iPhoneの重い動作を解消するには

LINEで送る
Pocket

iphoneredpaku9000_tp_v

今、日本で最も使っている人が多いと言われるスマートフォン。それがiPhoneです。普段、毎日ビジネスシーンでもプライベートシーンでも活用しているiPhoneだからこそ、動作は軽く何も問題なく動作してほしいものです。

ですが、普段毎日、様々なシーンで活用しているからこそ、稼働率が高くなり、それによってiPhoneの動作が重たくなってしまうことがあります。ビジネスで使っている方も多いため、プレゼンや通話会議の際等に動作が重く、スムーズに動かないようでは、とても困ります。

そこでここでは、普段から使っているiPhoneの動作が重たくなってしまう原因と、その改善方法について、詳細にレクチャーしていきたいと思います。iPhoneの動作が重たくなってきたと感じている方は、少しでもiPhoneの動作を軽くするために、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

重い動作を改善する方法

omori160214590i9a8417_tp_v

では早速、動作が重たくなってしまったiPhoneの動作を軽くする方法に、原因にも触れながらご案内していきます。

使っていないアプリを削除する

実は、アプリも保存領域を使用するのです。そして、これはiPhoneに限ったことではありませんが、コンピュータというものは、保存領域を多く占有してしまうと、動作が重たくなります。これは保存している写真や動画も含みます。そしてアプリも、その保存領域に保存されます。

そのため、使っていないアプリは無駄に保存領域を占有してしまうことになります。ですので、まずは使っていないアプリがあれば、アンインストールをしましょう。

メモリを開放する

先程は、保存領域のお話をしました。ここで言うメモリとは、作業領域のことを言います。保存領域が本棚だとしたら、作業領域はデスクだと考えて下さい。複数のアプリを同時に起動し、動作させているということは、複数の資料をデスクに広げ、仕事をしていることと変わりません。こういった状態では、当然作業効率が落ちます。

それと同じように、多くのアプリを起動しメモリを専有してしまうと、iPhoneの動作が重たくなります。

そのため、使い終わったアプリは必ず終了して、メモリを解放させましょう。方法は簡単です。ホームボタンを2回連続で押すと、起動中のアプリ一覧が出てきますので、それらを上にスワイプするだけでアプリを終了することが出来ます。是非試してみて下さい。

バックグランド更新をオフ

iPhoneでは通常、アプリやOSのアップデートをバックグラウンドで、私たちが知らない内にやっておいてくれています。OSのアップデートに関しては確認をしてくることがほとんどです。

この、バックグラウンド更新をオンにしている状態だと、お使いのiPhoneは常に新しい更新情報がないかどうかをネットワークに接続して検索している状態ですので、画面を消してポケットに仕舞っているときでも、常に仕事をしている状態です。

これが積み重なると、iPhoneが熱を持ったり、長時間稼働により動作が重たくなることがあります。バックグラウンド更新をオフにする方法は、設定画面から一般へと進み、「Appのバックグラウンド更新」をタップし画面を進めることで可能になります。もちろん、アプリ一つ一つ単位でのオンオフ切り替えも出来ます。

視覚効果をオフ

視覚効果があることで、鮮やかな壁紙に奥行きがあるように見えたり、アプリの立ち上げや終了時に様々な視覚的アクションを見せてくれます。ですが、これはiPhoneのCPUという人間で言う頭脳を大きく働かせることに繋がります。ですので、これをオフにすることで、重くなってしまったiPhoneの動作を軽くすることが可能になります。

方法は、設定から一般へと過程を踏み、「アクセシビリティ」から「視差効果を減らす」という項目を選択することでオフに出来ます。

Spotlight検索をオフ

Spotlight検索のおかげで、iPhoneの中にある様々な情報やアプリに、スムーズにアクセスすることが可能になっております。ですが、これもCPUに負担をかけ、iPhoneの動作を重くしてしまう一つの原因なのです。そこで、普段Spotlight検索を使わない方やiPhoneが重くて困っているという方は、Spotlight検索をオフにしてみて下さい。

方法は、設定から一般へと進み、「Spotlight検索」を開いて下さい。すると、機能やアプリのSpotlight検索のオンオフ切り替えスイッチがあるので、使わないものに関してはオフにして下さい。

キー入力クリック音をオフ

iPhoneは通常、キー入力をした時にクリック音を鳴らします。ですが、これもCPUに負荷をかけることになるため、このキー入力クリック音はオフにすることをオススメします。方法は、設定からサウンドへと進み、「ロック時の音」「キーボードのクリック」という項目とボタンがあるので、これを選択して、オフにしましょう。

キーボードの予測変換リセット

キーボードの予測変換は、大変便利な機能の一つです。ですが、これも今までのものと同様に、CPUとメモリに負担をかけることになります。メモリは、作業領域であると同時に、短期的な一時保存領域でもあるのです。予測変換は、ここに保存されます。そのため、メモリを圧迫しiPhoneの動作を重くしてしまう原因となるのです。

予測変換機能を消すためには、設定からリセットへと進み、「キーボードの変換学習をリセット」という項目を選んで下さい。するとパスワードを要求されますので、パスワードを入れて、「辞書をリセット」を選ぶことで、キーボードの予測変換はリセットされます。

safariの履歴を削除

iPhoneに事前にインストールされている、iPhoneの標準ブラウザであるsafariですが、この履歴が残されたままですと、safari自体のキャッシュという一時保存領域を占有することになります。これは、一度開いたウェブページを再度開く時、スムーズに開けるよう一部の情報を記憶していたり、都度ログインをしなくても済むように、ログイン情報を記憶しておくときに使います。

そのため、普段からsafariを使ってネットサーフィンをして、一度も履歴を消していないのであれば、safariのキャッシュは膨れ上がり、safariというブラウザアプリそのものがiPhoneの動作を重くする原因となります。

これを消す方法は、safariを選択し、見開きの本のアイコンをタップするとブックマークが表示されますので、この中にある「履歴」を選択して下さい。すると、safariで検索した履歴一覧を見ることが可能です。画面右下に「消去」という項目があるので、これを選択することで、safariの履歴を消すことが可能です。

不要な位置サービスをオフにする

スマートフォンには通常、GPS(位置情報サービス)が内蔵されております。これがあることで、マップ機能を便利に活用すること等が出来るのです。ですが、これもCPUに負担をかける原因の一つなのです。

そのため、アプリによっては位置サービスがオンになっているものがありますので、不要なものはオフにするか、もしくは位置サービスそのものをオフにしてしまいましょう。

iCloudとの同期をオフにする

iPhoneを初めとするAppleのデバイスは、iCloudとの同期ができるようになっています。これをすることで、シームレスにデータの共有が行えるというわけです。ですがこれも、これまでの流れと同様に、メモリとCPUに負担をかけることになってしまうのです。

データのバックアップをとることは非常に重要なことですが、それを常に行っていると、iPhoneに深けてしまい、逆にデータが飛ぶ原因ともなってしまいます。ですので、出来れば1週間に1度くらいの同期に抑えることが、一番良いバックアップ頻度と言えるでしょう。

iCloudとの同期のオンオフのチェンジは、設定からユーザー名をタップし、iCloudを選びます。すると、同期がオンになっているアプリ等が表示されるので、これらを選択することで、オフにすることが出来ます。もう一度タップすると、オンになります。

iOSをダウングレードする

iPhoneの動作が重くなってしまった場合、iOSをダウングレードするという方法も、一つの手段です。何故なら、このiOSも保存領域を占有していて、容量を圧迫してしまう一つの原因だからです。また、iOSをアップグレードしたことで動作が重くなってしまうこともあります。

iOSをダウングレードする方法は、iOSのバージョンによっても様々ありますので、現在お使いのiOSのバージョンを確認してから、調べるようにしましょう。確認方法は、設定から一般に進み、「情報」を選択することで、確認することが出来ます。

再起動・初期化する

iPhoneの動作が重い時は、再起動をしてみましょう。再起動をすることで、メモリが一気に解放され、動作が重くなっていた原因がリセットされることがあるからです。上記のような方法をとっても動作の重さが改善されない場合は、iPhoneを初期化してみましょう。そうすることで、全てがリセットされます。原因の特定が出来ない場合は、最終手段としてiPhoneを初期化してみましょう。

おすすめメモリアプリ3選

dmspaku2059_tp_v
上記では、メモリという作業領域を多く占有することで動作が重くなることがお分かりいただけたかと思います。そこで、おすすめのメモリ管理アプリについてご紹介致します。

IAssistant

こちらのアプリは、現在使用しているメモリと、空きメモリを確認し、管理を行える無料のアプリです。さらに、残りの電池残量で何が行えるのかや、CPUの使用率も確認することが出来ます。iPhoneを使うのであれば、是非入れておきたいアプリです。

SysStats Lite

こちらも、メモリを管理すること出来る無料のアプリです。画面は少し複雑ですが、使用メモリ、空きメモリ、CPU使用率を円グラフでチェックすることが可能です。慣れれば、手放すことが出来ないメモリアプリです。

節電バッテリーマニア-サクサク充電管理&メモリやシステムチェック-

こちらのメモリアプリは、無駄な機能もあまりなく、iPhoneの動作が重いと感じた時に使用メモリや空きメモリを確認できるだけでなく、その消去をすることも出来ます。さらに操作性も1タップでメモリを占有しているものを消去し、空きメモリを増やすことが出来るため、かなりオススメのメモリアプリです。

まとめ

b7a479f5a8434d1ad851c91e0e2b1ca8_s
いかがでしたでしょうか。このように、iPhoneの動作が重い原因は様々あり、その解決方法もたくさんあります。そのため、まずはお使いのiPhoneのメモリ使用率やCPU使用率を視覚的に管理し、必要のないものは消去していくことを、強くオススメします。iPhoneを使っていて、もし動作が重いとお困りの方の参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です