Home / iPhone / iPhoneの壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合の対処方法

iPhoneの壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合の対処方法

Pocket

今回、iPhoneの壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合の対処方法について紹介いたします。iOS7以降、写真画像などを壁紙設定しようとすると微妙に大きさが合わないことがあります。

せっかくのお気に入りの画像も、サイズがあってない表示だと不格好でせっかくの画像が台無しです。壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合はどのようにしたらいいのでしょうか?実は簡単な方法でサイズ調整することができます。

サイズが合わない場合のサイズ調整の対処方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

壁紙設定でサイズがうまく調整できない場合の対処方法

サイズがうまく調整できないときの対処方法をいくつか紹介します。

視差効果を減らすことで画像サイズを調整する方法

iPhoneは、iOS7のバージョン以降、傾きと連動して背景が動く視差効果により、待受に設定した画像サイズが大きくなってしまいます。ここでは、その視差効果を無くすことにより、待受画像サイズが変更しないようする方法について紹介します。

視差効果を減らす設定方法については、ホーム画面で【設定】アイコンを開き、【一般】を選択します。次に、【アクセシビリティ】を選択し、【視差効果を減らす】をONにします。これにより、iPhoneの傾きに連動して背景が動くこともなくなります。

また、アクセシビリティの視差効果を減らすことにより、バッテリー消費を抑えることにも繋がります。これにより、待受設定時に画像サイズが変わることを防ぎます。

視差効果を減らすことで簡単に画像サイズ調整を行うことができます。

写真を編集することにより画像サイズを調整する方法

iPhoneにある標準の写真アプリを使って画像サイズを合わせることができます。方法は次の通りです。まず、待受にしたい写真画像を開きます。次に、右上に表示している編集をタップします。

すると背景が黒色になり、下部に編集マークが表示されます。1番左のマークをタップすることで、写真の向きを変更することができます。写真の向きが決まったら、左にあるトリミングマークをタップし、画面のアスペクト比が表示されますので、使っているiPhoneにあったアスペクト比を選択します。

iPhoneの機種により画面のアスペクト比は異なります。参考までに、iPhone6Plusは16:9、iPhone6は16:8.99などです。アスペクト比を選ぶと、次にプレビュー画像が表示されます。

問題ないようであれば、右下のチェックマークをタップすると、写真画像がトリミングされ、使っているiPhoneの待受画像にピッタリな画像サイズのものになります。標準アプリを使ってできるので、特別なアプリのダウンロードなども必要ありません。

iPhoneにある標準アプリは使い慣れると大変便利で、簡単にリサイズを行うことや画像加工できます。

スクリーンショットを撮ることで画像サイズを調整する方法

1 2

スポンサーリンク

Check Also

あなたは無料?AppleのiPhoneバッテリー交換サービスとは

「最近、iPhoneのバッテリ …

Facebookでのご購読が便利です