MacのAirMacExpressってなに?基本的な使い方

LINEで送る
Pocket

正式には、「AirMac Express ベースステーション」と言います。AirMacExpressは、ワイヤレスでWi-Fi接続を行うことができる機器です。AirMac Expressを現在ご利用のモデムに接続すればインターネットへの接続もワイヤレスできます。

Macだけでなく、iPhoneもiPadでも簡単に接続ができます。もちろん、Windowsパソコンでも、他のWi-Fi デバイスでも、どれからでも接続可能です。同時デュアルバンドの802.11nのWi-Fiに対応しています。

AirMacExpressにはファイアウォールが装備されていて、初期設定でオンになっていますので安心してインターネット接続ができます。なんといっても、Macユーザーであれば接続のための設定はとても簡単にできるのがお勧めです。

スポンサーリンク

インターネット接続

ブロードバンド回線等のモデムとの接続は、背面にある赤丸のWAN側のLANポートとLANケーブルで接続します。

プリンタ接続

AirMac Express背面のUSBポートからプリンタへ繋ぐと、Macからはワイヤレスでプリンタへの出力が可能となります。最近はワイヤレス対応のプリンタも安価ですので、すべてをワイヤレスでプリンタ印刷を行うことも可能になります。この場合は、プリンタ側のマニュアルに従って接続を行ってください。

AirPlayでスピーカー接続

AirMac Express背面の「アナログ/光 オーディオジャック」から別売りケーブルでスピーカーに接続すると、Macをどこの部屋で使っていてもワイヤレスが届く場所であればどこからでもスピーカーへの再生が可能です。また、AirPlay対応スピーカーであれば、すべてをワイヤレスで音楽を聴くことができます。

通信範囲を広げる

例えば、壁を隔てた部屋にAirMac Expressが置いてあるとき、家の中の1階と2階で離れて接続しようとするとき、Wi-Fi 電波が弱くて接続が不安定になることがあります。このようなときは、もう1台のAirMac Expressや親機のAirMac Extremeを中継させることで広い範囲でのネットワーク接続を実現することができます。設置方法は簡単です。最初のベースステーションの通信範囲内にAirMacExpressを置き、AirMacユーティリティを起動させて設定を行うだけです。

ゲストネットワークを作る

家にお客さんが来たとき等、ゲスト専用のWi-Fiネットワークを構築しておくことで、ゲストネットワークからはインターネットアクセスだけを許可することができます。LAN上にあるプリンタ、外付けハードディスク等のネットワークデバイスを安全な状態に保つことができます。

接続設定

・Mac側のWi-Fi機能をONにしておきます。
・Macの「ユーティリティ」フォルダを開いて「AirMac ユーティリティ」を実行します。
・「その他のWi-Fiデバイス(1)」から検出されたAirMac Epressをクリックします。
・「ネットワーク名」(今後利用する際のワイヤレス電波の名称となります)、「ベースステーション名」そして「パスワード」を作成します。
この手順で接続は完了です。以降、ワイヤレス電波が検出されれば自動的に接続します。
03

細かなネットワーク設定等は、AirMac ユーティリティからベースステーションを選択し「編集」を選びます。
04

ネットワーク名、パスワード以外にも詳細な設定変更を行うことができます。
05

AirMac Extremeとの違い

AirMacファミリー製品には、Express以外にもAirMac Extremeという製品があります。それぞれの特徴を確認してから購入を決定しましょう。

Expressでできること(Extremeではできないこと)

(1) 外部スピーカーを使って、音楽ストリーミングを行うためのジャックがあります。スピーカーとの接続は、アナログと光どちらの接続も可能です。
(2) AirMac ExtremeとExpressを組み合わせて使うと、ワイヤレスの利用エリアを拡大することができます。壁で隔てた部屋での利用、1階と2階からの利用も可能となります。

Expressではできないこと

AirMac Expressに装備されているLANポートは、ギガビット対応していないので、家庭内あるいは事務所内でLANケーブルを使って高速LANのネットワークを使いたい場合は、AirMac Extremeの利用をお勧めします。家庭内等でインターネットとプリンタだけの接続であれば、AirMac Expressの利用で、十分快適、かつ、便利に利用することができます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です