Home / iPhone / iPhoneのmms/sms/iMessageの違い

iPhoneのmms/sms/iMessageの違い

Pocket

CW_151103_01
iPhoneには、3つのメッセージサービスがあります。MMS, SMS, そしてiMessage です。いずれもデフォルトのメールアプリまたはメッセージアプリで利用出来るので、その違いがわからなかったり、そもそもそうしたサ-ビスがあることに気づいていない場合もあるかと思います。

iMessage はその名前からも推測できるようにApple のサ-ビスです。それに対して、MMSとSMS は携帯キャリアのサ-ビスです。

このほかに、パソコン用のメールやGmailなどの送受信ができる一般的なEメールがあります。次の表は、どのサービスをどのアプリで利用するかをまとめたものです。参考にしてください。

スポンサーリンク

SMS

CW_151103_02

SMS はショートメッセージやショートメールと呼ばれていた非常に古いサービスです。相手の電話番号あてに送ることができることが大きな特徴です。いわゆるメールアドレスなどを知らなくても、電話番号がわかれば、テキストでメールが送れるわけです。吹き出しの色は緑です。

ただ、70文字までの文字のみが利用でき、件名をつけることも出来ませんし、写真、ファイル、デコメなどは送ることができません。

送り先が同一のキャリアであれば無料です。他のキャリアの場合パケット定額契約に関係なく料金がかかります。1回の送信で3円を少し超える程度ですが、正確な料金は各キャリアに確認してください。また、このサービスは、携帯ネットワークを利用するので、3G をオフにすると利用できませんので注意してください。

MMS

MMSは、その宛先が、「@docomo.ne.jp」、「@softbank.ne.jp」、「@ezweb.ne.jp」などのいわゆる携帯メールとなります。吹き出しの色は緑です。件名以外にも、写メやファイルなどの添付が可能です。

ソフトバンクとau では、3Gをオンにして、モバイル通信を有効にしていないと利用できません。つまりwi-fiだけでは利用できないということです。ドコモと [メール] アプリを利用するau では、wi-fiでも利用できます。

SMS よりは、送れる情報量と情報の種類が多いので、より便利に利用できますが、相手の携帯メールアドレスがわかっていないと利用できないサービスです。

iMessage

CW_151103_03

iMessage は先に書きましたが、アップルの提供するサービスです。iPhone, iPad, iPod touch どうしならば無料で送受信できるMMS に似ているメッセージサービスです。

iMessage の利用には、[設定]→[iMessage] で、iMessageがオンになっている必要があるので念のために確認してください。
iMessageがオンになっていれば、相手が上記のiPhone などの対応デバイスである場合は、優先的にiMessageが利用されます。ただし何らかの理由でうまく送信できなかった場合は、自動的にMMS などで送信されます。iMessage の場合、吹き出しは青です。

CW_151103_04

相手が送ったメッセージを閲覧した時には、「開封済み」と表示されます。また、アンドロイド宛には送れませんので注意してください。

難しく考えないで利用しましょう

mms/sms/iMessageの違いについて説明をしましたが、難しく考えてしまうと使いにくくなってしまいます。相手の携帯アドレスがわかっている場合には、MMS を利用することを優先して、携帯アドレスがわからない時には、SMS を利用する、というぐらいの認識が良いと思います。相手がiPhone, iPad, iPod miniなどの場合は自動的にiMessage を優先的に利用しようとしますので意識する必要はないと思います。

なお、各画面を見ていただければわかるように、sms/mms の場合もiMessage の場合もそれぞれ利用するサービス名が画面の上部とテキストを入力するボックスに表示されていますので、利用しているサービスで迷うことはありません。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

book

そのままでは使いづらい?ブックマーク機能を便利にするアプリ3選

iPhone、Androidの …

Facebookでのご購読が便利です