Home / iPhone / iPhoneのSafariで文字化けしてしまう原因と解決方法

iPhoneのSafariで文字化けしてしまう原因と解決方法

Pocket

手帳

今回は、iPhoneのSafariで文字化けしてしまう原因と解決方法について紹介いたします。iPhoneを使ってWebページを見ていると、たまに文字化けをし正しくページが表示されない場合があります。

今回は、こういった文字化けの際の解決方法を中心に紹介しています。これからiPhoneを使う方も、既に使っている方も、文字化け時に対処できるように、お時間ある際にぜひご覧ください。

スポンサーリンク

Safariで文字化けしてしまう原因

iPhoneで文字化けする原因

文字化けする多くの原因は文字コードの違いによるものです。そもそもネットは日本語に対応していません。そのため伝送文字にはUSアスキーキャラクターコードを規定しています。

そこで日本語対応できるように言葉を変えてくれるのが文字コードです。日本で主に使用されている文字コードは主に3種類あります。

これらの文字コードが何らかの判断違いで正しく解釈されずに、文字化けを起こしてしまします。尚、文字コードは、JISコード、シフトJISコード、EUCの3種類が使われています。

JISコード

1993年に定義された7ビット単位の符号化方式です。エスケープシーケンスを挿入することにより、半角文字や全角文字の切り替えをおこないます。

一般的にインターネットでメールを送信する際は、このJISコードが標準として使われており、基本的に文字化けは起こりません。

シフトJISコード

マイクロソフト社によって提唱されたコードです。文字の1バイト目を見るだけで漢字か半角英数字かが分かります。シフトJISコードでメールを作っても送信するときはJISコードで送信しないと文字化けの原因になります。

ほとんどのメールソフトは自動でJISコードに変換して送信されるようになっています。WindowsやAppleのMacOSなどパソコンの標準文字コードとして広く普及しています。

EUC

UNIX環境下で主に使われている文字コードです。日本語の文字を収録したものを日本語EUCもしくはEUC-JPと言います。UNIX以外の環境下でもEUCの表示や他コードへの変換に対応していることは多いです。

文字化けすると半角カタカナの多い文章になってしまいます。EUCは日本語だけでなく、文字の種類が多く数万あり、1文字1バイトでは表現できないマルチバイト文字で用いられます。

UTF-8

UCS-2やUCS-4で定義されている文字集合を用いて記述された文字列をバイト列に変換する方式の1つです。UTF-8では1〜6バイト列に変換します。

またUnicodeの最初の128文字を変換するとASCIIと同じになるため、親和性が高いメリットがあります。

次ページ:Safariで文字化けしてしまったときの解決方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

迷惑メールを避けたい!iPhoneのメール拒否設定方法

LINE等のメッセンジャー機能 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です