Home / iPhone / iPhoneのライト機能が使えない3つの原因と対処法5選

iPhoneのライト機能が使えない3つの原因と対処法5選

Pocket

iphoneximgl6311_tp_v

あらゆるシーンで活躍してくれる、iPhoneに搭載されているライト機能。暗所を照らすことはもちろん、隙間に落ちてしまった小物を探すときや万が一の災害時にも重宝するiPhoneの機能の一つです。普段から当たり前のように使っているライト機能ですが、突然使えなくなってしまうこともあります。

そこで今回は、iPhoneのライト機能が突然使えなくなってしまった時の対処方法や、またその原因について解説していきます。

スポンサーリンク

iPhoneの懐中電灯が使えなくなる3つの原因

iphoneximgl6549_tp_v
ではまず、iPhoneのライトが使えなくってしまう原因から見ていきましょう。原因については、考えられる代表的な原因を3つに絞って解説していきます。

1.懐中電灯アプリのバグ

初めに考えられる原因は、懐中電灯アプリのバグです。つまり、アプリ側になんらかの不具合が生じたことが考えられます。これは、複数のアプリを同時起動している時や、何か処理の重たいアプリを起動している時、現在使用しているiOSに対応していないといったことが原因となります。

こういった場合は、一度アプリをアンインストールし、再度インストールしてみると解決することが多いです。それでも解決しない場合は、iPhoneの再起動や初期化、他の懐中電灯アプリをインストールしてみましょう。

2.懐中電灯を起動するためのシステムのバグ

続いて考えられる原因は、ライト機能を起動させるためのシステムが何らかの不具合を起こしてしまっているという原因です。こちらもアプリ同様にソフトウェアが原因で起こってしまうことですが、この場合アプリではなくiOSやiPhone側にバグが生じてしまっています。

こういった場合はiPhoneの再起動を行ってみたり、インストールされているiOSのバージョンを確認し古いものであれば最新のものにアップデートを行ってみましょう。

3.懐中電灯のライトが切れている

最後に考えられる原因は、iPhone本体に搭載されているライトそのものが切れてしまっているという、ハードウェアの原因です。この場合は、ライトユニットが物理的に故障しているため、AppleやiPhone修理業者にiPhoneの修理依頼を出す以外に解決方法がありません。

こういったことは、長時間ライトを付けっ放しにしてしまったた時によく発生する故障です。ライトの消し忘れで意図せずに長時間の連続点灯をしてしまうこともあるので、ライトの消し忘れには気を付けましょう。

iPhoneの懐中電灯が使えない時の対処法5選

pasonaz160306340i9a1862_tp_v
続いて、iPhoneの懐中電灯が使えない時の代表的な対処方法を5つご紹介します。もしiPhoneのライト機能が使えなくなってしまった時、是非参考にしてみて下さい。

1.iPhoneを強制再起動する

まずご紹介する方法は、iPhoneを強制再起動するという解決法です。この段階に行くまでに、通常の再起動を行いましょう。それでも症状が改善されない場合は、iPhoneを強制的に再起動しましょう。強制再起動によってデータが初期化されてしまうことはないので、ご安心下さい。

強制再起動の方法はiPhoneにバージョンによって異なっていて

  • iPhone6s/Plus/SE以前のiPhoneでは電源ボタンとホームボタンを同時長押し
  • iPhone7/Plusでは、電源ボタンと音量ボタン(−)の同時長押し
  • iPhone8では電源ボタンと音量ボタン(−、+)の同時長押し
  • iPhoneXでは電源ボタンと音量ボタン(−、+)を画面にスライダが表示されるまで同時長押し

となっています。いずれの場合も、電源が切れたら少しだけ時間をおいて再度電源ボタンを長押しし、iPhone本体を起動して下さい。

2.iOSを最新のバージョンに更新する

続いてご紹介する方法は、iOのにバージョンアップを行い、最新のiOSにするといった方法です。既にリリースされている最新のiOSではない場合、やはりソフトウェアの不具合が発生しやすいです。

そのためご使用中のiOSが最新のものでない場合、設定からソフトウェアアップデートを行いましょう。

3.Appleサポートに問い合わせする

続いて、Appleの公式サポートに問い合わせを行うという方法です。ここでAppleに問い合わせることで、より専門的なアドバイスを受けることが出来ます。問い合わせは、

  • オンライン状態でAppleの担当者とチャット形式で問題を解決していく方法
  • Appleからすぐに電話を受け会話をしながら解決していく方法
  • 指定した日時にAppleから電話を受ける方法

という3つの方法があります。Apple公式ページを開くと詳しく「どんな内容でのお問い合わせなのか」を選びピンポイントでサポートを受けることが出来るため、話も非常にスムーズです。

4.端末をAppleストアへ修理に出す

また、iPhone本体のライトが切れてしまうというハードウェア的なことが原因でライト機能が使えなくなってしまった場合、iPhoneを修理に出す必要があります。修理に出す際は、AppleStoreに直接持ち込みを行うか、Apple公式ページやお電話からお申し込みを行い、配送修理を行う方法の2種類の方法があります。

iPhoneSEまでの修理代金は

  • iPhoneX/60,800円
  • iPhone8Plus/43,800円
  • iPhone8、iPhone7Plus/38,800円
  • iPhone7/35,800円
  • iPhone6sPlus、iPhone6Plus/36,800円
  • iPhone6s、iPhone6/33,800円
  • iPhoneSE/30,800円

となっています。なおAppleCare+に加入している場合、上記のどのiPhoneであっても11,800円で修理を行うことが出来ます。

5.iPhoneを初期化する

修理前に、最後の希望となる解決方法が、iPhoneの初期化です。iPhoneの初期化を行うことで、あらゆるシステム上の不具合をリセットすることが出来ます。それと同時に、iPhone本体に保存されているデータやインストールしているアプリが消えてしまうため、必ずバックアップを行った上で初期化を試してみましょう。

初期化をする方法は、

  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「設定」の中にある「一般」を開く
  3. 「一般」の中にある「リセット」を選択
  4. 「リセット」画面から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択
  5. パスコードを入力し、「iPhoneを消去」を選択
  6. AppleIDを入力し、「消去」を選択

以上の方法で、iPhoneの初期化を行うことが出来ます。初期化をしてもライト機能が復帰しない場合は、Appleにお問い合わせをし修理に出す必要があります。

まとめ

pasona_2_tp_v
日頃、便利で何気なく使っているiPhoneのライト機能ですが、今回ご紹介した原因により急に使えなくなってしまうことがあります。

iPhone本体のライトそのものが物理的に壊れてしまっているというハードウェア的な故障であれば修理に出すしか方法はありませんが、ソフトウェア的な原因であれば自力で解決する方法があります。

現在使用しているiOSのバージョンを最新のものにしたり、使用している懐中電灯アプリの再インストールを行ったり、他の懐中電灯アプリをインストールしたりと、ご自分で試せる解決方法を試してみましょう。

どうしても解決しない場合にはAppleへのお問い合わせや修理依頼を行う必要があります。どの解決方法を行うにしても、iPhoneのバックアップを行ってから試みたほうが良いです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

iphoneximgl6220_tp_v

手帳はもう不要!iPhoneのカレンダーアプリの選び方とおすすめアプリ3選

スケジュールを記録する時、皆さ …

Facebookでのご購読が便利です