すぐにiPhoneの充電器が欲しい場合の購入手段と注意点

LINEで送る
Pocket

62b250c1a38dcb70c4118531df9cfced_s

今回は、すぐにiPhoneの充電器が欲しい場合の購入手段と購入する商品の注意点について紹介いたします。
遊びや仕事で出先のときなど、急にiPhoneの充電器が必要になる場面ってありますよね?常にバックなどに入れていれば問題ないのですが、そうでないときもあります。

ここでは、iPhoneの充電器がすぐに欲しくなった場合に購入する方法と、購入にあたっての注意点について紹介しています。特にiPhoneを使われて間もない方は、ぜひ、ご覧ください!

スポンサーリンク

すぐにiPhoneの充電器が欲しい場合の購入手段

49dd9de475cf780072bea4380400be6d_s

iPhoneの充電器をすぐに手に入れたい場合の方法について紹介しています。純正等にこだわらない場合は、AppleStore以外にもさまざまな場所でiPhone用充電器を揃えることができます。

特に、AppleStoreでの購入は、そもそもAppleStoreがある場所が限られており、17年6月時点では日本全国に8か所(うち4か所は東京都内!)しかないため購入することもあまりないかもしれませんね。

近くのAppleStoreで購入する

a693e86feec3fdd39da0e00da02096f0_s

近くにAppleStoreがある場合は、純正充電器を購入するようにしましょう。電源アダプタとLightningケーブルを両方購入する場合は5000円近くかかりますが、どちらか1つであればもう少し安く購入することができます。iPhoneの安全性を考えると純正充電器が1番安心な選択ですので、近くにAppleStoreがある場合は迷わすAppleStoreで購入するのが良いでしょう。

というのも、純正の製品は品質管理がApple基準でなされているものであり、iPhoneとの物理的な接続部分の接触についてもしっかりと点検されたものです。ですので、非純正にありがちな接続部分の故障や、その故障に起因してiPhone自体が破損してしまうといった不測の事態も、可能性が低いと考えられるのです。

確かに割高感は否めませんが、iPhone自体が壊れてしまっては桁違いに影響がありますし、安心感を買うという意味でもお勧めです。

なお、AppleStoreの日本の各店舗の所在情報はこちらを参照下さい。
https://www.apple.com/jp/retail/storelist/

17年6月時点では日本全国に8か所のAppleStoreがあります。
・銀座
・渋谷
・表参道
・新宿ISETAN
・仙台一番町
・名古屋栄
・福岡天神
・心斎橋

100均で購入する

01b7ae9a856f4c96b744bcaa05c99c43_s

100円で充電用のケーブルを購入することができます。値段だけで考えると1番安いでしょう。
都市部や駅近であれば100均SHOPがあることが多いですので、低コストで購入することができます。特に充電器の耐久性など気にしない場合は、近くに100均があれば1番安く済ませることができます。

次の項目で詳細に関してはご説明しますが、ここで安価な充電器のデメリットについて簡単に触れておきます。
低コストで充電器を買うことができるメリットの一方で、デメリットとしては「耐久性」と「危険性」が考えられます。

耐久性については、製品寿命が短い可能性が高く、特に、iPhoneとの直接的な接触をする接続コネクタ端子の金属部分、そのコネクタとケーブル部分、充電器とケーブルの接続部分(USB端子の付け根)が一番破損しやすいと言えます。
その場合、何が問題でしょうか?

①iPhoneとの直接的な接触をする接続コネクタ端子の金属部分
100円ショップで販売されている非常に安価なケーブルや充電器は、端子の金属加工部分がしっかりと作られておらず、簡単に剝がれてしまったり破損するものが多いのです。
ケーブル側のコネクタ端子の金属板が剥がれた状態で、iPhoneへそのケーブルを差し込むと何が起きるでしょうか。
最悪の場合、iPhoneのコネクタ部分が傷ついたり、破損する可能性があるのです。

②コネクタとケーブル部分
読者の皆様の中には、自宅で寝っ転がって充電をしながらiPhoneを操作する方も多いのではないでしょうか。
そういった場合に、寝返りを打った際などには、極端にiPhoneを動かすことになってケーブルのねじれが発生します。その様な動きを繰り返しているうちに、段々とねじれがケーブルの中に残っていき、癖が大きくなっていき断線などにつながります。

断線したり、表面に内側の電線部分が露出すると非常に危険であり、その状態でiPhoneを操作して感電してしまうという事例も発生しているようです。

③充電器とケーブルの接続部分(USB端子の付け根)
この部分も、②と同様、ねじれが積み重なっていくことで破損する可能性が高い部分です。
充電器とケーブルの接続部分は、ケーブルの中間に比較して負荷がかかりやすく、ともすると熱くなりやすい部分です。この部分が破損した状態で使用を続けると、結果的にショートを起こしてiPhoneへ過電流が流れ込むことや、火事などにつながる恐れがあります。

家電量販店で購入する

629525a07abfeb9a639d6a5dba050480_s
近くに家電量販店などがある場合は、iPhone用の充電器が多くの種類販売されています。家電量販店の中にAppleコーナーがあり純正充電器を販売している場合もあります。極力、純正かMFi認証の充電器を探すようにしましょう。

メリットとして、
・数多くの商品が用意されている
・場合によっては、家電量販店の保証までもつく
・現物を見ながら選ぶことができる
・店員におすすめ商品を聞ける
という4点が考えられますが、いずれについても家電量販店ならではの付加価値であり、重要な点ではないでしょうか。

デメリットとしては、
・そもそも家電量販店が近くにない場合がある
・ネットで購入するよりも割高な場合が多い(ただし、コンビニなどに比べれば安価)
といったところでしょうか。

コンビニで購入する

3e590f4c53f5205ca24052dbb408dada_s

街中などにあるコンビニにもiPhone用充電器が販売されています。
電池付きでコンセントがなくても数時間充電することができ、ケーブルを外して電源アダプタに付けて充電することもできる製品などが販売されています。

メリットとしては、
・コンビニは全国に7万か所以上あるため、緊急時に購入しやすい
一方で、デメリットとしては、
・基本的に、割高な商品が多い
・Apple純正が手に入りにくい
などが考えられ、急いで購入したい!というニーズには非常に合致する購入手段だと考えられます。

非正規品の充電器を購入した場合の注意点

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s
iPhoneの充電器を購入する場合に非正規品を購入予定の方は注意しておくべきことがあります。値段は高いですが、iPhoneを安全に使っていくためにも極力純正の充電器を揃えるようにしていきましょう。

ケーブルが表裏両方使うことができない

AppleのiPhone純正充電器だとLightningケーブルは向きが表でも裏でもどちらでも関係なく、iPhoneのコネクタに挿し込んで充電することができます。しかし、非正規品の充電器だと、向きが決まっているため両面どちらでも充電をすることはできません。

ちょっとしたことですが、表裏両方とも使用できるのはとても便利です。純正充電器ではなく、非正規品の充電器を購入する場合は、十分に気を付けましょう。間違った向きのまま強引に挿れてしまうとiPhoneの故障の原因となってしまいます。特に普段から純正充電器を使っている場合はご注意ください。

非正規品を購入するとすぐに壊れる可能性も

d224aefc8906fa7f080630ca886b138b_s

iPhoneの純正充電器は電源アダプタとLightningケーブルで5000円近くし値段が高いです。非正規品のiPhoneの充電器だとアダプタとケーブルセットで1000円もせずに購入することができるものも少なくありません。しかし、非正規品の充電器はすぐに壊れてしまうものも多いようです。

ケーブルのフィルムが破れたり、ケーブルの中が断線したり、iPhoneに挿し込んで充電してもうまく充電できなかったりなど、不具合が生じることも少なくありません。純正充電器は高い分持ちも良かったりもしますので、普段から純正充電器を使用している方は、違和感を感じる恐れがあります。また、非正規品を使用することで、iPhone自体の故障の原因になる場合もありますので、注意が必要です。

非正規品を購入すると充電が遅い場合も

57daec3c571d39c9c44ef2f250a1255d_s

iPhoneを充電する際に、純正の充電器と非正規品の充電器の充電スピードは違います。物にもよりますが、純正充電器の1/2程度のスピードでしか充電することができない充電器もあり、同じ容量を充電するのに2倍近くの時間を要してしまいます。iPhoneを充電するスピードが普段よりも遅くなってしまい時間が掛かってしまいます。

純正以外を購入する際はMFi認証の物がおすすめ

iPhoneの充電器を購入する際に純正以外の物を購入する場合は、MFi認証の物を購入するのがおすすめです。MFiとは「Made For iPhone/iPad/iPod」のことで、Appleに認証プログラムを認められた製品にのみMFi認証がつき、マークがついています。探すのが大変だったりする場合もありますが、純正以外であれば、MFi認証の充電器が安全です。

iPhoneの充電器を無償交換してもらう方法

acf84aa8304a1ac3e05468aae76a6749_s

iPhoneの純正充電器を使用していて壊れた場合は、Appleで無償交換してもらうこともできます。iPhoneが保証期間内であって、あきらかに充電器のLightningケーブル自体に不具合があって壊れている場合は交換することができます。

あきらかに使い方が問題だったりする場合は無償交換することはできませんし、保証期間を過ぎている場合は対象外となります。

iPhoenの充電器の保証期間を確認する手順

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

iPhoneの保証期間を確認したい場合は、iPhoneのシリアル番号を確認しましょう。シリアル番号を確認する方法は、設定アイコンを開き、一般を選択します。一般を選択したら情報を開きます。情報の一覧の中に「シリアル番号」という欄がありますので、その番号をメモします。

iPhoneの電源が入らないような状態の時は、iPhone本体の背面にも記載されています。背面の「iPhone」の文字の下に小さい文字で「IMEI:〜」と記載されていますので、メモしましょう。

いずれかの方法でシリアル番号をメモしたら、Appleの公式ホームページを開きます。「保証状況とサービス期間を確認する」のページを開き、シリアル番号を入力し、「続ける」を選択します。すると、iPhoneの保証期間などの情報が表示されますので確認しましょう。

iPhoneの充電器の無償交換の申請方法

保証期間内で問題ないようであれば、Appleサポートへ連絡をし、Lightningケーブルの状況を伝えます。故障状況も無償交換対象のものであれば、郵送もしくはAppleStoreで交換をしてくれます。

スペアなどがありすぐに必要というわけではない場合は、上記の手順でiPhoneの充電器を無償交換してもらいましょう。

iPhoneのおすすめ充電器

ここまではiPhoneの充電器が急に必要になった場合の購入方法と、無償で交換してもらう方法についてご紹介してきました。それでは実際に、品質の高いiPhoneの充電器の製品について見ていきましょう。

iPhone純正品の充電器

Appleストアで購入することができる純正品のiPhoneケーブルは値段こそ張りますが、品質は他のサードパーティの製品と比較しても非常に高く、やはりiPnoneの充電器は純正品でないとという声の要因になっています。

充電器は電源アダプター(2,200円程度)とUSBケーブル(2,200円程度)に分かれており、他社製品と比較すると高価であるため、購入する場合はどちらを買い換える必要があるのかを見極めることが必要です。

RAV Power

RAVPowerはiPhoneの充電器の中でもクオリティが高い充電器になっています。Amazonなどでも購入することができ、また1,000円以下の商品となっておりますので、純正品と比較して安価に高品質なiPhoneの充電器を入手することができます。

サードパーティのiPhoneの充電器の購入を検討している場合には、まずこちらの製品を試してみてください。

Answer プレミアムライトニング

AnswerのiPhoneの充電器には「Made for iPhone」と記載されており、Apple社の承認を受けているサードパーティの充電器となっています。iPhone5以降の充電をすることが可能ですが、実際に使用しているiPhoneのバージョンが対象となっているか、購入する時に確認することが大切になります。

また、iPhoneの充電器の弱点でもある断線に対して特殊加工による対策をしているため、比較的耐久性が高い品質の良い商品と言えそうです。値段は少々高いため、RAV Powerを購入することができる場合には、そちらの商品を購入した方が良いかもしれません。

Lightning コネクタ

Lightningコネクタは2,500円程度と少々値が張りますが、USBケーブルと一緒に充電アダプタも付いてくる商品も販売されています。実際に購入する時にはケーブルだけだと不便なこともありますので、充電アダプタと合わせて購入するようにすると良いでしょう。

また、インターネットサイトで購入する時には、その商品が正規品かどうかを見極めることも大切です。中には非正規品ではない偽物を販売している場合もありますので、購入後に下記の点を注意するようにしましょう。
・ケーブルの印字内容とパッケージ内容を比較して相違がないか確認する
・コネクタの接続部分が丸くて滑らか
・Amazonなどのプラットフォームでは、ほかのユーザーからの評価が高く、かつ、レビューの数が数十~数百程度あるかどうか(あまり少ないレビューで高評価だと信頼にかける可能性があるため)

偽物や模造品かどうかの判定についてはアップル社のページでも紹介されていますので是非確認してみてくださいね。

まとめ

今回、すぐにiPhoneの充電器が欲しい場合の購入手段と注意点について紹介いたしました。

さまざまな場面でiPhoneの充電器が緊急で必要になることが多いと思いますが、iPhoneの充電器を購入する場合は、極力純正のものを購入するようにしましょう。
復習にはなりますが、非純正の製品、特に100均で販売されている安価な充電器やケーブルは、充電効率が悪い可能性が高く、耐久性が高くないのでそれ自体が破損したり、二次的に問題が起きる可能性が高いのです。

また、出掛ける際は、充電器をバックなどに入れて持ち運ぶと良いでしょう。

非正規品の充電器も安くて良いですが、既述の通り、iPhoneの故障の原因や最悪の場合は感電や家事にもなりますので、特に最近新しいiPhoneに機種変更された方は充電器は純正を使った方が安心です。
万が一、Lightningケーブルなどが故障した場合は、この記事に記載した基準を再度確認いただき、無償交換対象かどうかも確認した方が良いでしょう。充電器は大事に使っていきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です