Home / Apple / Mac / MacでDVDを再生できない時の対処法

MacでDVDを再生できない時の対処法

Pocket

Macは標準でDVDの再生に対応していますが、何らかの原因によりDVD再生が行えない場合があります。再生の原因としてドライブ、ディスク、アプリケーション、OSの設定のいずれか、あるいは複数に問題がある可能性があります。

MacでDVDが再生できずに困っていらっしゃる方は、ぜひ本記事をご参考ください。MacでDVDを再生できない時の対処法のご説明、おすすめ動画再生ソフトについてのご紹介をしたします。

スポンサーリンク

DVDを再生できない時の対処法

ではさっそく、DVDが再生できない原因をひとつひとつ確認していきましょう。

DVDドライブが認識されているかを確認する

DVDドライブ(光学ドライブ)がMacに認識されているかを確認するには、以下の手順にしたがってください。

    1. メニューバーのAppleメニューから「このMacについて」を選択します。
    2. ツールバーのタブから「ストレージ」を選択します。
    3. DVDドライブが表示されているかを確認します。

 

ここにDVDドライブが表示されていない場合、MacにDVDドライブが認識されていません。内蔵ドライブの場合はドライブやその周辺のハードウェアの故障が疑われます。

外付けドライブの場合はUSBケーブル等の接続ケーブルの確認、外部電源が必要な機種の場合は電源ケーブルの確認、電源が入っているかの確認を行ってください。それでもドライブが認識されない場合はドライブ本体が故障している可能性があります。

DVDがマウントされているかを確認する

ドライブに問題がない場合、DVDがマウントされているか(Macに認識されて利用可能になっているか)を確認します。

    1. ドライブにDVDを挿入します。
    2. デスクトップにDVDのアイコンが表示されているかを確認します。

デスクトップにDVDアイコンが表示されない場合、Finderの環境設定を確認します。

    1. Finderのウィンドウを開く、あるいはデスクトップをクリックして、Finderをアクティブにします。
    2. メニューバーの「Finder」メニューから「環境設定…」を選択します。
    3. Finder環境設定の「一般」タブの「デスクトップに表示する項目」で「CD、DVD、およびiPod」にチェックを入れます。

「CD、DVD、およびiPod」にチェックが入っているにも関わらずデスクトップにDVDアイコンが表示されない場合、ディスクに問題があるか、ドライブに問題がある可能性があります。

他のディスクを挿入してみて問題がない場合、最初のディスクに傷がある等の問題がある可能性があります。他のディスクも同様にマウントできない場合、ドライブの故障が疑われます。

DVDプレーヤーの環境設定を確認する

OS X標準のDVD再生アプリケーションは「DVDプレーヤー」です。このアプリケーションの環境設定によっては、ディスクを挿入した時に自動的に再生が開始されない場合があります。

DVDプレーヤーの環境設定を確認するには、以下の手順にしたがってください。

    1. DVDプレーヤーを起動します。DVDプレーヤーは「アプリケーション」フォルダの中にあります。Spotlightで「DVDプレーヤー」と検索して起動することもできます。
    2. メニューバーの「DVDプレーヤー」メニューから「環境設定…」を選択します。
    3. 環境設定ウィンドウの「プレーヤー」タブの「ディスクがセットされたとき」で「ディスクの再生を開始」にチェックを入れてください。

ペアレンタルコントール

ペアレンタルコントール機能によって、DVDプレーヤーアプリケーションの起動、あるいはディスクの再生を制限されている可能性があります。その場合、Macの管理者へ制限の有無を確認し、制限の解除を依頼してください。

次ページ:おすすめMac用DVD再生ソフト

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

相手にも料金がかかる?facetimeの料金や対応機種を解説

facetimeはMac OS …

Facebookでのご購読が便利です