Home / Apple / iPhone / iPhoneのmms/sms/iMessageの違い

iPhoneのmms/sms/iMessageの違い

Pocket

CW_151103_01
iPhoneには、3つのメッセージサービスがあります。MMS, SMS, そしてiMessage です。いずれもデフォルトのメールアプリまたはメッセージアプリで利用出来るので、その違いがわからなかったり、そもそもそうしたサ-ビスがあることに気づいていない場合もあるかと思います。

iMessage はその名前からも推測できるようにApple のサ-ビスです。それに対して、MMSとSMS は携帯キャリアのサ-ビスです。

このほかに、パソコン用のメールやGmailなどの送受信ができる一般的なEメールがあります。次の表は、どのサービスをどのアプリで利用するかをまとめたものです。参考にしてください。

スポンサーリンク

SMS

CW_151103_02

SMS はショートメッセージやショートメールと呼ばれていた非常に古いサービスです。相手の電話番号あてに送ることができることが大きな特徴です。いわゆるメールアドレスなどを知らなくても、電話番号がわかれば、テキストでメールが送れるわけです。吹き出しの色は緑です。

ただ、70文字までの文字のみが利用でき、件名をつけることも出来ませんし、写真、ファイル、デコメなどは送ることができません。

送り先が同一のキャリアであれば無料です。他のキャリアの場合パケット定額契約に関係なく料金がかかります。1回の送信で3円を少し超える程度ですが、正確な料金は各キャリアに確認してください。また、このサービスは、携帯ネットワークを利用するので、3G をオフにすると利用できませんので注意してください。

MMS

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

gmailの受信通知をカスタマイズ!gmailの通知設定方法全3種類

Gmailは、今や使っていない …

Facebookでのご購読が便利です