Home / Apple / iPhone / iPhoneにPCのPDFファイルを転送して閲覧する方法

iPhoneにPCのPDFファイルを転送して閲覧する方法

Pocket

PDF(portable Document Format)ファイルは、登場してから今年(2016年)で23年経ちます。今や紙媒体に替わり、電子文書の代表格として広く活躍しています。紙媒体と比べてかさばらず、劣化することもなく、PCやスマホなどの端末に入れて持ち歩けるので便利ですね。

ここでは、PC上のPDFファイルをiPhoneに転送し、閲覧する方法についてご紹介します。方法は何通りかありますが、ここではオーソドックスに、iTunesを使います。

他にも転送用アプリは複数あり、中にはiTunesで転送するより便利なものもあるのですが、有料のものも多く、よほど毎日、大量に転送するのでなければ不要かと思います。iTunesを使った転送は、多少の違いはあるものの、音楽ファイルの転送と同じような感覚で行えます。

スポンサーリンク

今回使用した環境

下記デバイスおよびOSを使用しています。バージョン違いにより若干の相違があるかもしれませんが、大きなところは同じです。

  • iPhone:iPhone5c,iOS9
  • PC:Windows7
  • iTunes:12.5.1.21

PDFファイル転送の手順概要

手順概要です。

  • 1.iTunesを起動する
  • 2.iPhoneとPCをLightningコネクタで接続する
  • 3.iTunes側でPC内のPDFファイルを取り込む
  • 4.iTunes側から、3)で取り込んだPDFをiPhoneへ転送する

では、1.から順を追って説明していきます。なお、1.と2.は逆でも基本的には問題ありませんが、iPhoneとPCの自動同期設定を外しておきたい/確認したい場合は、1.を先に実施してください。

1.iTunesを起動する

デスクトップ上の「iTunes」アイコンをダブルクリックするか、「スタート」→「すべてのプログラム」→「iTunes」→「iTunes」で、iTunesを起動します。
iPhoneを繋ぐ前に、iPhoneとiTunesが自動的に同期しないよう設定しておきます。

  • iTunesより、「編集(E)」→「設定」を選択すると、「デバイス環境設定」ウインドウが開きます
  • 「デバイス」アイコンをクリック
  • 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない(P)」にチェックを入れる
  • setting
  • 【iPhoneとiTunesの同期について】
  • 自動同期設定している場合、PDFの転送を自動で行いますので、今必要のないものまで全部転送してしまいます。一旦同期が始まってしまうと、完了まで時間がかかることが多いので、自動同期させていない方が、作業がサクッと終わります。

2.iPhoneとPCをLightningコネクタで接続する

iPhoneのLightningポートと、PCのUSBポートを接続します。

接続箇所

  • Lightningポート
  • 充電器を繋ぐところと同じです。
  • Lightningケーブル
  • 下記画像はiPhone純正(付属品)です。

iPhoneが認識されたか確認

iTunes側で、iPhoneのアイコンが出ていたら正しく認識されています。しばらく時間がかかることがありますので、すぐ出なくても、ちょっと待ってみてください。

iphoneninshiki

3.iTunes側でPC内のPDFファイルを取り込む

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

名作をiPhoneでプレイできる!おすすめエミュレータ4選

ファミコンやスーパーファミコン …

Facebookでのご購読が便利です