iPhoneのSafariで文字化けしてしまう原因と解決方法

LINEで送る
Pocket

手帳

今回は、iPhoneのSafariで文字化けしてしまう原因と解決方法について紹介いたします。iPhoneを使ってWebページを見ていると、たまに文字化けをし正しくページが表示されない場合があります。

今回は、こういった文字化けの際の解決方法を中心に紹介しています。これからiPhoneを使う方も、既に使っている方も、文字化け時に対処できるように、お時間ある際にぜひご覧ください。

スポンサーリンク

Safariで文字化けしてしまう原因

iPhoneで文字化けする原因

 
文字化けする多くの原因は文字コードの違いによるものです。そもそもネットは日本語に対応していません。そのため伝送文字にはUSアスキーキャラクターコードを規定しています。

そこで日本語対応できるように言葉を変えてくれるのが文字コードです。日本で主に使用されている文字コードは主に3種類あります。

これらの文字コードが何らかの判断違いで正しく解釈されずに、文字化けを起こしてしまします。尚、文字コードは、JISコード、シフトJISコード、EUCの3種類が使われています。

JISコード

1993年に定義された7ビット単位の符号化方式です。エスケープシーケンスを挿入することにより、半角文字や全角文字の切り替えをおこないます。

一般的にインターネットでメールを送信する際は、このJISコードが標準として使われており、基本的に文字化けは起こりません。

シフトJISコード

マイクロソフト社によって提唱されたコードです。文字の1バイト目を見るだけで漢字か半角英数字かが分かります。シフトJISコードでメールを作っても送信するときはJISコードで送信しないと文字化けの原因になります。

ほとんどのメールソフトは自動でJISコードに変換して送信されるようになっています。WindowsやAppleのMacOSなどパソコンの標準文字コードとして広く普及しています。

EUC

UNIX環境下で主に使われている文字コードです。日本語の文字を収録したものを日本語EUCもしくはEUC-JPと言います。UNIX以外の環境下でもEUCの表示や他コードへの変換に対応していることは多いです。

文字化けすると半角カタカナの多い文章になってしまいます。EUCは日本語だけでなく、文字の種類が多く数万あり、1文字1バイトでは表現できないマルチバイト文字で用いられます。

UTF-8

UCS-2やUCS-4で定義されている文字集合を用いて記述された文字列をバイト列に変換する方式の1つです。UTF-8では1〜6バイト列に変換します。

またUnicodeの最初の128文字を変換するとASCIIと同じになるため、親和性が高いメリットがあります。

Safariで文字化けしてしまったときの解決方法

解決方法:翻訳サイトを使う

まず文字化けしたSafariページのURLをコピーします。次に、Yahoo!翻訳ページを開きます。そしてURL貼付欄に先ほどの文字化けページのURLを貼り付けます。

そして翻訳設定を、英語→日本語に設定し翻訳します。すると文字化けが解消され正しい表示がされます。

解決方法:ドルフィンブラウザを使う

まず、ドルフィンブラウザアプリをiPhoneにインストールしましょう。ドルフィンブラウザを使った解決方法は次の通りです。Safariの文字化けページのURLをコピーします。

そして、ドルフィンブラウザアプリを開き、URLを貼り付けて開くだけです。これだけでSafariの文字化けページが正しく表示されるようになります。

解決方法:文字コード選択Webユーティリティを使う

この方法を使うには、文字コード選択Webユーティリティをインストールしておく必要があります。iPhoneでSafariを開いた際に文字化けし、画面上部のURL欄にsbapp.netと表示されているときがあります。

この場合は、URLの先頭にchhttp://を追加して開き直します。文字コード選択Webユーティリティをインストールしていると、iPhoneの画面上に「このページを文字コード選択で開きますか?」というダイアログが表示されます。

文字コード選択を開くと、文字コード選択Webユーティリティのブラウザ画面が表示されます。右下にあるiマークをタップし選択画面で文字コードを選びます。

多くの場合はEUC、Shift-JIS、UTF-8の何れかが該当します。選択した文字コードが合っていれば文字化けが解消され正しい言葉で表示されます。

解決方法:GoogleChromeを使う

iPhoneにGoogleChromeアプリをインストールしている人はChromeを使ってSafariの文字化けを解消することができます。まず、文字化けしたSafariページ上部にあるURLをコピーします。

次にGoogleChromeアプリを開き、右上の3点ををタップし、メニュー一覧の中から設定を開きます。設定を開いたあとにコンテンツの設定を選択します。

コンテンツの設定画面にて、エンコード自動検出をオンにし、続行をタップします。そして、コピーしていたURLをChromeのURL欄に貼り付け開くと、文字化けが解消されたページが開きます。

メールが文字化けしている場合は

メールでも文字化けが起きることがあります。文字化けを起こしたくない場合は、送信メールの内容にiPhone独自の絵文字の丸やハートなどをを入れるようにしましょう。

そうすることで、iOSからのメールというものを認識させることができ、文字化けを防ぐことができます。

文字化け解決に役立つiPhoneブラウザアプリ

GoogleChromeアプリ

パソコンでも使われている人が多いブラウザGoogleChromeのアプリです。高速ブラウジングが可能で、音声検索ができたり、他の言語で書かれたウェブページを簡単に読み込むことができます。

様々な端末間で同期できるため、端末が変わっても同じタブやブックマークを利用することができます。特にブラウジングの速さはダントツで、常にアップデートされ使いやすくなっています。

ドルフィンブラウザアプリ

パソコンのようなタブブラウジングやSNSへの簡単共有、デスクトップとのブックマークやコンテンツ共有など、便利な機能が満載です。

閲覧中のウェブページをドルフィンブラウザから直接ツイートしたり、Facebookに投稿したり、コンテンツをEvernoteなどに保存することがワンタッチでできます。

また、同じWi-Fiネットワーク上にいるドルフィンユーザと瞬時にリンク共有をおこなうこともできます。スマートフォンに特化しており、片手で簡単に操作することができます。

まとめ

今回、iPhoneのSafariで文字化けしてしまう原因と解決方法について紹介いたしました。iPhoneで様々なWebページを閲覧していると、稀に文字化けが起こってしまいます。

その際に、紹介した方法をもとに文字化けを解決し、正しく見れるようにしましょう。GoogleChromeアプリやドルフィンブラウザアプリはブラウザとしても、とても便利ですのでインストールしておくととっさのときにも役立ちます。

これからiPhoneを利用予定の方も、ぜひ解決方法を確認し、文字化けの際に対処できるようにしておくといいでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です