iPhoneの「ヘルスケア」でiPhoneを万歩計代わりにする方法

LINEで送る
Pocket

iPhone2

今回は、iPhoneの「ヘルスケア」でiPhoneを万歩計代わりにする方法について紹介いたします。

年々、健康ブームは広がっており、ランニングやウォーキングをする人が増えています。それに伴い、自身の健康管理を行う人も多くなっています。

iPhoneには健康関連の情報を集約・測定・確認できるヘルスケアアプリが搭載されています。

これにより、あらゆる健康データを測定・確認することができ、自分自身の健康情報をiPhoneから毎日見ることができます。

今回は、万歩計代わりにする方法以外に、ヘルスケアアプリの使い方についても説明しています。今まで使っていなかった人、使い方が分からなかった人は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

ヘルスケアアプリの万歩計代わりの使い方

iPhoneには、デフォルトでヘルスケアアプリが入っています。ヘルスケアアプリは健康関連の測定や確認ができる非常に便利なアプリです。

そのヘルスケアアプリに歩数を測定・確認する内容があります。そのため、iPhoneを万歩計として使うことができ、その設定方法は次の通りです。

まず、ホーム画面からヘルスケアアプリを開きます。そして、下部の左から2番目にある【健康データ】をタップします。そして次の画面で【フィットネス】を選択します。

【フィットネス】の画面に進んだら、【歩数】を選択します。そして【歩数】の画面が表示されたら、【ダッシュボードに表示】をオンに切り替えます。

オンに切り替え後、下部の1番左にある【ダッシュボード】をタップします。そうするとダッシュボードに【歩数】画面が表示されます。

あとは、iPhoneを持ち歩いている間は、内蔵された加速度センサーやジャイロスコープ、GPSなどで測定されます。

iPhoneを持ち歩いていない際は、測定がされませんので注意が必要です。

他のヘルスケアアクセサリ(iWatchなど)と連携している場合は、それらのアクセサリを身に付けていれば問題なく測定されます。

過去の希望の時間帯の歩数の確認方法

測定された特定の日時の歩数を確認することができます。これにより、過去のデータを見直したりチェックしたりすることができるようになります。

過去測定した日時の歩数の確認方法は次の通りです。ホーム画面からヘルスケアアプリを開きます。フィットネスを選択し、【歩数】の画面まで進めます。

そして、【歩数】画面の上から4段目の【データを共有】を選択します。【データを共有】画面の【データソース】のリストの中から、歩数が記録されているデバイスを選択します。

すると次の画面に、歩数を測った日付が一覧となって表示されます。その中から、希望の日付をタップします。

すると、その日に計測した時間帯別の歩数一覧が表示されます。これにより、特定の日の時間帯別の歩数を知ることができます。

他のヘルス系情報を追加する

歩数以外にも、上がった階数やサイクリングの測定、体重、血糖値などの情報も測定、確認できるようにすることができます。

方法は、ヘルスケアアプリを開き、【ヘルスケアデータ】をタップします。この画面にて、情報の追加や編集、確認などを行うことができます。また、ダッシュボードのカスタマイズを行うこともできます。

「上がった階数」をダッシュボードに追加する場合は、ヘルスケアデータを開き、フィットネスを選択します。そして、【上がった階数】を選択し、【ダッシュボードに表示】をオンにします。 

「体重」を追加する場合は、ヘルスケアデータを開き、【身体測定値】を選択し、【体重】を選択します。そして【データポイントを追加】を選択し、体重を入力します。

「血糖量の測定値」を追加する場合は、ヘルスケアデータを選択し、【検査結果】を選択し、【血糖値】をタップします。次に【データポイントを追加】をタップします。

「サイクリングの測定単位」を追加する場合は、ヘルスケアデータを開き、【フィットネス】を選択します。次に、【自転車の走行距離】を選び、【単位】を選択します。

これでサイクリングの測定単位をマイルかキロメートルから選択することができます。

それぞれ、ダッシュボードで情報を確認することができます。ダッシュボードでは、【日】【週】月】【年】などの表示方法で確認したり変更した内容を確認することができます。

他のヘルス系アプリを連携させる

iPhoneのヘルスケアアプリに他のヘルス系アプリを連携させることもできます。連携の方法は、ヘルスケアアプリを開きます。そして【ソース】を選択します。

次に、使いたいヘルス系アプリを選択します。もし、他のヘルス系アプリが表示されない場合は、そのアプリを開いて共有設定などを行います。

ランニング、トレーニング、睡眠など、いくつもの連携可能アプリがあり、より分析の幅、使い勝手が広がります。

フィットネスアクセサリの設定方法

iPhone以外のフィットネスアクセサリを連携設定することもできます。方法は、ヘルスケアアプリを開きます。

次に【ソース】を選択します。そして、他のフィットネスアクセサリが表示されますので、設定したいフィットネスアクセサリを選択します。

もし、フィットネスアクセサリが表示されない場合は、BluetoothでiPhoneに接続設定ができていない可能性があります。

これにより、iWatchやヘルス系バンドなどのアクセサリにて測定・確認することができるようになります。

緊急時に備えてメディカルIDを設定する

緊急時に備えて、誰が見ても分かる自分自身の健康情報としてiPhoneにメディカルIDを設定しておくことができます。

緊急時の連絡先、生年月日、身長、体重、血液型など、必要情報を登録でき、さらに追加して登録しておきたい情報などあれば、追加入力することができます。

【ロック中に表示】をオンにすると、ロック画面からでもメディカルIDにアクセスできるようになります。

これにより、非常時の時にも自分自身の健康情報を医療関係・救助関係の人に確認してもらうことができます。

緊急電話・メディカルIDの確認

メディカルIDを設定している場合は、緊急時にiPhoneで医療情報を確認することや、緊急電話をかけることができます。

メディカルIDの表示方法は、ヘルスケアアプリを開き、【メディカルID】を選択します。

もし、iPhoneがロックされている場合は、iPhoneのスリープ状態を解除したうえで、【緊急】をタップします。すると、緊急電話画面に移行します。

緊急電話画面では、警察、消防、海上保安庁に連絡することができます。また、メディカルIDをタップすれば、メディカルIDに設定している緊急時の医療情報を確認することができます。

まとめ

今回、iPhoneの「ヘルスケア」でiPhoneを万歩計代わりにする方法と、ヘルスケアアプリの使い方について紹介いたしました。

ヘルスケアアプリは何気に非常に便利な仕上がりになっています。万歩計代わりにすることで日々の運動情報を確認することもできます。

また、メディカルID情報など緊急時にとても必要なことも情報入力しておくことができます。

デフォルトアプリなので、逆に使っている人は少ないかもしれませんが、他のアプリと連携させたり、他のアクセサリと連携させることで、さらに便利に使うことができます。

毎日持ち歩くiPhoneで自分自身の全健康情報を管理でき、これほど便利なことはありません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です