iPhoneでテザリングを設定する方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneでテザリングが利用可能なのをご存知ですか? 「テザリング」とはiPhoneのモバイルデータ通信を利用して、他のデバイスをインターネットに接続させる機能です。

テザリングを使用することで、iPhoneを通してパソコンやゲーム機からインターネットに接続できるようになります。本稿ではiPhoneでテザリングを設定する方法を説明します。

スポンサーリンク

テザリングが利用可能な契約か確認する

携帯キャリアとの契約によって、テザリングが利用可能かどうかは変わります。最初から無料で利用可能なキャリアもあれば、別途利用料金が掛かる場合もあります。携帯キャリアとの契約を確認してください。

インターネット共有を有効にする

iOSではテザリングを「インターネット共有」と呼びます。インターネット共有を有効にするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。

01-launch-settings-app

2. 「インターネット共有」をタップしてください。

02-select-personal-hotspot

3. 「インターネット共有」のスイッチをオンにしてください。

03-turn-on-personal-hotspot

これで他のデバイスからiPhoneを介したインターネット接続が可能になります。

他のデバイスからインターネット接続をする方法として、以下のいずれかを使用します。

– Wi-Fi
– USBケーブル
– Bluetooth

Wi-Fiを使用する場合、インターネット共有を有効にしたiPhoneは、他のデバイスからは一般的なWi-Fiアクセスポイントと同様の扱いになります。iPhoneは携帯電話のモバイルデータ通信とWi-Fi通信を同時に行うので、バッテリーの消費が激しくなるというデメリットがあります。手順4の画面で「”Wi-Fi”のパスワード」に表示されるパスワードを用いて接続します。

USBケーブルを使用する場合、接続できるのはiTunesをインストールしたMac/Windows PCに限られますが、面倒な設定作業がほぼ必要なく、かんたんに高速な通信を行えます。iPhoneはUSBケーブルから充電されるため、バッテリーを消費しません(Mac/Windows PC側はその分消費します)。

Bluetoothを使用する場合、Wi-Fi接続時と同様ワイヤレスで接続できて、しかもバッテリーの消費が少ないという特徴があります。ただし、Bluetoothの規格上通信速度が遅いというデメリットがあります。

それぞれの接続方法に一長一短があるので、自分にあった接続方法を選択してください。

インターネット共有を有効にしたiPhoneに他のデバイスが接続すると、画面上部のステータスバーが青くなり「インターネット共有:X台接続中」(Xは接続台数)と表示されます。

04-connected-by-other-device

他のデバイスからの接続を解除するには、上記手順4の画面で「インターネット共有」のスイッチをオフにしてください。

他のデバイスで長時間データ通信をしたり大容量のデータをやり取りしたりすると、iPhoneのモバイルデータ通信を大きく消費します。契約中の携帯キャリアによっては通信制限を掛けられる可能性があることに注意してください。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneでテザリングを設定する方法を説明しました。

iPhoneのテザリング機能である「インターネット共有」を用いることで、出先でパソコン等からインターネットを利用できるようになります。本稿を参考にテザリングを設定してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です