Home / iPhone / iPhoneでSMSを利用するための設定方法

iPhoneでSMSを利用するための設定方法

Pocket

iPhoneではSMS(ショートメール)とMMS(マルチメディアメッセージングサービス)の二種類があります。MMSはキャリア(通信会社)のメールアドレス、SMSは電話番号でメッセージを行うものです。SMSではテキストのみが送信でき、文字数70文字まで送信できます。件名、添付データ(写真etc)を送信したい場合はMMSを使用する必要があります。

基本的には購入時キャリアにて設定していただけるので自身では何もせず使用できます。使い方や設定方法の確認をご紹介します。

スポンサーリンク

SMSとMMS、iMessageの違い

ここでは、SMSとMMS、iMessageというとても似ているメッセージサービスの違いや、見分け方について説明します。

MMSとは

マルチメディア・メッセージング・サービスの略で、各携帯キャリアから割りあたられたメールアドレス(@docomo.ne.jp、@softbank.jp、@ezweb.ne.jp)で送受信する、メールのことです。アドレスを使用して、文字や絵文字、写真、動画などを送ることができます。いわゆる携帯メールになりますが、各携帯キャリアによって使うアイコンが異なります。ドコモはメールアイコン、ソフトバンクはメッセージアイコン、auはメールアイコンとメッセージアイコンのどちらからでも使えます。

iMessageとは

iMessageは、Appleが提供するApple製デバイス間で送受信ができるメッセージサービスです。iPhone、iPad、Mac、iPod touchなどで、文字、絵文字、写真、動画など送受信できます。専用のメールアドレスがあわけではなく、電話番号やメールアドレスで指定すると、自動的にiMessageで送ることができます。ただし、相手がApple製デバイスでない場合は、SMSやMMSで送られます。Wi-Fi設定があれば無料で送受信できますが、Wi-Fi設定ではない環境であればキャリアの定める通信料がかかります。

SMSとMMSの見分け方

SMSとMMSの見分け方は難しく、メッセージ送受信画面では同じ緑色の吹き出しのため、判別がつきません。この場合、ホーム画面の設定→メッセージを開き、【件名欄を表示】【文字数】をオンにします。すると、メッセージの入力画面で件名横に文字数が表示された場合はSMS(文字数制限があるため)、文字数がでない場合はMMSと判別がつくようになります。

SMSとMMSの選び方

誰かにメッセージを送る際に、SMSとMMSを選ぶ場合や、メッセージのやり取りの中で、SMSとMMSを切り替えたい場合は、新規メッセージを作る際の宛先設定場面で、SMSを希望する場合は電話番号、MMSを希望する場合はメールアドレスを選択してメッセージを作成することで、SMSとMMSを選択することができます。

iMessageの見分け方

iMessageでの送受信の場合は、メッセージ本文入力欄にiMessageと表示されます。また、SMSとMMSは緑色のメッセージ吹き出しなのに対し、iMessageは青色の吹き出しになります。

MMS設定方法

MMSの設定はキャリア毎に違いがありますが、SMSの設定は共通です。

1. ホーム画面の『メッセージ』をタップ

2. 『MMS機能を使用するにはMMSメールアドレスが必要です』と表示されるので『設定』をタップ

3. 画面中央にあるメッセージの項目『MMSメッセージ』をタップしON(緑色の状態)にする

4. 下の方にあるMMSメールアドレスの項目『example@me.com』をタップしキャリアのメールアドレスを入力

5. 画面左上の『<設定』をタップ

6. ホームボタンを押しホーム画面に戻る

SMSの使い方

件名は不要

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です