Home / iPhone / iPhoneの「AirPlayミラーリング」を徹底解説

iPhoneの「AirPlayミラーリング」を徹底解説

Pocket

b161fa97fca94fb0be399d100d1e0905_s

iPhoneの「AirPlayミラーリング」をご存知ですか。AirPlay機能を使ってミラーリングすれば、簡単にiPhoneの画面を多くの人と共有したり、大画面に表示することができます。趣味や遊び、仕事など、さまざまな場面・用途で使えるiPhoneの便利な機能の1つです。

ここでは、iPhoneのAirPlayミラーリングの内容や、接続手段とメリット・デメリット、他のデバイスへミラーリングする方法などについて紹介します。iPhoneの画面をテレビやパソコンに映し出したいと考えていたり、そういった場面がある方は参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.AirPlayミラーリングとは

8931c385e2eba4f5e97a88d853dd63dd_s

iPhoneにはいろいろな機能が搭載されており、なかには「目立たない機能だけで使うと便利なもの」も多くあります。その中の1つがAirPlayミラーリングではないでしょうか。AirPlayミラーリングの使い方や目的によっては、さまざまな作業をより効率的に行うことができます。iPhoneのAirPlayミラーリングの具体的な内容を確認していきましょう。

1.ミラーリングとはどういうものか

AirPlayミラーリングとは、iPhoneで表示している画面や音声を対応している端末に、wi-fiなどを介して表示することです。iPhoneで表示している画面をテレビに映したりできるため、大画面で確認したり、他の人と共有する時などに便利な機能です。

2.転送できるもの

テレビやMac、Windows、カーナビなどにミラーリングによってiPhoneの画面を転送することが可能です。写真や検索サイト、グラフやデータ、SNS、YouTube、動画などを一緒に試聴できるため非常に便利です。

2.接続手段とメリット・デメリット

iPhoneをミラーリングする方法は、「wi-fi経由」と「ケーブル接続」の大きく2つです。他にもiPhoneの画面録画ソフトなどを使いミラーリングする方法がありますが、多くの人が利用している方法は設定が簡単なwi-fiとケーブルと考えられます。ここでは、それぞれの方法のメリット・デメリットについて確認していきましょう。

1.wi-fi経由

iPhoneをミラーリングする場合の最も代表的な方法がwi-fi経由による転送です。wi-fi経由であれば、ミラーリングするデバイスと多少離れていても映し出すことができます。AppleTVを使ってテレビにiPhoneの画面を映し出し、離れたソファやテーブルから写真や地図、サイトなどを見る時にも便利です。ただし、wi-fiの接続が不安定になると映し出す動画なども試聴しづらくなります。また、iPhoneのバッテリーの減りも比較的早いです。

2.ケーブル接続

iPhone用HDMI変換アダプタやHDMIケーブルなどを使って、iPhoneと対応デバイスを直接繋ぎミラーリングする方法もあります。ケーブルで直接接続できるため設定が簡単ですし、安定したミラーリングが可能です。ただし、ケーブル接続の場合は該当デバイスの近くに居続ける必要がありますし、HDMIケーブルなど備品を揃えなければなりません。

3.テレビにミラーリングする

AirPlayを使えば、iPhoneの画面をテレビの大画面に簡単に映し出せます。ただし、テレビとiPhoneだけでミラーリングできませんので、下記内容と手順をしっかりと確認しましょう。

1.テレビにミラーリングする手順

iPhoneの画面をAirPlayでテレビにミラーリングするにはAppleTVが必要です。AppleTVはAppleStoreで購入することができ、32GBが15800円(税別)、64GBが20800円(税別)です。※ともに2017年8月現在の価格  AppleTVがあれば、iPhoneの写真やSNS、ゲーム、地図などの画面をテレビ画面に簡単にミラーリングできます。

  1. ①iPhoneをAppleTVと同じwi-fiネットワークに接続します
  2. ②iPhoneを画面下から上へスワイプしてコントロールセンターを表示します
  3. ③表示されたコントロールセンターの「AirPlayミラーリング」を選択します
  4. ④「AppleTV」ボタンが表示されますので選択します
  5. ⑤これによりAppleTVのスイッチが入り、テレビ画面にiPhoneの画面が表示されます

iPhoneの縦画面だとやや小さく感じますが、横画面にするとテレビ画面一杯に表示されます(対応サイト・アプリのみ)。テレビやAppleTVのスイッチを入れていなくても、iPhoneでAirPlayミラーリングを行えば自動でスイッチが入ります。iPhoneのミラーリングを終えるには、ミラーリング設定同様、コントロールセンターを表示してAirPlayミラーリングを終了させます。

4.WindowsやMacにミラーリングする

AirPlayを使えば、テレビだけでなくWindowsやMacなどのパソコンにもミラーリングできます。テレビの時にはAppleTVが必要でしたが、WindowsやMacに映し出す時にはAppleTVは要りません。その代わり専用アプリが必要になります。

1.WindowsやMacにミラーリングする手順

WindowsやMacにミラーリングする際は「Reflector」アプリが必要です。

  1. ①WindowsやMacなどのiPhoneをミラーリングしたいパソコンに「Reflector」アプリをインストールします
  2. ②インストール後、パソコン上で起動し、アクセスを許可します
  3. ③iPhoneでコントロールセンターを表示してAirPlayミラーリングをオン設定にしパソコンを選択します

これにより、iPhoneの画面がWindowsやMacなどの該当パソコンにミラーリングできます。アプリのインストールがないとできませんので忘れないようにしましょう。

5.カーナビにミラーリングする

CarPlayなどもありますが、iPhoneをカーナビにミラーリングすることで、動画や写真などさまざまな楽しみ方ができます。

1.カーナビにミラーリングする手順

カーナビにもよりますが、ここではiPhoneをカーナビにケーブル接続してミラーリングする手順を確認していきましょう。

  1. ①iPhoneをHDMI変換アダプタに接続します
  2. ②HDMI変換アダプタとHDMIケーブルを接続します
  3. ③HDMIケーブルを変換コンバータへ接続して、変換コンバータからカーナビへ接続します

また、ケーブルなど有線で接続するのではなく、無線で接続したい場合は「インターフェースアダプター」を使いましょう。コストはかかりますが、これにより社内でも無線でiPhoneをカーナビへミラーリングすることが可能です。

まとめ

AirPlay機能を使えば、簡単にiPhoneの画面をテレビやパソコン、カーナビなどにミラーリングすることができます。ミラーリングにより、多くの人とデータや写真、動画などを共有しやすくなり、iPhoneでしか見れない動画などをテレビの大画面で楽しむこともできます。

慣れると簡単に操作できるようになり、さまざまな用途で使えるようになります。ただし、テレビの際はAppleTV、パソコンの際は専用アプリ、カーナビの際はケーブルやインターフェースアダプターが必要ですので、忘れないようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です