iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneやiPadのApp Store、MacでのMac App Storeでアプリや音楽、映画を購入する際に使用するのがiTunesアカウントです。簡単に言えばApp StoreやiTunes Store用のIDです。このiTunesアカウントはApple IDを利用して作成されるので、ほぼ同一の存在と考えても問題はありません。

最初にApple IDを作成してから、同一のIDを使ってiTunes StoreなどにサインインすればiTunesアカウントを作成することができます。今回はApple IDの作成方法、注意点を記載します。

スポンサーリンク

Apple ID作成の前の注意点

Apple IDを作成する前に、いくつかの注意点があります。Apple IDはiPhoneやiPad、Macなどのアプリや音楽、映画の購入はもちろん、Apple Online Storeでの購入、iCloudでのバックアップなどに使用する重要なIDです。IDやパスワードを忘れたり、乗っ取られたり、後々トラブルに巻き込まれないために、作成前に確認しておきましょう。

キャリアやプロバイダのメールアドレスをIDに使わない

2

Apple IDはメールアドレスがIDになります。そのため、メールアドレスが使用できなくなった場合、サインインはできますが、パスワードを忘れた際や、Apple IDに関する重要な作業を行う場合にはメールアドレスが受信できる必要があります。

そのため、キャリア、プロバイダの変更や、アドレスの変更などによって、変化しやすいキャリアメールアドレス、プロバイダのメールアドレスなどはおすすめできません。

有料のメールアドレスも気軽に契約を変更しにくくなるなどのデメリットがあるので、一番のおすすめはGmailなどのフリーメールアドレスを使用することです。フリーメールアドレスもサービス終了というリスクがありますが、Gmailなどの大手ならば、まず他の方法よりもアドレスを長く維持できるでしょう。

パスワードを簡単なものにしない

3

これはApple IDに限った話ではありませんが、前述のとおりApple IDは多種多様なサービスがこれ一つで利用でき、非常に便利です。しかし逆に考えれば、Apple IDが乗っ取られた場合は大きなデメリットにもなります。

特にクレジットカードを登録していた場合、Apple Online Storeなどならば、セキュリティコードを入力しない限り購入はできませんが、iTunes StoreやApp Storeなどのデジタルコンテンツの購入などの場合はパスワードさえ入力すれば購入できてしまうので、非常に危険です。

Apple IDのパスワードはこれらのトラブルを防ぐために、パスワード作成の際、「合計8文字以上」「大文字小文字の英字を各1つ以上」「数字を1つ以上」の条件があります。これだけでも安全なパスワードを作成することができますが、より強固なパスワードにしたい場合は以下のポイントを抑えておきましょう。

数字と英字を交互に混ぜる。(0a1b2cなど)
記号を含める。
簡単な単語を使用しない。
名前や誕生日、メールアドレスなど個人情報に関連した数字、文字は使用しない。
連続する数字やキーボードで簡単に入力できる文字列(キーボードのaから右、zから右など)は使わない。
定期的にパスワードを変更する。

Apple IDを作成

注意点を踏まえたうえで、Apple IDを作成しましょう。Apple IDの作成には基本的にクレジットカードが必要ですが、クレジットカードなしで作成する方法もありますので、そちらも記載しておきます。

ウェブブラウザから作成する方法

4

Apple ID を管理

Apple公式サイトのApple IDのページへ進み、「Apple IDを作成」をクリック。各項目を入力して作成します。

iTunesから作成する方法

5

iTunes – Apple(日本)

・iTunesをダウンロードして、インストールします。
・左上のメニューバーから、「iTunes Store」→「Apple IDを作成」へと進み、各項目を入力します。
・クレジットカード、請求先の情報を入力します。
・メールアドレス確認のメールが届いた後、メールアドレスの確認作業が済めば完了です。

iPhone、iPad、iPod touchなどのiOS端末から作成する方法

6
クレジットカードなしでiTunesアカウントを作成する方法

iTunesアカウントを作成する場合、クレジットカード情報の入力が必須となります。こちらから課金しない場合、勝手に請求がくることもありませんし、後から削除することもできますが、クレジットカード情報を入力することに抵抗がある方も多いかと思います。

以下の方法からならば、クレジットカード情報を入力せずに作成することができます。

App Store、iTunes Store、iBook Storeのいずれかを開き、無料のアプリ、曲、ビデオ、本のいずれかを選択し、「入手」をタップし、もう一度タップします。

Apple IDのサインインを求められるので、「Apple IDを新規作成」をタップ。

そのまま進み、請求先情報を入力する画面になったら、Visa、Amex、MasterCardなどのクレジットカードの種類を選択する欄にある、「なし」をタップ。以降は各項目を入力し、メールアドレスの確認作業を行い作成完了となります。

iTunesアカウントとApple ID

7

Apple ID を管理

iTunesアカウントはApp Store、iTunes Storeで使用するIDで、Apple IDはiCloudアカウントなどで使用するIDです。この2つのIDを別々で使用した場合、少し複雑になります。iTunesアカウントはApple IDから作成されるので、実質的には2つのApple IDが存在することになるからです。

iTunesアカウントの購入したアプリなどは各端末で共有したいが、iCloudの無料の5GBの容量を端末ごとに使いたい場合などでは別々に管理するメリットもあります。ただし、前述のとおり管理するIDやパスワードが増え、煩雑になってしまう上に、Apple IDとiTunesアカウントは同一のメールアドレス、IDで作成できないため、現時点では後から別々の複数のApple IDを統合することはできません。

ファミリー共有

8

iCloud – ファミリー共有 – Apple(日本)

Apple IDにはファミリー共有という機能があります。これは最大6人までそれぞれ家族のiTunes Storeで購入した音楽や映画、App Storeで購入したアプリ、iBooks Storeで購入した本を共有して各デバイスで利用できるようになる機能です。

Apple IDを同一にする必要なく、家族はそれぞれのApple IDを持ち、アプリなどを共有できるので、FaceTimeやiMessageなどが一緒になることもありません。

ファミリー共有を設定すれば、家族がアプリや音楽などの有料コンテンツを購入しようとすると、支払いは管理者のアカウントに請求され、このとき、購入の承認を求める設定にしているメンバーに対しては購入を拒否することもできます。子供が勝手に有料アプリや課金などをしてしまうことを防ぐことができるので、設定することをおすすめします。

設定方法は非常に簡単で、「設定」をタップ。「iCloud」をタップし、「家族」「家族の追加」から行えます。本人確認なども必要ありません。

Apple IDは重要。しっかりと管理を

9

iPhoneやiPad、Macはもちろん、iTunes Storeなどを利用する上で必ず必要になるApple ID。これだけでアプリや音楽、映画に本、さらにはバックアップや写真共有、電話帳やメールアドレス、そしてiPhoneやiPad、Macなどのハードウェアの購入と多岐に渡り利用できます。

ユーザーはApple IDだけでApple全てのサービスが利用できるので非常に利便性に優れていますが、裏を返せばそれだけ紐付いている個人情報が多いということです。

ユーザーの個人情報はもちろん、電話帳の情報なども取得できてしまう可能性があるので、パスワードを忘れず、漏洩しないように、自分の頭の中に留めておくことや紙のメモなどに記入して厳重に保管し、管理しておくことが重要です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です