iphoneでwi-fiが繋がらないときはこれをしよう!

LINEで送る
Pocket

chihiroimgl1418_tp_v-1
日本でのスマートフォン普及率は、一人一台以上所有していると言っても過言ではないほどに高まっています。

そして、それと同時にWi-Fiという無線で様々なデバイスをインターネットに繋げる技術も発展してきました。

iPhoneを使う際、通常はキャリアと契約をしているので、インターネットに繋いでウェブサイトを見たり、動画を視聴したり、LINEやTwitter等のSNSを活用したりと、何かと通信料が必要になります。ですが、このWi-Fiの発展によって、月々の通信料を抑えることが出来るようになってきました。

それは、街のファーストフード店やカフェ等に、フリーWi-Fiスポットと呼ばれる、その名の通り自由にWi-Fiを使ってインターネット利用が出来る場所が増えてきたからです。これにより、日本のiPhoneユーザーはより自由に、料金や場所に縛られること無くインターネットを楽しむことが出来るようになりました。
ですが、時々iPhoneがWi-Fiに繋がらないという事態が発生することが有ります。

無線でデバイスを接続する技術は、まだ完璧ではないのです。ここではそんな、iPhoneがWi-Fiに上手く繋がらない時に、どのように対処したら繋がるようになるのかについて、ご案内していきます。是非、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

他の機器は繋がるのに自分のiphoneだけつながらないとき

自宅の無線LAN環境や、外出先のフリーWi-Fiスポット、はたまたポケットWi-Fiルーター等、iPhoneをWi-Fiに接続する手段はたくさんあります。

ですが、他のデバイスは問題なくWi-Fiへの接続が成功しているにも関わらず、自分が持っているiPhoneだけがWi-Fiに繋がらないということがあります。そんな時の対処法について、見ていきましょう。

カバーケースを外してみる

まず最初にご案内する対処法は、iPhoneに付けているカバーやケースを一度取り外して、再度Wi-Fiへの接続を試みるという方法です。

なぜこの方法を先にご案内するのかというと、iPhoneには電波をキャッチするアンテナが内蔵されており、カバーやケースによってそれを塞いでしまっているために、Wi-Fiに上手く繋がらないということが考えられるからです。例えるならば、電話をしていて相手に声が伝わりにくい時、マイク部分を無意識に塞いでいたという状況と同じです。

iPhoneは、モデルによって異なりますが、セルラーアンテナとWi-Fiアンテナがそれぞれ離れた位置に配置されています。セルラーアンテナとは、キャリアが発信している電波をキャッチするアンテナのことです。Wi-Fiアンテナとは、その名の通り、Wi-Fiに接続するためのアンテナのことです。

これを塞いでしまうと、当然電波が悪くなり、接続が切れてしまう原因になります。

iPhoneユーザーの多くは、お気に入りのカバーやケースをiPhoneに装着し、iPhoneを外部の傷から守っています。しかしその守りが仇となり、接続不良を引き起こす一つの原因となってしまうのです。これは初歩の初歩ですので、まず一番先にご案内致しました。

機内モードをON→OFFにする

iPhoneには、機内モードという機能が備わっています。機内モードとは、航空機の安全基準に則り通信機能をオフの状態にするといった機能です。通信機能をオフにする機能を何故、一度ONにしてからOFFにするのかというと、iPhone内部のアプリやソフトウェア、iOSが上手く連動せず、「画面上では機内モードがONではないにも関わらず、実際にはONになっている」という現象が稀に起こります。ですので、ケースを取り外してみてもWi-Fiに上手く繋がらない場合には、機内モードを一度ONにし、3秒程経ってからOFFにしてみてください。3秒は、保険のためです。画面上の表示と実際のソフトウェアの動きが連動していない、または遅れている可能性があるため、3秒ほど時間をおいて下さい。
機内モードの設定は、iPhoneの設定を開き、いつものWi-Fi設定のすぐ上に機内モードのON・OFFスイッチがあるので、そこから操作を行って見て下さい。

「4Gをオンにする」を切り、iphoneを再起動する

iPhoneの設定内部には、4G通信のON・OFFを切り替える項目があります。これも上記同様、ソフトウェアが上手く噛み合わずに、4G回線のみを拾おうとしてしまうことがあるのです。そのため、Wi-Fiに繋がらなくなるといった現状が起こります。
そういった際には、iPhoneの設定を開き、「モバイルデータ通信」を選択して下さい。すると、画面が推移しますので、上から2番目に位置する「通信のオプション」を選択して下さい。するとさらに画面が推移し、上に「4Gをオンにする」という項目があるので、それを選択し、通常はONになっている4G通信を切り、iPhoneを再起動してみて下さい。無事起動が完了すると、Wi-Fiに繋がる可能性があります。

ルーターの通信範囲内に近づく

iPhone内部のWi-Fiアンテナの劣化や、ソフトウェアが上手く噛み合わないことにより、電波が悪くなっていることがあります。

また、ケースの存在によってWi-Fiに繋がりにくくなっていることもあります。そういった際に、ルーターの場所を知っている様であれば、是非そのルーターに近づいてみて下さい。Wi-Fiという無線の技術を使って電波を流している機械がルーターです。なので、そこに近づくことで通信強度が高まります。

この方法も、是非一度試してみて下さい。

wi-fiのネットワーク設定を削除し、再設定する

iPhoneに設定した、Wi-Fiの設定がソフトウェアにより邪魔をされることがあります。

多くのタスクや多くのメモリを必要とする重たい作業を行うと、こういったソフトウェアが上手く噛み合わないということが起こりえます。そういった際には、一度設定したWi-Fiの登録を解除し、Wi-Fi通信に関してクリアな状態にして下さい。

そして、再度Wi-Fiの名前をタップし、パスワードの入力を行い、Wi-Fi通信について再設定することによって、問題なくWi-Fi通信を行えるようになることがあります。

iphoneのネットワーク設定をリセットする

これまでにご案内してきた方法を試しても改善しない場合、iPhoneのネットワーク設定をリセットし、通信に関しての一切をクリアな状態にしてみて下さい。このリセットを行うと、これまでに使っていたWi-Fiの全てのパスワード設定等がリセットされます。

ここで一度クリアにして、再度接続したいWi-Fiの接続設定を行うことにより、問題なく通信を行うことが出来る可能性が高まります。

他の機器も繋がりにくくなっているとき

chitoseimgl1837_tp_v-1
ご自身のiPhoneだけでなく、他のタブレットや周囲の人々のスマートフォンもWi-Fiに繋がりにくくなっている、という状況も十分に起こりえます。

そういった時は、まず疑うべきはデバイス側ではなく、Wi-Fiを発信しているルーター側です。そこで、ルーターをどのように確認したらよいかについて、ご案内していきます。

ルーターの電源が入っているかを確認する

まずは、ルーターの電源が入っているかを確認してみて下さい。特に自宅で使っている場合、よくあることですが、コンセントに足を引っ掛けてしまい電源が落ちていたり、電源付きの延長コードを使っている場合、何らかの理由でルーターのコンセントを差し込んでいる部分の電源だけが落ちていたり、停電等によって電源が落ちたままになっていることがあります。ルーターに限らずですが、まずは、そもそもの電源が入っているかを確認して下さい。

wi-fiのルーターとモデムを再起動する

コンピュータや機械に何か不具合が生じた時、真っ先に行うべき対処は、その機械の再起動です。Wi-Fiルーターの問題か、もしくは信号を変換するモデムの問題かもしれません。ですので、どちらも一度電源を切り、10秒ほど経ってから再起動をしてみて下さい。ここでの10秒というのも、先程の3秒と同様に保険です。機械の電源の入り切りを行う時は、電源ユニットに負荷を掛けないためにも、10秒ほど目安として時間を置いてから、再起動を試みて下さい。

ルーターのファームウェアをアップデートする

Wi-Fiを発信するルーターには、ファームウェアというものがあります。iPhoneで言うところの、iOSだと考えて下さい。このバージョンが古いままだと、モデムから受け取った電波の発信が行えないという、ソフトウェア上の問題が発生します。なので、ルーターのファームウェアが最新であるかを確認し、もし以前のままならば、そのファームウェアをアップデート、つまりバージョンアップを行ってみて下さい。

ルーターの設定を変更する

ここまでやっても解決しない場合、ルーターの設定がソフトウェア上の問題でバグを起こしてしまっているかもしれません。その場合、ルーターそのものの設定を変更してみて下さい。ルーターの設定は、ルーター購入時に付属されていたCD-ROMをパソコンに入れ、説明書の通りに設定を変更してみて下さい。これにより、Wi-Fiの出どころであるルーターの問題が改善し、iPhone以外のデバイスもWi-Fiに上手く繋がる可能性が高くなります。

上記を試して解決しない場合は

00_pp36_pp_tp_v-1-1
上記でご案内してきた内容は、ご自身で行える改善方法のほとんど全てです。これでも解決しない場合、考えられる原因は3つです。iPhoneに何らかの問題が発生している、インターネット回線の提供状況に問題がある、ルーターそのものが寿命である、の3つです。この場合の対処方法を、それぞれご案内して参ります。

appleに問い合わせてみる

ご自身のiPhoneだけが、どうにもWi-Fiに繋がらない場合、Appleに問い合わせてみましょう。

Appleのお問い合わせ方法はとても親切です。Appleの公式ウェブページを他のデバイスから開き、サポートを選択します。そこで、画面右上にある「お問い合わせ」を選択し、「Appleサポートに問い合わせる」という項目の「こちらから」を選択して下さい。すると、Apple製品の一覧が出てくるので、ここでiPhoneを選択し、ネットワークに接続できないといった旨の項目を選択していって下さい。

画面が移り変わると、サポート方法を選択できるので、ここで「今すくアドバイザーと話がしたい」という項目を選択して下さい。後はiPhoneの製造番号であるIMEIを入力し、画面に沿って選択していくことで、お問合わせが出来るようになっています。IMEIは、iPhone裏面の下部に記載があるので、それに従って下さい。

プロバイダや回線事業者に確認をとる

インターネット回線そのものに問題がある場合、考えられるお問い合わせ先は、プロバイダと回線事業者です。

プロバイダとは、インターネットに接続するためのサービスを行っている事業者で、回線事業者とは元々のインターネット回線を整備している事業者です。どちらに問題があるかは現時点ではっきりすることではないため、そのどちらにもお問い合わせをしてみて下さい。そのどちらかが、メンテンナンス中で回線が滞っていた、というケースもあり得ます。

ルーターの買い替えを検討する

機械には、どうしても寿命というものがあります。コンピュータ業界では、ムーアの法則と呼ばれ、おおよそ2年〜3年程毎日使えば、それは寿命だと考えられています。これには諸説、現在では変わった等の意見がありますが、ここまでのどれを試しても改善しない場合、ルーターの劣化が考えられます。

この場合は、素直にルーターの買い替えを検討してみましょう。ルーターの価格はピンキリですが、そのどれを選択しても、今までよりも通信がスムーズになるかもしれません。心機一転、プラス方向に考えましょう。

まとめ

ipad0i9a8024_tp_v-1
いかがでしたでしょうか。このように、iPhoneがWi-Fiに繋がらない理由はたくさんあります。

ここでは、iPhone上の問題、ルーターの問題、インターネット事業者の問題に、どう対処するかについてご案内して参りました。

iPhoneが上手くWi-Fiに繋がらないといった事態が発生したときに、これまでにご案内してきた対処法を、是非一度試してみて下さい。
少しでもお役に立つことが出来れば、幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です