Home / iPhone / iPhoneをパソコンに接続しても認識しない時にするべき対応策

iPhoneをパソコンに接続しても認識しない時にするべき対応策

Pocket

パソコン

今回は、iPhoneをパソコンに接続しても認識しない時にするべき対応策について紹介していきます。iPhoneやiTunesを使っている人は1度は経験のあるシチュエーションです。

iPhoneをパソコンに接続しても、全く認識してくれず充電すらできません。このような状況に出くわした場合どのような対応を取れば良いのでしょうか?

適切な対応策について、iPhone提供元のAppleが公表しているものを中心に紹介いたします。お時間ある際に、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneをパソコンに接続しても認識されない場合(Windows)

iPhoneをパソコンに接続しても認識されない場合の対応方法についてです。iTunesでは認識されるのに、パソコン本体では認識されないという不思議な状況の際に行います。

ドライバを削除する

コントロールパネルのハードウェアとサウンドを開き、デバイスマネージャーを開きます。デバイスマネージャーを開くと、ポータブルデバイス欄にあるAppleiPhoneに警告マーク付きの表示がされています。

このAppleiPhoneを選択右クリックし削除を選びます。確認画面でOKをクリックすれば、ドライバの削除が完了です。

iPhoneのケーブルを繋ぎ直してみる

iPhoneのアンインストールが終わったら、パソコンとiPhoneを接続しているケーブルを抜きます。そしても、もう1度認識されているか確認をします。ケーブルの挿し替えにより、認識されるようになることもあります。また、なかには、ケーブルの状態が悪く認識されないこともありあす。

パソコンとiPhoneを接続をしているケーブル自体も古いものであれば、新しいものへ変えて試してみると良いでしょう。

再起動する

iPhoneとパソコンをそれぞれ再起動してみます。再起動することで、認識されるようになる場合があります。再起動する場合は、それぞれケーブルを外した状態で行います。

空き容量を増やす

空き容量が少ないとパソコンはiPhoneを認識しない場合があります。最低でも1GB以上は空き容量を増やして接続します。空き容量を増やすことで、パソコンから認識されるようになることもありますし、パソコンの動作も軽くなります。

iPhoneを繋いでもiTunesで認識されない場合

iPhoneをパソコンに接続してもiTunesで認識されない場合は、次の手順で対応します。

最新バージョンのiTunesかどうかを確認する

まず、使っているパソコンが対応しているのが最新のバージョンのiTunesかを確認します。そうでない場合は、最新バージョンのiTunesにバージョンアップすることで、認識されるようになる場合があります。

最新バージョンにアップデートする場合は、MacはiTunesを起動し、メニューバーのiTunesをクリックします。その次にアップデートを確認をクリックすると、あとは画面の指示にしたがって行うだけです。 

Windowsは、iTunesを起動し、メニューバーからヘルプをクリックします。そして、更新プログラムを確認をクリックし、その後は指示に従ってアップデートを行います。

最新のソフトウェアを使っているかを確認する

Mac、Windowsに関わらず、パソコンのソフトウェアが最新バージョンかどうかを確認します。最新バージョンではない場合、それが原因でiPhoneを認識できていない可能性があります。速やかに最新バージョンへバージョンアップを済ませてください。

iPhoneの電源が入っているかを確認する

iPhoneの電源がちゃんと入っているかを確認してください。また、電源が入っている、入っていないに関わらず、1度ケーブルから外したうえで、iPhoneを再起動させてみてください。iPhoneの接触状況など何らかの理由で認識されていなかった可能性があります。

電源のオン・オフで改善される場合がありますので、状況が改善する可能性があります。

iPhone側の許可の問題

iPhoneとパソコンをケーブルで接続すると、iPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が表示されます。信頼をタップすることで認識されるようになるものですが、警告が引き続き表示される場合は、Lockdownフォルダをリセットしなければいけない場合があります。

Lockdownフォルダをリセットする場合は、Macの場合まずコンピュータからすべてのiOSデバイスの接続を外し、iTunesを終了します。Finderで「移動」を開き「フォルダへ移動」を選択します。次に「/var/db/lockdown」と入力し、リターンキーを押します。

「表示」を開き「アイコン」を選択し、Finderウインドウに英数字の名前のファイルが表示されますので、Finderで編集を選択し、次に「すべてを選択」を選択します。そして、「ファイル」を開き、「ゴミ箱に入れる」を選択し、ゴミ箱を空にしてファイルを削除し、完了です。

別のUSBポートを試す

1度使っているiPhone以外のUSBアクセサリをパソコンから全て外します。そしてUSBポートを1つずつ試していきます。USBポートの接触が原因で認識されない場合もあり、USBポートを変えることで改善されることがあります。

また、併せて、USBケーブルも確認します。古いものだと断線しているものなどもありますので、比較的新しく、Appleの純正のUSBケーブルを使って行います。

再起動する

パソコンとiPhoneをそれぞれ、再起動します。再起動する場合は、iPhoneとパソコンの接続を外したうえで行います。再起動した後に接続することで、iPhoneがパソコンから認識されるようになるケースがあります。

別のパソコンで試してみる

1度別のパソコンにiPhoneを接続しても、iPhoneが認識されないか確認してみます。別のパソコンでも同じように認識がされない場合は、単純にiPhoneが故障している可能性もあります。

もし別のパソコンに接続してもiPhoneが認識されない場合は、Appleサポートセンターへ連絡するか、近くのAppleStore、iPhone修理店に持って行きます。

Windowsの場合はAppleMobileDeviceUSBDriverがインストールされてるか確認する

Windowsに接続したiPhoneをパソコンが認識するためには、AppleMobileDeviceUSBDriverがインストールされていないといけません。

インストールされているか確認し、されていない場合は、先にパソコンにAppleMobileDeviceUSBDriverをインストールする必要があります。

まとめ

今回、iPhoneをパソコンに接続しても認識しない時にするべき対応策について紹介いたしました。iPhone歴が長い人だと1度は経験のあるパソコンが認識しないケース。カフェなどでパソコンを使っている際に起こると最悪です。

普段、あまりパソコンに接続しない方もいつこのようなケースに遭遇するか分かりませんので、今のうちに覚えれる対応法については覚えておきましょう。

また、接続する際に使うケーブルは使い込んでいるものであれば新調しても良いでしょう。外からは分かりませんが、中のケーブルが大分傷んでいるケースも多く、断線しそうな場合もあります。十二分に気をつけましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

7b7ddfa0f6ba5ef7332f3e9cd7d2e59b_s

アプリやLINE履歴も残せる、iPhoneからiPhoneへのデータ移行方法

iPhone8やiPhone …

Facebookでのご購読が便利です