Home / Apple / iPhone / コンビニ購入はあり?iPhone充電ケーブルを新しくする方法まとめ

コンビニ購入はあり?iPhone充電ケーブルを新しくする方法まとめ

旅行先や出張先で、iPhoneの充電ケーブルが使えなくなった、持ってくるのを忘れた等の理由で、今すぐ購入しなればならないという状況を経験された方は多いのではないでしょうか。

また、自宅であっても深夜に急に充電できなくなったなど、十分起こり得ることです。

では、このような際にはどのように対応すべきなのでしょうか。

そこでこの記事では、Apple純正のLightningケーブルの交換方法、コンビニでケーブルを購入する際の注意点、そしてコンビニでよく見られる3つのケーブルをご紹介します。

ケーブルが故障してしまった方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コンビニで充電ケーブルを購入するケース

yuka150701598457_tp_v

iPhoneの充電ケーブルをコンビニで購入せざる得ない状況と言えば以下のものが考えられます。

  • 旅行先や出張先などで今すぐ必要である場合
  • 深夜・早朝でコンビニしか営業していない場合

しかし、特に緊急を要さない場合は他を当たることをおすすめします。

理由としては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • Apple純正のLightningケーブルの方が確実に動作する
  • 家電量販店やPCパーツ店の方が安価で品揃えも多い
  • 通販の方が安価である
  • 充電ケーブルに関する知識やアドバイスを、コンビニ店員には期待できない

コンビニ限定の充電ケーブルはなく、コンビニで取り扱っている製品は他のルートでも入手可能です。

そのため、まずは現在の状況を考え、他の購入手段が取れるのであればそちらを選択することをおすすめします。

急ぎでなければ純正品の交換を検討する

実はApple純正のLightningケーブルは壊れた際、無償で交換することが可能です。

ただし、この場合は一定の条件を満たす必要があるため、注意しましょう。

交換する上で満たさなければならない条件は以下の通りです。

  • iPhoneが製品保証期間内であること
  • 壊れたApple純正のLightningケーブルが手元にあること
  • Lightningケーブルに外傷がなく、断線していないこと

これら3つの条件を満たしている場合に限り、ケーブルの交換を行うことが可能です。

もし時間に余裕があるならば、ケーブルの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

急ぎの場合は「MFi認証済み製品」を選ぶ

iPhoneの充電ケーブルが急ぎで必要な場合は、Appleの純正品を購入できない場合があります。

その場合は、コンビニや家電量販店での購入が一般的な対応方法ですが、「MFi認証済み製品」を選ぶことが大切です。

MFiとは、「Made For iPhone/iPad/iPod」の略称のことを指しており、Apple社が認証した製品になり、安全性が担保されています。

充電ケーブルによって、利用可能なiPhone端末が異なりますので、購入前にきちんと確認しましょう。

MFi認証のない充電ケーブルを使う危険性

料金の安い充電ケーブルを検討していると、MFi認証のない製品を見つけることがあります。

Apple社の認証がなされていない製品となりますので、基本的に購入は控えたほうがよいでしょう。

利用する場合には、次のようなリスクがあります。

  • バッテリーの寿命が縮まる
  • データ転送ができない場合がある
  • ケーブルが故障しやすい
  • 充電しづらい場合がある

上記のような危険性があるため、コンビニなどで購入する場合でもMFi認証の商品を選ぶことをおすすめします。

純正ケーブルを交換する3つの手順

ケーブルが故障した際、コンビニなどで新しくケーブルを購入する前に純正ケーブルの交換を検討しましょう。

ここでは、ケーブルを交換するための手順をご紹介します。

1. 交換条件を満たしているか確認する

純正ケーブルが手元にある場合、傷の状態を確認しましょう。

明らかな傷や断線が確認できる場合は交換することができません。

また、iPhoneの保証期間を確認する必要もあります。確認するには以下の手順を踏む必要があります。

  1. 「設定」アプリケーションを開きます。
  2. 「一般」タブをタップし、その中の「情報」をタップします。
  3. iPhoneのシリアル番号が表示されるため、長押しでコピーします。
  4. Apple公式サイトの保障期間確認ページ(https://checkcoverage.apple.com/jp/ja/ )にアクセスし、コピーしたシリアル番号を入力します。
  5. シリアル番号と同時に、ページに表示されたコードを入力します。
  6. iPhoneが保障期間内かが画面に表示されます。

これら全ての条件を満たしている場合は、交換を依頼することが可能です。

2. ホームページを通して交換を依頼する

ケーブルの交換はAppleのホームページから依頼することができます。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. Appleホームページのお問い合わせページ(https://getsupport.apple.com/)にアクセスします。
  2. iPhoneタブを選択します。
  3. 「修理と物理的な損傷」を選択します。
  4. 「ヘッドフォン、ケーブル、またはUSBアダプタの交換」を選択します。
  5. 「持ち込み修理」、「配送修理」のどちらかを選択します。
  6. 「持ち込み修理」の場合は修理日時を予約します。
  7. 「配送修理」の場合は必要事項を入力した上でAppleの指示に従います。

自分の都合に合わせてケーブル交換の方法を選ぶことができる点は魅力的ではないでしょうか。

3. 電話で問い合わせることもできる

ケーブル交換を依頼する際、電話で問い合わせることも可能です。

基本的にはホームページで依頼する場合と同じ手順で行いますが、こちらも把握しておきましょう。

  1. Appleホームページのお問い合わせページ(https://getsupport.apple.com/)にアクセスします。
  2. iPhoneタブを選択します。
  3. 「修理と物理的な損傷」を選択します。
  4. 「ヘッドフォン、ケーブル、またはUSBアダプタの交換」を選択します。
  5. 「指定した日時に電話してほしい」、「後日電話したい」のどちらかを選択します。

電話で問い合わせることによって不明点を解決することができるため、ホームページでそのまま交換を依頼するより安心して交換することが可能です。

また、「後日電話したい」を選択した場合は事前に情報を登録してあるため、いきなり電話で問い合わせるよりスムーズな対応が期待できます。

次ページ:コンビニで購入する際の4つの注意点

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

テザリングができない主な原因7選

テザリングできないのはなぜ?テザリングに失敗する主な原因

iPhoneやAndroidス …

Facebookでのご購読が便利です。