iPhoneでインターネットの利用に障害が出た時の解決方法

LINEで送る
Pocket

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

今回は、iPhoneでインターネットの利用に障害が出た時の解決方法について紹介していきます。iPhoneを使っていると急にインターネットがうまく利用できなくなることなどがあったりします。

ネット速度が遅くなるだけであればまだしも、まったくネットが利用できない・動かない場合などがあり、大変困ってしまいます。

今回は、そんな場面に遭遇した際におこなう解決方法を紹介していますので、ぜひ、ご覧になってください。

スポンサーリンク

インターネットの利用に障害が出た時の解決方法

バックグラウンドで動作しているアプリを終了させる

20981bbb14a81aae253d012d9b0634ef_s

iPhoneのインターネット状況がよくない場合に、バックグラウンドで動作している各アプリを完全に終了させることで、インターネットへの接続状況が改善される場合があります。

これは、アプリによってはバックグラウンドで動いていることでインターネットへの接続へ影響を与えるものがあったりするからです。

可能性は高くはありませんが、バックグラウンドのアプリを完全に削除することによって、インターネット利用が元に戻る場合があります。

バックグラウンドのアプリを完全終了させるためには、ホームボタンを2回連続押すとバックグラウンドで動作しているアプリが表示されます。各アプリ画面を上へスワイプしていけばすべてのアプリを完全終了させることができます。

Safariの履歴を削除する

アプリ同様、Safariの履歴が溜まっていることにより、iPhoneのインターネット利用に影響を与えている場合があります。

Safariの履歴を全部削除することにより、インターネット状況が改善されることがあります。Safariの履歴を削除する方法は、ホーム画面でSafariアイコンを開き、画面右下の□マークをタップします。

すると、Safariで開いたページ履歴が表示されます。これらの履歴を削除するには、各画面の左上にある☓マークをタップしていくか、画面を左にスワイプしていくとSafari履歴を削除することができます。

モバイルデータ通信のON・OFFを切り替えてみる

iPhoneのモバイルデータ通信のON・OFFを切り替えることにより、インターネット利用状況が改善される可能性があります。

iPhoneはモバイルデータ通信でもWi-Fiの場合でも、うまくネットが繋がらない場合があり、パケ詰まりのようになってしまいます。1度モバイルデータ通信を切り替えることですぐに元の状態に戻ることがあります。

モバイルデータ通信の切り替え方法は、設定アイコンを開き、モバイルデータ通信を選択します。そして、一番上のモバイルデータ通信をOFFにして、時間をおいてONに戻してみましょう。

iPhoneのWi-FiのON・OFFを切り替えてみる

iPhoneのWi-Fi設定を切り替えることでインターネット状況が改善されることがあります。

Wi-Fiネットワークを使っている場合はOFFに、モバイルデータ通信を使っている場合はONに切り替えましょう。

Wi-Fi設定の切り替え方法は、ホーム画面で下から上でスワイプし、コントロールセンターを表示させます。

そして、左から2番目のWi-Fiマークをタップすると切り替え設定ができます。または、設定アイコンを開き、Wi-Fiを選択すると、次の画面でON・OFFの切り替えをおこなえます。

機内モードのON・OFFを切り替えてみる

モバイルデータ通信やWi-Fiと同じように、機内モードのON・OFF設定を切り替えてみることで、インターネットが通常通り使えるようになることがあります。

機内モードの設定の仕方は、ホーム画面でコントロールセンターを表示し、一番左にある飛行機マークをタップします。それによりON・OFFの設定を切り替えることができます。

Wi-Fiのネットワーク設定で削除をしてみる

Wi-Fiのネットワークを削除し、もう1度、繋ぎ直すことにより、インターネットが通常通り利用できるようになることがあります。Wi-Fiのネットワーク設定を削除する方法は、設定アイコンを開きWi-Fiを選択します。

次に、接続予定のWi-Fiアドレスの右側のiマークをタップします。次の画面で「このネットワーク設定を削除」とありますので、選択をし、進めます。すると、IPアドレスやサブネットマスク、ルーター、DNSなどの各項目が空欄となります。

空欄を確認したうえで、再度、接続したWi-Fiを選択します。すると、Wi-Fiネットワークへの接続に必要なパスワード入力画面になりますので、パスワードを入力し、画面右上の接続をタップします。

これで、Wi-Fiのネットワークの削除と繋ぎ直しが完了しましたので、状況が改善される可能性があります。

iPhoneを再起動してみる

iPhoneのシステム上の何らかの原因があってインターネット利用が難しい場合は、iPhoneを再起動させることで、通常通りインターネットが利用できるようになることがあります。

iPhoneを再起動させる場合は、スリープボタンを長押しします。そして、画面表示部分をスライドさせると電源がOFFになります。

少し時間をおいて再度スリープボタンを長押しすることにより電源が入ります。これで再起動完了です。再起動が完了したら、インターネットが正常に利用できるか確認してみましょう。

iPhoneを初期化してみる

iPhone内に何らかの理由があってインターネットがうまく利用できない場合は、iPhoneを初期化することにより、状況が改善される場合があります。

しかし、iPhoneを初期化してしまうと、iPhone内のデータなどもすべて削除されてしまいますので、必ず事前にバックアップをとっておく必要があります。iPhoneを初期化する場合は、設定アイコンを開き、一般を選択します。そして、一番下にあるリセットを選択します。

そして、「すべての設定をリセット」を選択し、パスコードを入力して進めればiPhoneを初期化することができます。これにより、工場出荷時の状態に戻ってしまいますが、インターネット利用が通常通りできるようになることがあります。

修理へ持って行く

Wi-Fiネットワークやモバイルデータなど発信元に通信障害が起きてないことを確認したうえで、上記の各方法を試していっても状況が改善されない場合は、AppleStoreなどに修理に持って行くようにしましょう。

まずは、AppleStoreに持って行く前に、Appleのカスタマーセンターへ連絡をするようにしましょう。

電話で対応策や修理で直る可能性などすべての疑問にも答えてくれます。いきなりAppleStoreに持って行っても対応できない場合がありますので、必ず事前に電話をしてください。

まとめ

今回は、iPhoneでインターネットの利用に障害が出た時の解決方法について紹介いたしました。各方法とも簡単におこなうことができますので、ネットの利用が急にできなくなったときや、ネットが遅いときなどに試してみましょう。

多くの場合は、これらの解決方法により、状況が改善されます。どうしても改善されない場合のときは、迷わずAppleStoreへ連絡をしてみましょう。

ネットが使えないとSNSもメールも検索も何もできなくなってしまいます。ぜひ、各解決方法を把握し対応できるようにしておきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です