Home / iPhone / Bluetoothも要注意?iPhoneから音が出なくなった時の対処法7選

Bluetoothも要注意?iPhoneから音が出なくなった時の対処法7選

Pocket

最近、普段iPhoneを使う時に、音楽や通話をBluetoothヘッドセットで行う方が増えていますよね。Bluetoothのヘッドセットを外していた時、iPhpneから着信音が出なくて慌てたことはありませんでしょうか?

この場合、内蔵スピーカーが故障している場合もあれば、Bluetoothのペアリングが解除されていない場合もありますし、他にも様々な原因でiPhone本体から音が出なくなることがあります。

スピーカーに関するトラブルはいつ発生するか分かりません。使い手のちょっとした勘違いもあります。

本稿では、このような時の対処方法をまとめてみます。いざという時のために備えておいてください。

スポンサーリンク

iphoneの音が出ない原因

まずは音量の調整をしてみる

iPhoneから音が出なくなった場合、多くの方は多分無意識のうちのこの操作を行うはずです。無意識のうちに何気なくボリュームスィッチに触って、ボリュームが最低になっていたりする可能性もあります。まずは、最初にボリュームスィッチの「上げる」を押して見ましょう。

マナーモードになっていないか

iPhone本体左側にあるサウンドオン/オフスィッチの部分を見てみましょう。スィッチの部分にオレンジ色の帯が見えていませんか?オレンジ色になっている場合は、マナーモードになっています。マナーモードでは音声通話の音は消えませんが、音楽の音は消えます。

また、オレンジ色になっていないのに音が出ない場合は、マナーモードスィッチの接続不良ということが原因の場合もあります。

Bluetoothがつながっていないか

Bluetoothを使ってワイヤレスヘッドフォンや外部スピーカーにペアリングして利用した後に操作を終了しても、Bluetoothのペアリングが解除されていない場合もあります。ワイヤレスヘッドフォン側で音が出ていて、内部スピーカーからは音が出ていない状態のままになっています。使用後にBluetooth接続が解除されず接続されたままとなっている場合がありますので確認してみましょう。

イヤホン(ヘッドフォン)の誤認識

headfonimg_0976

iPhoneを服のポケットなどに入れておくと、ポケットに入っていた糸クズがイヤホンジャックに入り込んでしまい、イヤホンが差し込まれていると誤認識されてしまう場合があります。音量調整ボタンを押すと、「ヘッドフォン」と状態が表示されるので誤認識されていることがわかります。

スピーカーが目詰まりしている

すべてのiPhoneの内蔵スピーカーは本体下部にあります。普段iPhoneをカバンに入れたり、上着やパンツのポケットに入れていることでしょう。服のポケットは衣服の繊維の埃が多い場所です。この繊維埃がスピーカーの穴に詰まっていませんでしょうか。埃がスピーカーの目詰まりを起こしていることがあります。

水没など外的な原因

ユーザーにとってはあまり考えたくはないのですが、洗面所やお風呂に落としたりしませんでしたでしょうか。

iPhoneは防水仕様ではありません。完全水没状態にならなくとも、シャワーを浴びる・大雨に濡れっぱなしになる、といった状態にiPhoneが晒されると、iPhone内部に水が侵入し電気的なショートを起こしてしまい、音が出なくなってしまうことがあります。

この最悪の場合は、修理を覚悟する必要があります。まずは、次に説明する対処法を順に試みてください。

iPhoneの音が出ない時の対処法

先に紹介した通り、iPhoneから音が出なくなる原因はいくつかあります。慌てず次に紹介する対処法を試みてください。くれぐれもiPhone本体を傷つけないよう丁寧に対処しましょう。

マナーモードを解除

silent_img_0970

iPhoneで音が出ない一番多い原因は、マナーモードのままになっていることです。

iPhoneに向かって左側の上に、サウンドオン/オフのスィッチがあり、ここにオレンジ色の帯が見えている時がマナーモード(サイレントモード)です。マナーモードスイッチは、着信音、通知音、キーボードクリック音、ロック音を消すスイッチです。このスィッチを切り替えてみてください。画面に表示されるベルのアイコンに斜線が入らなくなります。
マナーモード移行時には、本体が振動し、斜線付きベルのアイコンが表示されます。このスィッチは着信時に電話に出られない時に利用すると瞬時に「拒否」と同じ効果が得られます。

音量レベルを上げる

次に、音量レベル(ボリュームレベル)が最低になっていないか確認しましょう。マナーモードボタンの下に音量(ボリューム)スィッチがあります。上側が「上げる」ボタン、下側が「下げる」ボタンです。「上げる」ボタンを押し音が出るようになるか確認してみましょう。

Bluetoothをオフにする

bluetooth_img_0972

解除方法は、デスクトップで画面下から上へフリップし、コントロールパネルを表示させ、次の画面にある赤枠部分の「Bluetooth」ボタンをタップし青色が消えるとBluetoothが切断され、本体内蔵のスピーカーから音が出るようになります。

イヤホンの差し込み口の掃除

イヤホンの差し込み口に糸クズが詰まった場合の掃除で最も手軽な方法は、ティッシュペーパーと爪楊枝を用意します。(安全ピンで代用しても構いません)

ティッシュペーパーをコヨリのように爪楊枝に巻きつけ、イヤホンジャックに差し込みグリグリと回して糸クズを取り除きます。注意深くクリーニングするのであれば、近くにあるペーパークリップを曲げ伸ばし、イヤホンジャックから糸くずを直接引き出す方法もあります。この場合、イヤホンジャッックの穴内部を傷つけないよう十分に注意してください。

糸クズでなく埃が付着している場合は、パソコンなどにも使うスプレータイプのブロアーやクリーニングスプレーで吹き飛ばしてみてください。手軽な方法で糸クズや埃が取れなかった場合は、無理をして壊さないようApple StoreやApple社認定の正規サービスプロバイダーへ相談に行くようにしてください。

スピーカーの掃除

目詰まりしたスピーカーの掃除には、傷がつかないような柔らかいブラシや、市販されている液体が出ないタイプのクリーニングスプレーでゴミを吹き飛ばしましょう。本体に傷がついたり、埃がスピーカーの奥深くに入り込まないよう注意して掃除してください。

iPhoneの再起動

iPhoneユーザーの多くの方が、iPhoneの電源を入れっぱなしにして利用されているかと思います。iPhoneは使わないで放置しておくと画面が消え自動的にサイレントモードに移行します。ユーザーの意識としては電源を切っていると思い込んでいる方が多くいらっしゃいます。普段、意識して電源を落とすようにしている方はほぼ皆無ではないでしょうか。

iPhoneもパソコンと同じです。電源を入れたまま使い続けるとアプリが不具合を起こすことが多くあります。アプリは内部的にメモリを利用したら終了時に利用したメモリをクリアして、他のアプリが使えるようにするのがお作法です。

しかし、何かの不具合でメモリが解放されないことがあります。これをメモリリークと言っています。

メモリリークを解消させるには一度電源を落とし、改めて電源を投入し再起動させます。これで多くの不具合が解消します。何をやってもダメな時は一度電源を入れなおして再起動することを試みてください。一週間に一度ぐらいiPhoneを定期的に再起動することをお勧めします。音が出ないだけでなくテザリングができないなど、その他のトラブルも発生しなくなります。

iOSのアップデートをする

ここまでの対処策で大体の場合iPhoneから音が出ないというトラブルは解決します。しかし、すべての対処策を講じても問題が解決しない場合がないとは言えません。この場合iOSのアップデートを確認し、最新のものがあればアップデート(マイナーなアップデートも含め)を行って見てください。これで解決する場合もあります。

まとめ

iPhoneは日常的に使うものですし、お手入れをを欠かさないようにしましょう。物理的なお掃除に加えて、ソフトウェア的なお掃除(使用していないアプリの終了や削除、iPhoneの再起動)を日常の習慣となるよう心がけてください。トラブルの発生要因を排除することができます。

スピーカーから音が出なくなった際には上記の対処法を実践していただくとともに、音が出るゲームや音楽のアプリの設定を確認すれば、多くの場合音が出ない原因を特定できます。

トラブルに巻き込まれどうしようもない場合は、AppleStoreのジーニアスバーの助けを借りましょう、お近くにAppleStoreがない場合は、AppleサポートのWebサイトから、「配送修理」や正規サービスプロバイダーによる「持ち込み修理」を受けるようにしましょう。
Appleサポートへのお問い合わせ

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

iphoneximgl6311_tp_v

iPhoneのライト機能が使えない3つの原因と対処法5選

あらゆるシーンで活躍してくれる …

Facebookでのご購読が便利です