iPhoneをリモコンにしよう!iPhoneがリモコン代わりになるアプリ

LINEで送る
Pocket

3304885363385c214f6aa304689ee3e8_s

今回は、「iPhoneをリモコンにしよう!iPhoneがリモコン代わりになるアプリ」について紹介いたします。

テレビやブルーレイディスクレコーダー、照明やエアコンなど、生活の中に様々なリモコンがあります。

今では、専用アプリを使えばiPhoneを簡単にリモコンとして使えるようになっています。今回は、テレビを中心にiPhoneをリモコンにするアプリを紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhoneがリモコン代わりになるおすすめアプリ

iPhoneを簡単にリモコンのようにすることができる専用のアプリを紹介していきます!

TV Side Viewアプリ

TV Side Viewアプリは、ソニー製のテレビのBRAVIAやブルーレイディスクレコーダーのnasneを操作することができるiPhoneアプリです。

TV Side Viewアプリでは、テレビの番組表を見ることもできます。

ブルーレイディスクレコーダーでは、iPhoneから簡単に録画予約をすることができたり、録画しておいた番組をiPhoneに転送して好きなタイミングで視聴することもできます。

さらに、「外からどこでも視聴」機能があるため、自分の好きな場所で外からでもテレビを視ることができます。

仕事などで家に帰るのが遅くなり、視たい番組が見れないときも、帰宅途中に録画予約をすることもできますし、カフェなどで視たい番組を視ることもできます。

また、録画番組に関しても忙しい合間にiPhoneから視ることができます。

BRAVIAの方では、iPhoneをリモコンとして使うことができるようになり、チャンネルを切り替えたりだけでなく、録画や録画の再生、早送りなど通常のリモコンでできる操作が簡単におこなえます。

また、録画予約もおこなえます。BRAVIAもnasneも持っている場合は、iPhone1つあればリモコンは不要となり、何でも操作をおこなうことができるようになります。

ソニーのこれらの製品を持っている人には、おすすめのiPhoneリモコンアプリです。

リモコンNKアプリ

リモコンNKアプリは、iPhoneを様々な家電のリモコンにすることができるIRKit専用のアプリです。

IRKitを設定することにより、テレビやブルーレイディスクレコーダー、エアコン、照明などを簡単にiPhoneで操作することができるようになります。

外出先からでも操作することができるので、自宅に帰る前にエアコンを電源を入れて部屋を涼しくしておくことなどができます。GPSとも連動しているので、このようにエアコンを操作することができます。

エアコンだけでなく、照明やテレビなどのスイッチを付けたり、逆に外出した後にスイッチをオフにすることを忘れていた場合に、外出先からスイッチをオフにしていくこともできます。

さらに、タイマーセットなど複雑な設定をおこなうこともできます。

自宅で使うときも、iPhoneのリモコンをその指定製品に向けて使わなくても、Wi-Fiネットワークで繋がっていますので、どこからでも、iPhoneをどこへ向けていてもリモコンとして操作することができます。

SonyMoteアプリ

SonyMoteアプリは、ソニー製のテレビを操作することができます。

まさに、本物のリモコンのようなボタンがiPhoneの画面に表示されますので、非常に分かりやすく簡単にテレビを操作することができます。

テレビと同じくWi-Fiネットワークに接続されている状況での使用となりますが、ソニー製のテレビを利用している方におすすめのiPhoneリモコンアプリです。

DIGAremoteアプリ

DIGAremoteアプリは、iPhoneを使ってパナソニック製のブルーレイディスクレコーダーディーガを操作することができるリモコンアプリです。

簡単にタップとフリックだけで操作をすることができます。録画されている番組の情報を簡単に映し出すことができ、簡単に選んだ番組を再生することができます。

もちろんスキップや30秒送り、停止など専用リモコンでおこなえる操作ができます。

AQUOSコネクトアプリ

AQUOSコネクトアプリは、シャープのAQUOSを操作できるようになるリモコンアプリです。

テレビ視聴中の番組キーワード検索などもできるので、実際の専用リモコン同様、簡単に便利にテレビ操作をおこなえます。

これにより、テレビ番組だけでなく、録画番組やインターネットからも簡単に目的のものを探すことができます。

視ている番組のホームページなども簡単に表示させることができます。AQUOSを使っている場合に使える便利なiPhoneリモコンアプリです。

L5 Remoteアプリ

L5 Remoteアプリは、別売りのL5 Remoteプラグが必要になりますが、テレビやエアコン、電球などいろいろなものをiPhoneをリモコンにして使用することができます。

L5 RemoteプラグをiPhoneに差し込み、iPhoneとリモコンの赤外線部分を近付けて勉強させるだけで、リモコン機能をiPhoneにインストールすることができます。

iPhone上に映し出すボタンなども自分の好きな位置にカスタマイズすることができるため、自分の好みのリモコンを作ることができます。

AppleTV Remoteアプリ

AppleTV Remoteアプリを使えば、通常のテレビなどは操作することができませんが、AppleTVをiPhoneで操作することができるようになるアプリです。

AppleTVにも専用のリモコンがありますが、フリック入力などができず、どうしても文字入力の際に時間がかかってしまいます。

しかし、このAppleTV Remoteアプリを使えばいつもの簡単で素早い入力ができ、1つのアプリで複数のAppleTVを操作することができます。

AppleTV Remoteアプリで操作をするときは、AppleTVと同じWi-Fiネットワークに接続したときに使うようにする必要があります。

アプリ内でのテキスト検索もできるため、AppleTVを使っている人にとっては非常に便利なiPhoneリモコンアプリです。

アプリ内から簡単にSiriも起動させることができますので、専用リモコンを使わなくなるようになるかもしれません。

RZタグラーアプリ

RZタグラーアプリは、東芝製のテレビなどに使うことができるiPhoneのリモコンアプリです。

リモコンアプリを使い、タグ機能で好きな場面だけをピックアップして好きなタイミングで後から再生することができます。

アプリのデザインもシンプルで分かりやすく、希望のメニューを押すだけで簡単に操作することができます。コメントやツイートすることもできる機能も付いています。

人気番組や人気タグリストなども見ることができます。RZタグラーアプリは、東芝製のレグザなどのテレビを使っている人専用のiPhoneリモコンアプリです。

まとめ

今回、「iPhoneをリモコンにしよう!iPhoneがリモコン代わりになるアプリ」について紹介いたしました。

どのアプリも簡単にiPhoneをリモコンにすることができ、簡単に便利に操作することができるようになります。

気になるリモコンアプリや該当製品を持っている場合は、ぜひ、1度使ってみましょう。実際のリモコンより便利なケースも多々あり、より、iPhoneを手放せなくなります!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です