Home / iPhone / iPhoneが接続不良で充電できなくなった時の対処方法

iPhoneが接続不良で充電できなくなった時の対処方法

Pocket

iPhone6

多くの人が使っているスマートフォンiPhone。どんどん新しいiPhoneシリーズが発売されますので、比較的新しいiPhoneを使っている人が多いと思いますが、毎日使って、毎日充電していると、稀に、充電がうまくできなくなる場合があります。

これは、長年使っているiPhoneであればあるほど、うまく充電できなくなる場面にでくわす可能性は高いです。iPhone自体が故障している、バッテリーの寿命、ライトニングケーブルの故障など、いろいろな原因が考えられます。

今回は、iPhoneがうまく充電ができなくなった際に取る対処方法についてご紹介します。

ここでは、

  1. 「アップル純正のライトニングケーブルを使う」
  2. 「iPhoneを再起動してみる」
  3. 「アップル純正のライトニングケーブルを変更する」
  4. 「パソコンのUSB利用での充電ではなく、コンセント越しに充電をしてみる」
  5. 「ライトニングケーブルの端子をキレイにしてみましょう」
  6. 「OAタップの使用を中止する」
  7. 「コンセントの差込口を変更する」
  8. 「パソコンで充電している場合はパソコンを再起動してみる」
  9. 「バッテリーの寿命」
  10. 「iPhoneを復元する」
  11. 「アップルサポートへ問い合わせます」

の11項目について記載しています。

いまやスマホ人口を見てもiPhoneを使っている人は多く、最近充電の調子が良くない人も、日々順調に充電出来ている人も、使っている内に何らかの原因によって突然不具合が起こることもあるため、ある程度の対処方法を頭に入れておき、問題が起きても冷静に対処できるようにしておくことをおすすめ致します。

スポンサーリンク

iPhoneがうまく充電できなくなった時の対処方法

iPhone_earphone

それでは、問題解決のための11項目をご紹介いたします。

アップル純正のライトニングケーブルを使ってみましょう

いまやiPhoneのケーブルは100均などでも売られています。しかし、アップル純正のライトニングケーブルではなく、別の企業の充電ケーブルを使用している場合は、うまく電気が供給されず、充電ができない場合があります。

こうした場合には、アップル純正のライトニングケーブルで充電してみましょう。稀に、他企業のiPhone用充電ケーブルでは充電が上手くいかない場合があります。

純正のものは、少し値段は高くなりますが、極力純正のライトニングケーブルを使うことで、充電ができなくなることを避けることができるようになります。

また、購入時には充電できていても、iPhoneのソフトウェアをアップデートすることで、今まで使えていたケーブルが突然使えなくなることもありますので注意が必要です。いずれにしてもApple純正のケーブルなら、不具合が起きることも少ないですので、是非お試しください。

iPhoneを再起動してみましょう

充電がうまくいかない場合はiPhoneの動作不良の可能性もありますので、1度iPhoneを再起動してみます。再起動の方法はスリープボタンの長押しです。再起動することにより、内部システムが正常に動作しライトニングケーブルの端子をしっかりと認識して充電ができるようになる可能性があります。

アップル純正のライトニングケーブルを変更してみましょう

既に純正のライトニングケーブルを使っていて、充電ができなくなった場合は、ケーブル自体の動作不良や劣化などが原因とも考えられますので、家族や友達に借りて、別のライトニングケーブルを使って充電ができるか試してみましょう。

また、ライトニングケーブルは端子部分の根本の耐久性が弱いため、断線している可能性もあります。例え、表面からは見えなくても内部では断線していることもありますので、ケーブルの一部分が膨らんでいたりした場合は断線している可能性があります。

パソコンのUSB利用での充電ではなく、コンセント越しに充電をしてみましょう

MacなどのパソコンのUSBポートに接続して充電する場合、パソコンなどに少し異常があっても充電がうまくいかない場合があります。パソコンからの充電ではなく、直接コンセントに差し込んで充電をしてみましょう。

ライトニングケーブルの端子をキレイにしてみましょう

ライトニングケーブルの端子にホコリなどがありそれらが原因で接触不良を起こし、充電がうまくできない可能性もあります。綿棒や繊細なタオルなどでライトニングケーブルの端子部分をキレイに拭いてみましょう。

]ただし、あまり拭きすぎると繊細な部分なだけに、返って逆効果になり、壊れる原因になる場合もありますので、ご注意ください。OAタップの使用を中止し、直接コンセントに差し込んでみましょう

使用しているOAタップ自体の接触不良が原因で、iPhoneも充電ができていない可能性もあります。直接コンセントに差し込んでいるのではなく、OAタップなどを使用して間接的にコンセントを差し込んでいる場合は、1度、OAタップなどを外し、直接コンセントに差し込んでみてください。

コンセントの差込口を変更してみましょう

壁に付いているコンセントの差込口自体の接触不良などによって、上手く充電ができていない可能性もあります。充電の際に使用していたコンセントの差込口からアダプタを外し、別のコンセントの差込口を使用してみてください。

パソコンで充電している場合はパソコンを再起動してみましょう

パソコン経由で充電している場合は、パソコンに何らかの異常があったり、ケーブルや差込口の接触不良で充電がうまくいかない可能性があります。そんな時は、パソコンを1度、再起動していみることで、充電がうまくできるようになる場合があります。

再起動のショートカットキーは、Windowsが【ctrl+alt+del】、Macが【commane+control+電源ボタン】でそれぞれ再起動することもできます。

バッテリーの寿命によるバッテリー交換を検討してみましょう

iPhoneでは、長持ちすると言われているリチウムイオンバッテリーが使用されておりますが、このバッテリーでも寿命はあります。スマートフォンを長年使っていると、やたら充電が速く消耗する時ってありますよね?この場合も、寿命が無くなってきていてバッテリーが早くなくなっている状態なのです。

機械であるため、経年劣化によって、性能が落ちることは避けられません。例えフル充電して100%でも、すぐに80%や70%しかバッテリーが持たなくなります。

このように、フル充電がほとんどできないほどバッテリー消耗が激しい場合は、バッテリーを交換する、または新機種に買い換えるほうが経済的に安価な場合もあります。保証期間が過ぎたiPhoneの場合、アップルストアでバッテリー交換すると10,000円前後の料金がかかります。

iPhoneを復元してみましょう

iPhoneの内部の何らかのシステムが原因で充電ができない可能性があります。最終手段ですが、iPhoneを復元してみましょう。復元とは初期化することです。この場合、iPhone内に保存してあるデータなどが消えますので、必ずバックアップを取ったうえで復元を試みましょう。

アップルサポートへ問い合わせしてみましょう

コンセントを替えたり、ライトニングケーブルを替えたり、いろいろな方法を試してみても解決しない場合は、iPhone自体が故障している可能性があります。

この場合は、本体を修理するしか方法がありませんので、自分達で解決することはできません。1度、アップルサポートに連絡をして、充電ができなくなった状況、充電ができるように試した方法・手順、をサポートの方へ伝えます。

サポートの方からアドバイスを受け再度試してみて改善しない場合は、修理もしくは交換になる可能性が大です。こうなったときは、全ての必要なデータをバックアップしお近くのアップルストアへ持って行きましょう。

その他考えられる原因とは?

b517f7c8c00f972a842f06ddde36187b_s

電源アダプタの不良

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

節約術!モバイルデータ通信オフでiPhoneを上手に使うコツ3つ

「動画を見すぎて速度制限がかか …

Facebookでのご購読が便利です