iPhoneの壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合の対処方法

LINEで送る
Pocket

iPhone

今回、iPhoneの壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合の対処方法について紹介いたします。iOS7以降、写真画像などを壁紙設定しようとすると微妙に大きさが合わないことがあります。

せっかくのお気に入りの画像も、サイズがあってない表示だと不格好でせっかくの画像が台無しです。壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合はどのようにしたらいいのでしょうか?実は簡単な方法でサイズ調整することができます。

サイズが合わない場合のサイズ調整の対処方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合の対処方法

サイズがうまく調整できないときの対処方法をいくつか紹介します。

視差効果を減らすことで画像サイズを調整する方法

iPhoneは、iOS7のバージョン以降、傾きと連動して背景が動く視差効果により、待受に設定した画像サイズが大きくなってしまいます。ここでは、その視差効果を無くすことにより、待受画像サイズが変更しないようする方法について紹介します。

視差効果を減らす設定方法については、ホーム画面で【設定】アイコンを開き、【一般】を選択します。次に、【アクセシビリティ】を選択し、【視差効果を減らす】をONにします。これにより、iPhoneの傾きに連動して背景が動くこともなくなります。

また、アクセシビリティの視差効果を減らすことにより、バッテリー消費を抑えることにも繋がります。これにより、待受設定時に画像サイズが変わることを防ぎます。

視差効果を減らすことで簡単に画像サイズ調整を行うことができます。

写真を編集することにより画像サイズを調整する方法

iPhoneにある標準の写真アプリを使って画像サイズを合わせることができます。方法は次の通りです。まず、待受にしたい写真画像を開きます。次に、右上に表示している編集をタップします。

すると背景が黒色になり、下部に編集マークが表示されます。1番左のマークをタップすることで、写真の向きを変更することができます。写真の向きが決まったら、左にあるトリミングマークをタップし、画面のアスペクト比が表示されますので、使っているiPhoneにあったアスペクト比を選択します。

iPhoneの機種により画面のアスペクト比は異なります。参考までに、iPhone6Plusは16:9、iPhone6は16:8.99などです。アスペクト比を選ぶと、次にプレビュー画像が表示されます。

問題ないようであれば、右下のチェックマークをタップすると、写真画像がトリミングされ、使っているiPhoneの待受画像にピッタリな画像サイズのものになります。標準アプリを使ってできるので、特別なアプリのダウンロードなども必要ありません。

iPhoneにある標準アプリは使い慣れると大変便利で、簡単にリサイズを行うことや画像加工できます。

スクリーンショットを撮ることで画像サイズを調整する方法

待受に使いたい画像が決まったら、その画像をスクリーンショットで撮影することがで画像サイズを合わせることができるようになります。ただし、ただスクリーンショットを撮るわけではなく、待受に使い画像をタップすると、画像背景が黒色になります。

この状態でスクリーンショットを撮ることにより、スクリーンショットで撮った画像を待受に設定すると、画像サイズはすぐにピッタリになります。スクリーンショットを撮りたい場合は、iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時に押すことで、撮ることができます。

くれぐれも人が多いところでスクリーンショットを撮ることは避けましょう。シャッター音が響き渡ります。

写真や画像アプリを使って画像サイズを合わせる方法

「写真壁紙アプリ」
36万ダウンロードを突破している写真壁紙アプリは、カメラで撮影した画像をそのまま壁紙サイズに加工することができます。画像、機種、視差効果、背景と順番に選ぶだけで、希望機種のサイズに加工してくれます。

背景は黒、白、グレーチェック、ブルーチェック、コルク模様から選択することができます。時間をかけずにサイズ調整が可能です。

「壁紙ぴったんアプリ」
壁紙ぴったんアプリは、希望の画像を待受用にリサイズしてくれるアプリです。ダウンロードした画像や写真を画面に合うように、自動で拡大・縮小してくれ、敢えてリサイズせずに余白を残す設定も可能です。

iPhoneの場合は、視差効果を考慮したリサイズもできるようになっています。画像配置の目安になるホーム画面、ロック画面のガイド表示もできたり、リサイズでは、画像の横を合わせるか、縦を合わせるか、リサイズしないかを指定できます。

リサイズ以外の加工機能も満載な壁紙変更アプリです。

「FitWallpアプリ」
写真や画像を好きな位置、大きさ、角度で置いてiPhone用の壁紙画像を作成することができるFitWallpアプリは、スムーズにカメラロールと連携し、画像サイズはピンチとドラッグで簡単に調整することができ、すぐに保存し、待受画像に使うことができます。

機能はサイズ変更のみなので、シンプルで分かりやすく、実用性に富んだアプリになります。動作が軽く使いやすいアプリです。

おすすめ壁紙専用アプリ

ここでは、iPhoneの雰囲気を一気に変えることができる壁紙専用アプリを紹介します。

CocoPPaアプリ

全世界で4000万ダウンロードされているアイコン着せ替えアプリCocoPPa。120万点以上のデザインから楽しく着せ替えすることができます。リラックマ、ハローキティ、マイメロディ、スヌーピー、ふなっしーなどの人気キャラクターも登場します。

ホーム画面を着せ替えする専用アプリの中でトップクラスの人気を誇ります。可愛らしくキャッチーな壁紙などにしたい祭にオススメです。

Themifyアプリ

壁紙がロック画面とホーム画面用に対になっていて、1度に2枚の壁紙をダウンロードすることができます。iPhone画面に最適化されており、様々なテーマとカテゴリがあります。

100以上のすぐに使えるテーマも含まれおり、簡単に希望の画像をインストールすることができます。ライブフォトも使え、3Dタッチで壁紙が動いたりします。

星空や犬、花などのイラストやカレンダー付きの壁紙などもありますので、素早くカレンダーを確認することもできます。

きせかえジャンプアプリ

少年ジャンプ公式のホーム画面着せ替えアプリです。ワンピース、ナルト、ハイキュー、銀魂など、ジャンプの好きな作品を壁紙にすることができます。人気作品の壁紙に合わせてアプリアイコンも統一したデザインに変更することもできます。

ジャンプ好きにはたまらない着せ替えアプリです。キャラクター色が強いですので、場所によっては避けたほうが良いかもしれません。

まとめ

今回、iPhoneの壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合の対処方法について紹介いたしました。視差効果の調整やスクリーンショット、アプリによる加工など、簡単に調整することができます。自分のやりやすい方法で調整するようにしましょう。

また、壁紙に関するアプリも豊富に出ており、ライブフォトなどに対応しているものも多いです。これで、もうサイズの微妙さに悩まされることもありません。自分のお気に入りの画像や思い出の画像を壁紙に設定し、いつでも見れるようにしましょう。

また、毎日の気分に合わせて壁紙やアイコンなど、自分専用のオリジナルのiPhoneとして、どんどんカスタマイズしていきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です