iPhoneで留守番電話を利用できるアプリのメリットと使い方

LINEで送る
Pocket

スマホが登場してから、携帯電話はどんどん進化し、もはや「電話機能付きのパソコン」といった感じになってきました。登場後も年々進化しているスマホですが、ガラケーより不便なことも全くない訳ではありません。不便になったと感じる機能の代表格は「留守番電話」ではないでしょうか。

今や、LINEやメールがありますので、留守番電話の必要性は以前ほどないかもしれませんが、固定電話からの電話などで、留守電が使えたら便利なのにな…と思うこともたびたびあります。ここでは、iPhoneで留守番電話が利用できるアプリのメリットと、その使い方について説明いたします。

スポンサーリンク

iPhoneの留守電は、キャリアのサービスが手っ取り早いのですが…

saya072155409_tp_v

ガラケーの頃は、留守番電話サービスを使わなくても「伝言メモ」という機能が大抵付いていて、留守番電話の代役をはたしていました。現在でも、Androidスマホには搭載されているものもありますが、iPhoneにはありません。掛かってきた相手にメッセージを残してもらおうとすると、留守番電話サービスに頼るほかありません。

iPhoneで留守番電話を使うもっとも手早い方法は、キャリアの留守番電話サービスに加入することです。ただし、softbankは無料ですが、docomo/auは月額¥300が発生します。仕事などで頻繁に留守電を受けるような状況であれば、加入する価値もあります。

ですが、そうでないユーザーからすると、めったにかかってこない留守番電話わざわざ料金を払うのも勿体ない気がします。また、最近は格安SIM(MVNO)が流行りですが、softbank系列のY!mobileは留守番電話サービスが無料で利用できますが、留守番電話サービスがそもそもないMVNOも少なからず存在します。サービスがあったとしても、料金が必要なのは変わりません。

iPhnoeの留守番電話アプリは存在するのか

iPhoneには星の数ほどアプリがあり、「こんなこともできるのか」といったものまで、多岐にわたります。「それなら、留守電アプリもあるだろう!」と思うのですが、残念ながらありません。理由としては

・仕様が公開されておらず、アプリが作れない

と、言われております。

ということで、留守番電話機能をダイレクトに果たすアプリは、現在のところ存在しません。留守番電話サービスを無料使いたければ、softbankに加入するしかないのでしょうか…?それこそ、それだけのためにキャリア選びの選択肢が無くなってしまいます、それもどうかと。

なにか、代わりになるものはないのでしょうか。

iPhoneの留守番電話相当の機能を無料で使うには

留守番電話に相当する機能を無料で使う方法として、

  • キャリアの「転送サービス」で、留守番電話機能付きのIP電話サービス(050)へ転送させる
  • IP電話で、留守番電話応答をさせる

という方法が一般的です。IP電話は別途加入し、同じiPhone内にIP電話アプリをインストールしておくわけです。電話アプリの履歴に留守番電話だという表示はされませんが、IP電話サービス側からメールが届き、メッセージ内容が確認できます。

それでは、転送サービスとIP電話の詳細を見てみましょう。

携帯各社の転送サービスについて

3大キャリアの「転送サービス」内容はこんな感じです。

キャリア名 転送サービス 基本料
docomo 「転送電話サービス」 無料
au 「着信転送サービス」 無料
softbank 「転送電話サービス」 無料

格安SIMがどうなのか気になるところです。各社の対応状況を見てみましょう。

MVNO名 転送サービス対応 基本料 その他
LINEモバイル 無料
mineo 無料 IP電話サービス”LaLaCall”mineoユーザーは月額基本料無料
DMM mobile 無料
OCNモバイルONE 無料
楽天モバイル 無料
IIJmio 無料
NifMO 無料
BIGLOBE SIM 無料
DIT SIM 無料
U-mobile × 転送サービス:2017年2月1日終了
TONE 無料
UQモバイル 無料
Y!mobile 無料 留守番電話サービスが無料

通話SIM契約をしていれば、一部例外を除けば転送サービスは使えるようです。
気を付けなければならないのがU-mobile。転送サービス非対応ですので、この手法は使えません。(月額\324で、留守番電話サービスは提供しています)
mineoユーザーは月額無料(非ユーザーは有料)のIP電話サービス”LaLaCall”を独自に展開していますのでこれを使えばよく、後述するFUSION IP-Phoneにこだわる必要はありません。
OCNモバイルONEは、自社のIP電話サービス”050Plus”があり、同時加入すると月額¥150と割安ですが、有料ですのでここでは触れません。
Y!mobileはsoftbank系列ということもあって、留守番電話サービスそのものが無料です。ただ、MVNOにしてはその他の基本料等々が高めです。
ということで、転送サービス側はクリアです。

IP電話サービス

続いて、IP電話サービスを見てみましょう。IP電話を使うには別途加入が必要です。ここで月額など発生すると何の意味もないのですが、”FUSION IP-Phone”という、月額無料のIP電話サービスが存在します。
FUSION IP-Phone
楽天コミュニケーションズの電話網とインターネットを使った、スマートフォン用のIP電話サービスです。
“SMARTalk(スマート―ク)”というアプリをiPhoneへインストールして使用します。
初期費用、月額料金、留守番電話、非通知、指定番号への着信拒否、全て無料となっています。
唯一掛かるのは¥8/30秒の通話料のみ。
これなら、無料留守番電話の体制が整えられそうです。

留守番電話サービスの構築

それでは、転送サービスとIP電話サービスの具体的な導入方法の話に移ります。
手順としては

  • 1.IP電話サービスへ加入し番号取得
  • 2.IP電話アプリインストール
  • 3.IP電話アプリの設定
  • 4.キャリア(MVNO)にて、転送先電話番号の設定

という流れになります。mineoユーザーはLaLaCall、それ以外はFUSION IP-Phoneになろうかと思いますが、それぞれ設定方法が違います。
FUSION IP-PhoneはWebページ、mineoはアプリからの設定が主となります。
では、順に見てきます。

1.IP電話サービスへ加入し番号取得

【FUSION IP-Phone】
1.注意事項(お申込みの前に)へアクセスします。
料金等の注意事項が書かれていますのでよく確認します。同意後、「申込みフォームへ」をクリックします。
2.開いた画面より、仮登録申請をします。メールアドレスを入力し、「メール登録」をクリックします。
3.入力したメールアドレス先に、「仮登録のお知らせ」メールが届きますので、記載のアドレスへアクセスします。
4.「同意します」にチェックを入れ、「登録を続ける」ボタンをクリックします。
5.必要事項(パスワードや個人情報)を入力し、「入力情報確認」ボタンをクリックします。クレジットカード番号が必要です。
6.入力内容がレビューされます。間違いなければ「登録完了」ボタンをクリックします。
7.FUSION IP-Phone SMARTトップページから、「MYページログイン」ボタンをクリックし、ログインページに行きます。
8.画面右上の「ログイン」欄に登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンを押します。
9.「ユーザーアカウント情報表示」をクリックし、「SIPアカウント」「SIPアカウントパスワード」を確認します。アプリのログインで必要になるのでメモします。
10.留守番電話の設定をします。MYページの「各種設定」をクリックします。
11.「着信転送/留守番電話設定」をクリックします。
12.「留守番電話設定」の方を選択し、「着信メール通知あり」または「着信メール通知+録音データファイル添付」を選びます。
これで、留守番電話の設定完了です。

【LaLaCall】
(※mineoに加入済(eoID取得済)前提とします。「コンテンツユーザー」未登録の場合は、こちらの登録を先に済ませておきます。)
1.LaLaCallログインページより、ログインします。
2.決済方法を選択し、「入力内容確認」→「決済方法を確定」の順でタップします。
3.提示された電話番号から一つ選択し、「選択」をタップします。
4.電話番号が表示されますので、確認後、「番号を確定し申込み」をタップします。
以降の設定はアプリからとなります。アプリをインストールしてください。

2.IP電話アプリインストール

AppStoreから、IP電話アプリをインストールします。
【FUSION IP-Phone】

appstore

【LaLaCall】

lalacall
appstore

3.IP電話アプリの設定

【FUSION IP-Phone】
設定は終わっていますので、ここはアプリを利用可能にする手順となります。
1.アプリを起動し、「SIPアカウント」「SIPパスワード」を入力し「保存」ボタンをタップします。
2.ログイン後、画面右上の電話アイコンが緑色になっていれば使用可能です。

【LaLaCall】
1.アプリを起動し、eoID/eoIDパスワードでログインします。
2.設定できる050の電話番号一覧が現れます。先ほど取得した番号を選択します。
3.「コールバック」画面が出てきます。枠内に連絡の取れる電話番号を入力し、「次へ」をタップします。
4.表示された暗証番号をメモする等してから、「コールバック」をタップします。
5.3.で設定した電話番号に電話がかかってきますので応答し、4.の暗証番号を入力します。
6.通話終了後、「次へ」をタップします。
7.各種設定が行えますが、ひとまずはプッシュ通知(アプリ未起動状態でも着信できる)をONにしておけばいいと思います。
8.アプリの設定画面からオプション設定画面へ進み、「留守番電話/転送設定」をタップします。
9.「留守番電話/転送設定」で詳細を設定します。ひとまずは
・条件設定:留守番電話専用にするのであれば「全ての着信」でいいと思います。
・留守番電話のメール通知:留守電が録音されたことを指定のメールアドレスへ通知する
・呼出秒数設定:留守番電話に切り替わるまでの秒数…留守番電話専用にするのであれば最短の7秒でいいと思います。
くらいを設定しておけばよいかと思います。
これで、留守番電話の設定完了です。

4.キャリア(MVNO)にて、転送先電話番号の設定

上で取得した050電話番号を使って、転送サービスを設定します。
【docomo】前もって、「ドコモオンライン手続き」より、利用申込みが必要です。
iPhoneでは、「ダイヤルボタン操作(電話アプリのキーパッド)」からのみ設定できます。
1.1429→3の順に押します。
2.050電話番号を入力します。
3.2.の番号が復唱されます。良ければ”#”を、やり直す場合は”*”を押します。
4.完了

【au】前もっての利用申し込みは不要です。
iPhoneでは、「ダイヤルボタン操作(電話アプリのキーパッド)」からのみ設定できます。
1.1422+転送先050電話番号を押します。
2.完了
※注意:”1424″は「フル転送」です。iPhoneへかかってきた電話がすぐさま050へ転送されてしまいますのでご注意ください。

【格安SIM】
各社の「系列」(docomo系か、au系か)で変わってきますが、系列に応じて上記に準じています。docomo系の場合は前もって、各社のサポートページより利用申請が必要ですのでご注意ください。

まとめ

長くなってしまいましたが、iPhoneでの留守番電話サービスの導入方法について説明いたしました。IP電話への加入が必要など、面倒なところがありますが、着信が無い限りは無料ですので利用価値はあると思います。

この方法はU-mobileでは利用できませんので、そこだけはご注意ください。また、mineoユーザーの皆様はLaLaCallを使ったほうがアカウント関連の一括管理ができる上、通話料以外は無料ですのでお得かと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です