Home / Apple / iPhone / 知っておくと便利!iPhoneとiPadを同期させる2つの方法

知っておくと便利!iPhoneとiPadを同期させる2つの方法

Pocket

cdaf5126faabcc2f3da4ab3da90c897e_s

iPhoneとiPadを持っている人は「同期」して使っていますか?同期をすることで、両方のデバイスでデータの共有ができるため、作業効率を高めることができます。

iPhoneは個人で使って、iPadは家族で使っているというような場合も同期するデータは選択できるため、すべてのデータを共有しないでも使えます。

ここでは、iPhoneとiPadの同期方法や同期するメリットなどについて解説しています。特に、最近になってiPhoneやiPadを使い始めた方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.同期する前に

cdf9a11e41adb3c6c2366cb6291da4d3_s

iPhoneとiPadを同期する前に、バックアップとの違いやAppleID、同期するメリットなど、基本的情報について確認をしていきましょう。

バックアップと同期は違う

「バックアップ」と「同期」という言葉があり、同じことを指しているようにも見えますが、実は内容が異なります。バックアップ・同期のそれぞれの内容・違いについて確認していきましょう。

バックアップ

バックアップとは、iPhoneやiPadのデータをパソコンなどの別のデバイスやクラウドに保存をすることです。

iPhoneやiPadに保存されているデータをそのまま別の場所に保管するため、万一、iPhoneやiPadのデータが失われたり、内容が変わったとしても保管先のバックアップデータが変わることはありません。

iPhone・iPadの場合は、iCloudやiTunesを使ってバックアップすることができます。

同期

同期とは、デバイス同士のデータを同じにすることです。たとえば、iPhoneとiPadを同期すれば、iPhoneに保存されていた写真や動画、連絡先やメールなどのデータがiPadにも保存され見れるようになります。

イメージとしては「上書き保存」です。同期についてもiCloudやiTunesを使って実行することができます。

Apple IDが必要

iPhoneやiPadを同期するときはAppleIDが必要になります。「AppleIDを忘れてしまった」「そもそもAppleIDを使ったかわからない」という人は、通常はメールアドレスがAppleIDのためメールアドレスでサインインを試しましょう。

それでもわからない場合は、「AppleIDアカウント管理ページ」にアクセスして、「AppleIDまたはパスワードをお忘れですか?」をクリックし、確認してみてください。自分のAppleIDは何なのか常に管理をしておきましょう。

そもそもメリットは?

iPhoneとiPadを同期することで、デバイス間の編集が可能になります。たとえば、iPhoneで使っていたメモやカレンダーなど、さまざまなデータをiPadでも引き継ぐことができます。

そのため、iPadで変更を加えたデータをiPhoneでも確認・編集できるなど、どちらのデバイスからもいつでも最新データを確認・編集ができ、作業効率を高めることができます。デバイスの使い分けもできますし、どちらのデバイスからもバックアップが取れるようになるなど非常に便利な使い方ができます。

iPhone・iPadのどちらのデバイスを持っていても同じデータへアクセスや使用ができるので「せっかくデータ更新したのに、古いままだ。。」ということはありません。

2.iPhoneとiPadを同期させる2つの方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です