Home / iPhone / 知っておくと便利!iPhoneとiPadを同期させる2つの方法

知っておくと便利!iPhoneとiPadを同期させる2つの方法

Pocket

c477e9378e87d7573837cf4765c8d964_s

iPhoneとiPadを同期させる方法は「iTunes」と「iCloud」の2つあります。それぞれで同期方法が異なるため、自分の利用する方法については覚えておきましょう。

iTunesライブラリを使う

iTunesを使って、iPhoneやiPadを同期することもできます。iTunesでの同期の場合は、普段iTunesを利用しているパソコンが近くにあることが条件です。

  1. iPhone(またはiPad)をパソコンにUSBケーブルで接続をします
  2. iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」と表示された場合は「信頼」をタップします
  3. パソコンのiTunes画面にiPhone(iPad)のアイコンが表示されますのでクリックします
  4. 同期したい項目を選択して「適用」をクリックします

これにより、iTunesを使ったiPhone(iPad)の同期が完了をします。音楽や絵、Podcast、着信音、連絡先やカレンダーなど、さまざまなデータの同期ができます。普段からiTunesを利用している人はこの同期方法を覚えておきましょう。

iCloudを使う

iCloudを使ってiPhoneとiPadを同期することもできます。iTunesでの同期と違い、パソコンの近くにいなくてもいいため、外出先でも同期が可能です。iCloudで同期する方法は下記のとおりです。

尚、iCloudで同期をする場合は、Wi-Fiに接続しておく必要があります。

  1. ホーム画面で「設定」を開きます
  2. メニュー上部の「自分の名前」を選択します。尚、AppleIDにサインインしていない場合は「iPhone(iPad)にサインイン」を選択し、AppleIDとパスワードを入力してサインインします
  3. 「iCloud」を選択します
  4. 「iCloudを使用しているAPP」で同期したい項目をオンにします。たとえは、写真や動画を同期したい場合は「写真」をオンにしたり、メールを同期したい場合は「メール」をオンにします。同期させたくない項目に関してはオフ設定にしておきましょう

上記方法により、iPhoneとiPadの同期ができます。オン設定にした項目のみ同期され、どちらのデバイスからも同じデータにアクセスしたり使用することが可能になります。

普段iTunesを使わない方、パソコンを持っていない方などはiCloudによる同期方法を覚えておきましょう。

3.iCloudを使うとできる2つの便利な機能

iCloudでの同期は場所を選ばずに同期ができるという手軽さだけでなく、アプリ等のデータ同期もできるなど非常に便利なものとなっています。特に、iPhone・iPadのそれぞれのデバイスを使い分けたい方には便利でメリットのある機能です。

アプリを同期して使える

iPhoneとiPadをiCloudで同期する場合は、写真やメール、連絡先などだけでなくアプリの同期も可能です。同期できるため、iPhoneで購入したアプリ、もしくはiPadで購入したアプリを両方で使うことができます。

パソコンが近くになくても大丈夫ですし、Wi-Fiがあれば外出先でも同期できるため便利です。特に有料アプリの場合に便利な方法です。

アプリでの作業を引き継げる

アプリが同期できることで、アプリでの作業を引き継ぐこともできます。

1つのデバイスだけでの対応だと利用できない場合に困ってしまいますが、iPhone・iPadの両方のデバイスから同じアプリデータを使用できることで、いつどこからでも常に最新のデータで作業・操作することができます。

まとめ

iPhoneとiPadの2種類のデバイスを使っている場合は、同期をして両方から最新のデータにアクセスできるようにしましょう。同期はiTunesとiCloudの2つの方法があり、どちらも簡単に実行できます。

同期するデータ・同期しないデータなどを使い分け、より便利にiPhone・iPadを使っていきましょう。早速、同期をしてみてください!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ワンタッチで完了!iPhoneで指紋認証設定する際のコツ6つ

iPhoneの指紋認証(Tou …

Facebookでのご購読が便利です