iPhoneで電話中に会話を録音する方法

LINEで送る
Pocket

3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s

今回は、iPhoneで電話中に会話を録音する方法について紹介いたします。「友人と大事な会話をしている内容を忘れないように録音したい」「通話中に大事な話があるので録音したい」「練習で話す内容を後で聞き返すために録音したい」など、通話を録音したい場合ってありますよね?

iPhoneの電話中に会話を録音するいくつかの方法について紹介していますので、iPhoneに録音機能がなくて困っていた方や、最近iPhoneを使い始めた方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneで電話中に会話を録音する方法

iPhoneの既存のサービスでは通話を録音する機能は搭載されていません。これは、iPhoneは世界中で販売されており、Appleのあるアメリカでは通話録音することは法律上禁止されているためです。

録音アプリのボイスレコーダーアプリがデフォルトでインストールされていますが、ボイスレコーダーアプリも通話を録音することはできません。通話を録音するには、アプリを使用するか、ボイスレコーダーなどのアイテムを使用する必要があります。通話を録音する場合は、1番合った方法でおこないましょう。

アプリを使ってiPhoneの会話を録音する方法

TapeACallアプリを使うことで、簡単にiPhoneの会話を録音することができます。TapeACallアプリで会話を録音したい場合には、通常の通話ではなくiPhoneのグループ通話を使います。iPhoneでグループ通話をできるのは、ソフトバンクとauのみとなっていますので、ドコモのiPhoneではTapeACallアプリを使って会話を録音することはできません。

録音したい場合は、通話をする前にTapeACallアプリを起動させます。初めてTapeACallアプリを起動する際は、起動コードを事前にSMSで受け取っておく必要があります。TapeACallアプリを起動し、画面に表示される録音ボタンを押します。すると、iPhoneの通話画面に切り替わります。通話画面に切り替わったら、左下にある「通話を追加」を選択します。

少し時間を置くと「通話を追加」が「グループ通話」に変更しますので、グループ通話を選択し、会話を録音したい相手に連絡をします。これだけで、相手との会話を録音してくれます。TapeACallアプリは、無料版だと60秒しか再生することができませんが、有料版であれば何件でも会話を録音することができ、どれだけの長さでも無制限に録音することができます。

録音したデータはクラウド上に1年間保存されますので、いつでも聞き直すことができ、データをフェイスブックやTwitterなどのSNSで共有することもできます。MP3フォーマットでメールで送信することなどもできる便利な会話録音アプリです。

ボイスレコーダーを使用する

ボイスレコーダーを使用することで簡単にiPhoneで電話中の会話を録音することができます。iPhoneなどのスマホの会話の録音にも特化したBluetooth対応のボイスレコーダーが多く販売されており、200〜300時間録音することができるボイスレコーダーも多く、内蔵スピーカーや内蔵マイクも備わっていますので、イヤホンなどを使わなくてもハンズフリーに対応しています。

ボイスレコーダーに録音したデータはフォルダなどで管理され、パスワード保護がされますので、セキュリティ上も安心です。コンパクトサイズなものが多いため、持ち運びも簡単におこなうことができます。新たにボイスレコーダーを購入予定の方は、スマホ対応でBluetoothにも対応しているものを選ぶと良いでしょう。

テレフォンピックアップを使用する

テレフォンピックアップを使うことでiPhoneの会話を録音することができます。ただし、テレフォンピックアップだけでは録音することができませんので、ボイスレコーダーなども必要になります。レコーダーの端子にテレフォンピックアップを接続し、イヤホン部分に受話器をあてて会話するだけで録音することができます。

最初にテレフォンピックアップを購入しなければいけませんが、アプリなどを使って録音するのに抵抗がある場合におすすめの方法です。ご自宅にテレフォンピックアップやレコーダーがある場合は、テレフォンピックアップを使って録音してみましょう。

imemoを使用する

iPhoneの通話レコーダーでもあるimemoを使用することで、簡単に通話中の会話を録音をすることができます。使い方は非常に簡単で、iPhoneのイヤホンジャックに挿し込み、録音したい相手から電話がかかってきらた録音ボタンを押すだけです。

imemoは、通話録音だけでなく、ボイスレコーダーやUSBメモリーとしても使うことができます。また、音楽を聴く際のオーディオアンプの代わりにもなります。クラウドファンディング中でまだ未発売ですが、ワンボタンで通話を録音できる優れものです。

録音 for iPhoneアプリを使用する

iPhoneを使って通常の通話ではなく、LINE通話を多く使っている場合は、録音 for iPhoneアプリを使うことで、通話を録音することができます。録音時間に制限がなく、録音データはパソコンなどでも保存することができます。録音データは.WAV形式で保存することができます。LINE通話が中心の方におすすめのアプリです。アプリ自体の値段も安いため、コストをかけずに録音することができます。

AudioRecorder2アプリを使用する

AudioRecorder2アプリを使うことでiPhoneの通話内容を録音することができます。AudioRecorder2アプリは、通常の通話だけでなくLINE通話も録音することができます。通話だけでなく、アプリ音などさまざまなな音を録音することができ、録音データも管理することができます。

録音データはDropboxやGoogleDriveなどのクラウドストレージとの同期も可能です。通話の録音方法も自動録音や手動録音など自分の好きな設定をすることができます。すべて英語のメッセージになりますが、高音質で性能の良い録音アプリです。

SMARTalkアプリを使用する

SMARTalkアプリを使用して通話をすることで録音することができます。SMARTalkアプリは、iPhoneの通話料を抑えるためのIP電話アプリなのですが、SMARTalkアプリ同士での通話は録音することができ、アプリ内で再生することができます。通話料を下げるためにSMARTalkアプリを使っている場合は、相手も同じくSMARTalkアプリを使用しているのが条件になりますが、ワンタッチで通話の録音が可能です。

まとめ

今回は、iPhoneで電話中に会話を録音する方法について紹介いたしました。紹介した方法を使えば、iPhoneでの通話を簡単に録音することができます。録音したデータはメールやSNSで共有することもできます。大事な内容のやり取りなどの際は、相手も了承したうえで通話を録音し、後で聴き直してみましょう。

また、双方の通話内容ではなく、一方的な内容を録音したい場合は、iPhoneのデフォルトアプリでもあるボイスレコーダーを使用すれば、自分の声を録音したり、音を録音することができます。通話を録音する場合は、くれぐれも適切な使い方をしましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です