iPhoneのMACアドレスの確認方法

LINEで送る
Pocket

大学や職場、公衆無線LANサービスなどでMACアドレスの入力を求められたことはありませんか? 普段から仕事かなにかでネットワーク管理などに携わっている方以外はMACアドレスと言われてもよくわからないかと思います。

今回は、MACアドレスについての説明と、iPhoneでMACアドレスを確認する方法を解説します。

スポンサーリンク

MACアドレスとは

MACアドレスは、Media Access Control addressの略で、LANカードなど、通信機器のハードウェアに世界でその機器だけに割り当てられる(一部例外あり)固有のアドレスで、言い換えれば通信機器端末におけるマイナンバーのような存在です。変更できないことはありませんが、ハードウェアに割り当てられているため、接続の度に意識せずとも変更されるIPアドレスと違い容易には変更できません。

このような特性から、ネットワーク上で端末を個別に識別し、ネットワーク内の管理を容易にするために使われます。Wi-Fiネットワーク利用時にMACアドレスの入力を求められるのはこのためです。

ルーターやパソコンなどを始め、iPhoneも通信機器であるためMACアドレスが割り当てられています。

MACアドレスの安全性

固有の番号と言われれば、安易に知られてはいけないと思われるかもしれません。しかし、MACアドレス自体は知られても、第三者に攻撃されることはないので、特に問題はありません。さらに前述の通り、完全に固有というわけでもなく、変更方法も無いわけではありません。絶対に知られてはいけない、というものではないので、一般的な公衆無線LANサービスなどでMACアドレスの入力を行っても大丈夫です。

ただし、インターネット上で公開するなど、意味もなくMACアドレスを不特定多数に公開するのは止めておきましょう。

iPhoneのMACアドレスの確認方法

1

1. ホーム画面の「設定」アイコンをタップ。

2

2. 「一般」をタップ。

3

3. 一番上にある「情報」をタップ。

4

4. 「Wi-Fiアドレス」にある、英数字の組み合わせがMACアドレスです。

危険性は少なくても、できるだけ他人には教えない

MACアドレスが知られることによる危険性はほとんどありませんが、MACアドレスと同時にネットワーク内部に侵入され、機器情報などが知られていると、危険性はゼロではありません。

また、Wi-Fi接続時にMACアドレスが記録されている可能性もあり、その場合にはマーケティング会社などが利用できる情報源ともなりうるので、MACアドレスを入力するのは、職場や契約している無線LANサービスなど、信頼できるWi-Fiネットワークなどに留めておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です