Home / Apple / iPhone / iPhoneでzipファイルをダウンロード・解凍・閲覧する方法

iPhoneでzipファイルをダウンロード・解凍・閲覧する方法

クラウドストレージアプリに保存する方法

上記では、アプリをインストールすることなくZipファイルをダウンロードし閲覧する方法をご紹介しました。

しかし別のアプリをインストールしてファイルをiPhoneから閲覧することも可能です。

「files」を使ってダウンロードしたらiCloudのストレージを使うので容量が減ってしまうというデメリットがあります。

クラウドストレージアプリだと、端末の容量を気にすることなく保存でき、共有も簡単に行うことができるのでおすすめです。

ここでは、中でもおすすめのクラウドストレージアプリ「Dropbox」を例にとり使い方をご説明します。

Dropboxを使う

クラウドストレージアプリにはたくさんの種類がありますが、その中でも特に人気のクラウドストレージアプリがDropboxです。Dropboxなら、zipファイルの保存や共有を簡単に行うことができます。

クラウドストレージアプリを代表して、Dropboxにzipファイルを保存する方法を説明します。少し勝手は違いますが、他のクラウドストレージアプリでも基本的には同様のやり方でzipファイルを保存できます。

【Zipファイルをダウンロード・閲覧する手順】

  1. ダウンロードしたいzipファイルをタップする
  2. 「その他…」をタップした後、「Dropboxで保存する」をタップするzipファイルを長押しした場合、共有メニューが表示されます。。Dropboxをインストールしていると、共有メニューに「Dropboxに保存」が表示されるので、それをタップします。%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-10-58-03
  3. 自動でDropBoxが起動したら、任意のフォルダを選択する
  4. フォルダを選択したら右上の「保存」をタップする

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-10-58-30

これでダウンロードしたZipファイルの保存は完了です。

Dropboxを開き、保存先で閲覧したいファイルを選択するとこで見ることができます。

Dropbox以外にも、Google Drive等クラウドストレージアプリなら同じような手順でZipファイルをダウンロードし閲覧することが可能です。

次ページ:解凍アプリをインストールする

1 2 3 4

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneのボイスレコーダー機能の使い方

今では多くの人が手にしているi …

Facebookでのご購読が便利です。