デフラグして処理能力を高めよう!Macでの手順を教えます

LINEで送る
Pocket

ca58c53de522858694c1391741cbb244_s

今回は、「デフラグして処理能力を高めよう!Macでの手順を教えます」について紹介いたします。Windowsユーザーであればお馴染みのデフラグですが、Macにもデフラグはあるのでしょうか?また、ない場合であればどのような方法で処理速度を改善するのでしょうか?

ここでは、デフラグについてや処理速度を改善したい場合におこなう方法などについて解説しています。ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

デフラグとは

ハードディスクに書き込まれるデータがフラグメンテーション(断片化)してしまうと、アクセスに時間がかかり動作が遅くなってしまいます。この状態を修復するのがデフラグです。ハードディスク内の断片化したファイルを整理してくれ、処理速度を元の速さに戻すことができます。Windowsでは動作が遅くなったらすぐにでデフラグをすることが多いですが、Macにはデフラグ機能はありません。

Macで処理能力が遅くなった際におこなうこと

MacにはWindowsのようにデフラグはありません。条件や制限がありますが、Macではファイルが断片化されると自動的にファイルの置き換えをやってくれ処理が遅くなることを防いでくれます。ここでは、Windowsのデフラグのように、実施することにより、Macの処理能力を元の速さに戻してくれる作業を紹介します。

ディスクユーティリティでアクセス権の検証・修復

Macの処理速度が落ちてきたときは、ディスクユーティリティの検証・修復をおこなうことで、元の処理速度に戻る場合があります。ファイルの読み書きや実行など誤作動がないようにアクセス権というものが設定されています。

たまにアクセス権が変わってしまっていたりすることがあり、それが原因でMacの動作が重くなることがあります。ディスクユーティリティでアクセス権の検証・修復をおこなうことで、正しいアクセス権の状態になり、処理速度が改善されます。アクセス権の検証・修復は、次の方法でおこないます。

アプリケーションで「その他」を開き、ディスクユーティリティを選択します。ディスクユーティリティのメニューの「ディスクのアクセス権を検証」を選択し、異常が見つかった際は「ディスクのアクセス権の修復」をクリックしてアクセス権の修復をします。アクセス権の検証・修復は簡単にできる処理速度の改善方法です。

セーフブートでキャッシュを削除する

セーフブートをすることで、起動ディスクの検証やディレクトリの修復、フォントキャッシュやカーネルキャッシュ、システムキャッシュファイルなど、各キャッシュを削除することができます。セーフブートをおこなう方法は次の通りです。

Macをシャットダウンした後に、電源を入れて再起動します。Macの起動音が聞こえたら「Shift」キーを押し続けます。画面にAppleアイコンが表示されたら「Shift」キーをはなします。セーフブートが成功すると、画面の右上に「セーフブート」という文字が表示されます。セーフブートを実施することで、Macの処理速度が改善される場合があります。

フリーソフトMagicanを使う

フリーソフトMagicanを使えばMacの処理速度が元のように速くなります。Magicanを開くとすぐにスキャンボタンがあるため、ワンタッチでスキャンを開始し、どの程度の容量を空けることができるのか、教えてくれます。使用メモリの詳細を見ることもでき、CPU使用率やUP・DOWN速度なども簡単に見ることができます。

セキュリティスキャンができたり、起動項目の最適化をおこなうこともできます。HDDやSSDの状態も一目で確認でき、自由にファンの回転速度も変更することができ、各CPUやバッテリーの温度も表示されます。

他にも月ごとのデータ使用量を確認できたり、バッテリーの製造年月日や放充電回数などの健康状態やハードウェア情報の詳細まで分かる便利ソフトです。Magicanを使うことで、処理速度も元の速さに戻すこともできますし、Macのすべてを把握し最適化して使っていくことができます。

フリーソフトONYXを使う

フリーソフトONYXも、Magican同様にMacの処理速度を元の速さに戻してくれるソフトです。「クリーニング」では、Macを長く使っていると自然に溜まってくるキャッシュファイルをまとめて削除することができ、「メンテナンス」ではMailのデータベースの再構築などができます。

さらに、メンテナンスやクリーニングなど複数の項目をまとめておこなうことができる「自動処理」など、さまざまな処理をおこなうことができます。各種のメンテンスだけでなく、safariやiTunes、FinderやDockなどのカスタマイズもすることができます。

フリーソフトAppCleanerを使う

フリーソフトAppCleanerを使うことでもMacの処理速度を改善することができます。使い方も簡単で、AppCleanerを起動すると、AppCleanerのウインドウが表示されますので、削除したいアプリをウインドウ内にドラッグ&ドロップするだけです。

AppCleanerは、ただアプリを削除するだけではなく、アプリ以外の関連ファイルを自動でリストアップし表示されますので、一緒に関連ファイルも削除することができます。また、アプリだけでなくMacのウィジットやインストールしたプラグインなども削除することができます。AppCleanerを使うことで、簡単に不要なアプリや関連ファイルを削除し処理速度を改善することができます。

NVRAMリセットをする

Macの電源を切っている状態でもスピーカーの音量や画面解像度などの記憶内容を保持し続ける記憶装置のことをNVRAMと言います。NVRAMをリセットすることで、Macの処理速度が改善される場合があります。NVRAMのリセットの方法は次の通りです。

Macをシャットダウンして電源を入れます。起動の際に「command+option+P+R」のキーを起動音が聞こえるまで押し続けます。起動音が聞こえたら「command+option+P+R」のすべてのキーから手をはなせばNVRAMリセットの完了です。

Time Machineを制限する

Macは自動でバックアップを作成するTime Machine機能が搭載されています。Time Machine機能が作動していることが原因でMacの動作が重くなる場合がありますので、Time Machineのバックアップ作成の回数を減らします。

バックアップ作成の間隔を変更するには「Time Machine Editor」という無料ツールを使うと簡単です。Time Machine Editorは、日・週・月替わりでバックアップ間隔を自由に設定し変更することができます。Time Machineの制限をおこなうことで、処理速度を改善します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?MacにはWindowsのデフラグはありませんので、他の方法でメンテナンスをおこない処理速度の改善をします。さまざまな方法がありますが、フリーソフトを使った方法は、とても簡単に好きなタイミングでMac内の不要なデータやキャッシュの削除をおこなうことができます。

Windowsでは困った際はすぐにデフラグをおこなうことも多いですが、Macでもアクセス権の修復やセーフブート、フリーソフトによるメンテナンスなどを定期的におこなっていくようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です