iPhoneでSMSを利用するための設定方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneではSMS(ショートメール)とMMS(マルチメディアメッセージングサービス)の二種類があります。MMSはキャリア(通信会社)のメールアドレス、SMSは電話番号でメッセージを行うものです。SMSではテキストのみが送信でき、文字数70文字まで送信できます。件名、添付データ(写真etc)を送信したい場合はMMSを使用する必要があります。

基本的には購入時キャリアにて設定していただけるので自身では何もせず使用できます。使い方や設定方法の確認をご紹介します。

スポンサーリンク

MMS設定方法

MMSの設定はキャリア毎に違いがありますが、SMSの設定は共通です。
・ホーム画面の『メッセージ』をタップ
・『MMS機能を使用するにはMMSメールアドレスが必要です』と表示されるので『設定』をタップ
・画面中央にあるメッセージの項目『MMSメッセージ』をタップしON(緑色の状態)にする

9
出典:【iPhone】SMS(Cメール)の利用方法

10

出典:【iPhone】SMS(Cメール)の利用方法

・下の方にあるMMSメールアドレスの項目『example@me.com』をタップしキャリアのメールアドレスを入力
・画面左上の『<設定』をタップ ・ホームボタンを押しホーム画面に戻る

SMSの使い方

件名は不要

SMSの初期設定だと件名欄があったりします。これは設定によりメッセージアプリでもMMSを受信出来るからです。件名を入力するとSMSではなくなり、MMSになってしまうので不要な場合は件名欄の表示をOFFに出来ます。

11

出典:【iPhone】SMS(Cメール)の利用方法

・ホーム画面の『設定』をタップ
・画面を下にスクロールし、『メッセージ』をタップ
・画面中央のメッセージの項目『件名欄を表示』をタップしOFFにする

文字数制限

SMSはショートメッセージですので文字数制限があり、全角70文字、半角英数字160文字となっています。急な案件などには便利ですが基本はMMSを利用する方がおすすめです。

添付データ

メールで写真や動画が送信できるのは今や普通になっています。SMSはショートメッセージの為、添付データを送信出来ません。メッセージのやりとりの為にある機能です。絵文字には対応しており、すぐに送信できるのが利点です。

まとめ

最近ではSNSが流通しており、メールでのやりとりも減ってきているのが現状です。それに伴い、利用方法や機能を知らない方も多いかと思います。MMSはキャリアのアドレスや@xxxx.xx.xxのようになっているメールアドレスを使用したメールで、SMSは電話番号で行うショートメールの事です。至急連絡したい時はSMS、写真を送ったり長文を送りたい時はMMSとういイメージです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です