDVD作成フリーソフトです。ISO、DMG、Toast、CDIなどに対応しており、使いやすさを重視しています。

「iDVD」は、Macユーザーにとってはお馴染みのDVD作成フリーソフトです。分かりやすく直感的に操作できるところが特徴で、カメラから直接録画することも可能です。MacOSLionからiDVDは消えてしまいましたが、まだ使える方はおすすめです。

外付けドライブのおすすめ4選

MacでDVDを作成する場合は外付けドライブが必要です。しかし、多くの外付けドライブ製品が販売してあり、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。ここでは、数ある外付けドライブ製品の中から、おすすめの製品を紹介します。

「Apple USB SuperDrive MD564ZM/A」

Apple USB SuperDrive MD564ZM/Aは、Appleが販売している純正のSuperDriveです。DVD-RもDVD-RWにも対応しています。性能は他社製品と比べて突出したものがあるというわけではありませんが、Appleが作っていることもあり、Macっぽいおしゃれなデザインが特徴と言えます。「Macで使える」という安心感もある外付けドライブです。

「ASUSポータブルDVDドライブ SDRW-08D2S-U LITE」

ASUSのポータブルDVDドライブ SDRW-08D2S-U LITEは、軽量でコンパクトサイズの持ち運びしやすい外付けドライブです。省電力設計により消費電力もわずか6Wと省エネで経済的です。WindowsにもMacにも対応しているため、パソコンを気にせず使えますし、2000〜3000円というリーズナブルな価格も魅力的です。

「BUFFALO USB2.0用 DVSM-PT58U2V/N」

BUFFALOのUSB2.0用 DVSM-PT58U2V/Nは、厚さ14.4mmで重さ293gの持ち運びしやすいコンパクトボディが魅力的です。USBケーブルもBoostケーブルも本体に収納できるため、かさばる心配がありません。WindowsにもMacにも対応しています。

「I-O DATA DVDドライブEX-DVD04」

I-O DATA DVDドライブEX-DVD04は、Mac向けの外付けドライブです。2層DVDであれば最大8.5GBまで保存することができ、高信頼目メディアのM-DISCにも対応しています。シンプルでスタイリッシュなデザインのためMacとの相性も良いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です