Home / iPhone / iPhoneをパソコンに接続しても認識しない時にするべき対応策

iPhoneをパソコンに接続しても認識しない時にするべき対応策

Pocket

今回は、iPhoneをパソコンに接続しても認識しない時にするべき対応策について紹介していきます。iPhoneやiTunesを使っている人は1度は経験のあるシチュエーションです。

iPhoneをパソコンに接続しても、全く認識してくれず充電すらできません。このような状況に出くわした場合どのような対応を取れば良いのでしょうか?

適切な対応策について、iPhone提供元のAppleが公表しているものを中心に紹介いたします。お時間ある際に、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneをパソコンに接続しても認識されない場合(Windows)

iPhoneをパソコンに接続しても認識されない場合の対応方法についてです。iTunesでは認識されるのに、パソコン本体では認識されないという不思議な状況の際に行います。

ドライバを削除する

コントロールパネルのハードウェアとサウンドを開き、デバイスマネージャーを開きます。デバイスマネージャーを開くと、ポータブルデバイス欄にあるAppleiPhoneに警告マーク付きの表示がされています。

このAppleiPhoneを選択右クリックし削除を選びます。確認画面でOKをクリックすれば、ドライバの削除が完了です。

iPhoneのケーブルを繋ぎ直してみる

iPhoneのアンインストールが終わったら、パソコンとiPhoneを接続しているケーブルを抜きます。そしても、もう1度認識されているか確認をします。ケーブルの挿し替えにより、認識されるようになることもあります。また、なかには、ケーブルの状態が悪く認識されないこともありあす。

パソコンとiPhoneを接続をしているケーブル自体も古いものであれば、新しいものへ変えて試してみると良いでしょう。

再起動する

iPhoneとパソコンをそれぞれ再起動してみます。再起動することで、認識されるようになる場合があります。再起動する場合は、それぞれケーブルを外した状態で行います。

空き容量を増やす

空き容量が少ないとパソコンはiPhoneを認識しない場合があります。最低でも1GB以上は空き容量を増やして接続します。空き容量を増やすことで、パソコンから認識されるようになることもありますし、パソコンの動作も軽くなります。

iPhoneを繋いでもiTunesで認識されない場合

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です