Home / iPhone / iPhoneのボイスレコーダー機能の使い方

iPhoneのボイスレコーダー機能の使い方

Pocket

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.09

さて、それではまず「編集」を見ていきましょう。先程の画面で「編集」をタップすると、このような画面に変わります。画面中央の波形の部分を左右にドラッグすると、再生位置を変更出来ます。

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.18

トリミングする

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.27

次に「トリミング」を見てみましょう。赤い細い縦線で区切られていますが、この赤い線を左右にドラッグさせると、切り取り開始位置、終了位置を変更出来ます。位置を調整したら、「トリミング」をタップします。すると、「オリジナルをトリミング」か「新規録音として保存」するかを選ぶ画面が出て来ますので、どちらかお好きな方を選んでください。

共有する

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.35

もう一つ、先程出て来ました「共有」について触れてみます。この「共有」をタップすると、このようなメニューが表示されます。

「Air Drop (エア・ドロップ)」は、このボイスメモを「Air Drop機能」を使って近くにいるiPod・iPad・iPhone端末にワンタッチで送信することが出来ます。「メールで送信」では、このボイスメモをEメールで送信出来、「メッセージ」はこのボイスメモをiMessage/MMSで送信することが出来ます。

パソコンに保存する

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.44

上記の手順だけでも充分ですが、「ボイスメモ」はパソコンとiPhoneを「iTunes」を経由して同期することでパソコンに転送され、保存が出来ます。「iTunes」に「ボイスメモ」という名前でプレイリストが自動的に作成され、その中に収納されます。同期しても録音した音源はiPhoneの中に残ります。

一旦パソコンに音源を転送すると、iPhone本体からその「ボイスメモ」を削除してもパソコンにはその音源が残ります。間違えて音源を消してしまった場合も安心ですね。但し、パソコンに保存した音源を「iTunes」から削除した状態で同期すると、iPhone本体にある音源も削除されてしまうので要注意!

使ってみると意外と便利な「ボイスメモ」

さて、「ボイスメモ」のご紹介は如何でしたでしょうか?長く説明してしまいましたが、実際に使ってみると案外簡単に手軽に録音出来ますので是非一度試してみてくださいね。

1 2

スポンサーリンク

Check Also

無料で好きな音楽に!iPhone着信音の設定方法解説

「いつも同じ着信音だからつまら …

Facebookでのご購読が便利です