Home / Apple / iPhone / iPhoneでメール送信ができない場合の原因と解決方法

iPhoneでメール送信ができない場合の原因と解決方法

Pocket

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

今回は、iPhoneでメール送信ができない場合の原因と解決方法について紹介いたします。

多くのコミュニケーションツールがメッセージ系アプリになりましたが、目上の人にメールを送る際は仕事関係でのメールは未だにMMSなどを多用する機会があります。

しかし、送信しようとしても送れなくなることなどがあり、とても困ってしまう場面があります。

今回は、MMSなどメールが送れない場合の対処方法を紹介していますので、まだ経験がない人も今後起こった際に迅速に対応できるよう、把握はしておきましょう。ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneでメール送信ができない場合の原因と解決方法

iPhone2

メール送信ができない考えられる原因

iPhoneからメールが送信できないときに考えられる原因としては、ネット環境に原因があるか、相手側に原因があるか、メールサーバなどに原因があるか、iPhoneの調子がおこしいかの何れかのことが多いです。

iPhoneがインターネットに接続できるかを確認

まずiPhoneがモバイルデータ通信やWi-Fiネットワークに接続されているかを確認しましょう。インターネットが接続されていなければメールの送信をすることはできません。

必ずiPhoneのアンテナが立っているか、また、他のアプリなどは動作するかを確認します。Wi-Fiがオンになっている場合でもWi-Fiネットワーク自体が弱いとなかなか送信ができません。

1度Wi-Fiをオフして送信をしてみましょう。Wi-Fiのオン/オフの設定は、ホーム画面で画面の下から上へスワイプをしてコントロールセンターを表示し、Wi-Fiマークをタップしてオフにします。

Wi-Fiをオフにしている時はモバイルデータ通信をオンにしておきましょう。

同様にモバイルデータ通信もオンの時にネットワーク自体が弱い可能性がありますので、モバイルデータ通信をオフにしWi-Fiをオンにして再度、送信を試みてみましょう。

MMSがオン設定になっていない

iPhoneのMMSメッセージ設定がオンになっていない場合は、メールを送ることができません。設定されているか確認するためには、iPhoneのホーム画面から設定を開き、メッセージを選択します。

そして、MMSメッセージがオンになっているかを確認します。併せて、MMSメッセージのアドレスが入っているかも確認しましょう。

同じ画面のMMSメールアドレスの欄に送信メールのアドレスと同じ表記が書かれているかを確認します。もし、異なるメールアドレスが入力されている場合や、空欄になっている場合は、正しいメールアドレスを入力してください。

機内モードのオン/オフを確認する

機内モードがオンになっている場合は、どれだけメールを送信しようとしても送ることができません。ホーム画面で下から上でスワイプしコントロールセンターを表示し、機内モードがオフになっているかを確認しましょう。

他社のMMS宛に送っていないかを確認する

auからSoftBank、SoftBankからauにはMMSが送れないなど制限があります。送信先のキャリアを確認してみましょう。また、キャリア毎に1日に送れるメール件数に制限があります。

500件以上を超えるような場合は、送信料制限がかかっている可能性があります。

未送信のメールがないか確認する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_white

新品の速さ?アプリのキャッシュを削除してサクサク動かす6つの方法

アプリを使用していたらだんだん …

Facebookでのご購読が便利です