iPhoneでメール送信ができない場合の原因と解決方法

LINEで送る
Pocket

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

今回は、iPhoneでメール送信ができない場合の原因と解決方法について紹介いたします。

多くのコミュニケーションツールがメッセージ系アプリになりましたが、目上の人にメールを送る際は仕事関係でのメールは未だにMMSなどを多用する機会があります。

しかし、送信しようとしても送れなくなることなどがあり、とても困ってしまう場面があります。

今回は、MMSなどメールが送れない場合の対処方法を紹介していますので、まだ経験がない人も今後起こった際に迅速に対応できるよう、把握はしておきましょう。ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneでメール送信ができない場合の原因と解決方法

iPhone2

メール送信ができない考えられる原因

iPhoneからメールが送信できないときに考えられる原因としては、ネット環境に原因があるか、相手側に原因があるか、メールサーバなどに原因があるか、iPhoneの調子がおこしいかの何れかのことが多いです。

iPhoneがインターネットに接続できるかを確認

まずiPhoneがモバイルデータ通信やWi-Fiネットワークに接続されているかを確認しましょう。インターネットが接続されていなければメールの送信をすることはできません。

必ずiPhoneのアンテナが立っているか、また、他のアプリなどは動作するかを確認します。Wi-Fiがオンになっている場合でもWi-Fiネットワーク自体が弱いとなかなか送信ができません。

1度Wi-Fiをオフして送信をしてみましょう。Wi-Fiのオン/オフの設定は、ホーム画面で画面の下から上へスワイプをしてコントロールセンターを表示し、Wi-Fiマークをタップしてオフにします。

Wi-Fiをオフにしている時はモバイルデータ通信をオンにしておきましょう。

同様にモバイルデータ通信もオンの時にネットワーク自体が弱い可能性がありますので、モバイルデータ通信をオフにしWi-Fiをオンにして再度、送信を試みてみましょう。

MMSがオン設定になっていない

iPhoneのMMSメッセージ設定がオンになっていない場合は、メールを送ることができません。設定されているか確認するためには、iPhoneのホーム画面から設定を開き、メッセージを選択します。

そして、MMSメッセージがオンになっているかを確認します。併せて、MMSメッセージのアドレスが入っているかも確認しましょう。

同じ画面のMMSメールアドレスの欄に送信メールのアドレスと同じ表記が書かれているかを確認します。もし、異なるメールアドレスが入力されている場合や、空欄になっている場合は、正しいメールアドレスを入力してください。

機内モードのオン/オフを確認する

機内モードがオンになっている場合は、どれだけメールを送信しようとしても送ることができません。ホーム画面で下から上でスワイプしコントロールセンターを表示し、機内モードがオフになっているかを確認しましょう。

他社のMMS宛に送っていないかを確認する

auからSoftBank、SoftBankからauにはMMSが送れないなど制限があります。送信先のキャリアを確認してみましょう。また、キャリア毎に1日に送れるメール件数に制限があります。

500件以上を超えるような場合は、送信料制限がかかっている可能性があります。

未送信のメールがないか確認する

メールが送信できなかった場合、未送信になって未送信ボックスに入っている場合があります。未送信メールがないか確認し、入っている場合はもう1度送ってみます。

未送信メールを確認する方法は、メールアプリを開き、左上のメールボックスを選択します。そして下にスクロールしていってアカウントを表示します。該当するアカウントを選択し、送信をタップします。

ここで送信という表示がない場合は全てメールは送信済みということになります。未送信メールの場合は、この送信の中にあり、もう1度該当メールをタップし入力した宛先などが正しいか確認します。

そのうえで、もう1度送信を試みてみましょう。

添付しているデータを外してみる

メールに何かデータを添付している場合は、添付データの容量が重すぎて送信できない可能性があります。データを添付している場合は、1度添付を外して送信してみましょう。

それで送信できるようであれば、添付データが重すぎるのが原因です。そして、重すぎる場合は、容量を圧縮するなどして、送るようにしましょう。

メールアカウントが正しいか確認する

メールアプリでメールアカウントのパスワードの入力画面が表示されたら、正しくパスワードを入力していきます。プロバイダにサインインし、普段使っているアドレスとパスワードが正しいか確認します。

メールアカウントを設定する際は、アカウント情報が自動的に使われますので、メールサーバ設定の確認ページで設定内容を確認します。メールアカウントの設定を確認するには、次の手順をおこないます。

まず、設定を開き、メール/連絡先/カレンダーを選択し、メールアカウントをタップします。次に、アカウントの横のメールアドレスをタップして、アカウント情報を確認します。

そして、メールサーバ設定の確認ページでメールアカウントの推奨設定を確認し、iPhoneの画面に表示される情報と同じことを確かめましょう。

もし、POP3メールアカウントを使っているア場合は、1度に1台のデバイスでだけメールをチェックすることができます。他のメールプログラムを閉じて、開いているWebメールサイトからサインアウトしてください。

使っているメールがPOP3アカウントかどうかを確認したい場合には、設定を開き、メール/連絡先/カレンダーの順に選択し、アカウントをタップして、POPアカウントというラベルを探します。

メールサーバ設定の確認ページでPOP3メールアカウントの推奨メール設定を確認することもできます。

iPhoneを再起動する

iPhone内部のシステムの作動が上手くいかずメールが送れていない可能性があります。1度iPhoneのスリープボタンとホームボタンを長押しして再起動してみましょう。

再起動することで、正常に動き始めメールが送信できるようになる可能性があります。

メールアカウントを削除して設定し直す

メールアカウントをデバイスから削除してから追加し直すことで状況が改善される場合があります。方法としては、コンピュータでメールプロバイダのWebサイトにサインインして、メールがすべて保管されていることを確認しましょう。

もしくは、別のデバイスやクラウドなどに保管されているかを確認しましょう。保管されていない場合は、メールアカウントを削除することにより、それまでのメールが消える可能性があります。

次に、iPhoneの設定を開き、メール/連絡先/カレンダーの順にタップします。そして、削除したいメールアカウントをタップします。アカウントを削除を選択して削除し、再度、アカウントを追加し直します。

まとめ

今回、iPhoneでメール送信ができない場合の原因と解決方法について紹介いたしました。メールが送信できなくなった場合は、アカウント削除は最後に、その他の方法はいろいろと試してみるようにしましょう。

ちょっとしたことで改善され送信できるようになるものです。しっかりと把握、対応できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です