iPhone使用時にインターネットが遅い・繋がらない時の対処方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneを使用しているとインターネットへの接続が遅くなったり、全く繋がらなくなってしまったりすることがあります。iPhone本体やインターネット機器などが故障している場合はどうしようもありませんが、そうでない場合はそれらの設定を見直すことで速度が戻ったり、繋がるようになるかもしれません。

そこで今回はiPhoneを使っている時にインターネットの速度が遅くなったり、繋がらなくなってしまった際の対処法について説明します。

スポンサーリンク

iPhoneがインターネットに繋がらない時の対処法

まずはiPhoneがインターネットに繋がらない時の対処法を説明します。応急処置的なことばかりですが、ほとんどの場合はこちらに記載したことを試すだけで直ることが多いです。

1.Wi-FiのONとOFFを切り替える

Wi-Fiを使ってインターネットに接続しようとしている場合は一度Wi-FiのON/OFFを切り替えて再接続してみましょう。なんらかの原因でWi-Fiにうまく接続できていなかった場合は再接続することでうまくつながる可能性があります。

Wi-FiのONとOFFを切り替えるには画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを呼び出して、Wi-Fiのマークをタップしましょう。

2.機内モードをONにしてOFFにする

Wi-FiのONとOFFを切り替えてもつながらない場合は機内モードをONにしたあとOFFにしましょう。機内モードをONにするとすべての電波のやりとりが遮断され、OFFにすると再接続されるので、繋がるようになるかもしれません。

機内モードのONとOFFの切り替えはさきほどのWi-FiのONとOFFを切り替える方法と同じです。コントロールセンターを呼び出し、一番左の機内モードのアイコンをタップします。

3.設定を開き、Wi-Fi接続の右側に「i」マークを押し設定を削除する

iPhoneは一度Wi-Fiに接続するとそのWi-Fiへの接続設定が残ってしまいます。不要なWi-Fi設定を消すことで、インターネットの接続が遅かったりつながらなかったりするのが解決することがあります。

インターネットの設定を消すには「設定」->「Wi-Fi」と進みます。Wi-Fiの一覧が表示されるので、削除したいWi-Fiの右側にある「!」マークをタップします。

Wi-Fiの詳細画面になるので「このネットワーク設定を削除」をタップします。これで、Wi-Fiの設定を削除することができます。

4.ルーターとモデムのコンセントを抜き再起動する

Wi-Fiの接続速度が遅い時は、元となるルーターやモデムに不具合が生じている可能性があります。その場合はルーターやモデムも再起動してみるのがいいでしょう。

ルーターやモデムを再起動する方法はコンセントを抜くだけです。コンセントを抜いてルーターやモデムの電源が落ちたら、10分ほどそのまま置いておきます。そのあと、再びコンセントを差し込んでルーターやモデムの電源をつけてください。ルーターとモデムが再起動され、多くの場合はこれでインターネットへの接続が改善されます。

iPhoneのインターネットが遅い原因

インターネットが遅いのには、いくつかの原因があります。原因がわかれば、対策も取りやすくなります。ここではその原因を紹介します。

周囲に利用者が多い

LTEや3Gなど、携帯電話会社のネットワークを使ってインターネットに接続する場合、周囲に利用者が多いとインターネットの速度が遅くなってしまうことがあります。携帯の電波も無限に使えるわけではありませんので、当然利用者が増えると速度が遅くなってしまいます。

通勤通学の時間や昼休み、イベントなどが行われている時など人が多い時間帯は通信速度が落ちやすい傾向にあります。

通信が障害発生中

利用者が多くなったり、回線業者の設備にトラブルなどがあると通信障害が発生する恐れがあります。通信障害が発生している場合、こちらで出来ることはありませんので通信障害が収まるまで待ちましょう。

データ通信制限がかかった

一緒にいる家族や友達のインターネットが問題ないのに自分だけが遅い場合は、データ通信制限にかかっている可能性があります。一般的に日本の携帯電話のデータ通信契約では月に利用できるパケットの量が決まっています。大手キャリアの場合は7GBであることが多いです。

この決められたパケット以上のデータ量を使ってしまった場合は、その月の間はインターネットへの接続速度に制限がかけれられてしまいます。通信制限がかかった場合は月が替わってパケットが再度振り分けられるのを待つしかありません。

Wi-Fiに接続すればパケットを節約でき、データ通信制限がかけられることを防ぐことができます。大きなファイルのダウンロードや動画の視聴など、パケットを大きく消費するような場合はなるべくWi-Fiに接続して行うようにしましょう。

iPhoneが重くなっている

データ通信制限にかかっていない場合に考えられるのは、インターネット接続というよりiPhone本体の動作が重くなっていることです。iPhone本体の動作が遅くなると、インターネット接続を行うアプリの動作が重くなってしまうので、結果的にインターネットへの接続も遅くなってエしまいます。

iPhone本体の動作が遅くなる原因としては以下の2つが考えられます。

アプリを立ち上げすぎ

iPhoneではバックグラウンド処理を利用することで複数のアプリを同時に立ち上げることができます。しかし、あまりにもたくさんのアプリを同時に立ち上げるとiPhoneに不可がかかり、動作が遅くなってしまいます。

アプリの同期などが始まっている

アプリの同期が始まると、iPhoneの動作が遅くなってしまうことが多いです。電波状況が悪いときに同期が始まるとさらに電波状況が悪くなり、同期も遅くなってしまいます。アプリの同期は電波の状況が良い時か、Wi-Fiなどの高速インターネットに接続している時に行うようにしましょう。

iPhoneが重い時の改善方法

1.Safariの履歴とキャッシュを削除

iPhoneに標準でインストールされいるブラウザ「Safari」は使っているとだんだんと履歴やキャッシュが溜まっていきます。履歴やキャッシュが溜まってしまうとSafariはもちろん、iPhone自体の動作も重くなってしまいます。定期的に削除するようにしましょう。

Safariの履歴とキャッシュの削除をするには「設定」->「Safari」の順に進み、「履歴とWebサイトデータを消去」で削除することができます。

2.Wi-Fiの自動検索をオフにする

iPhoneには自動でWi-Fiに接続機能がありますが、この機能がオンになっていると接続できるWi-Fiを常に探し続けるため、iPhoneに不可がかかります。自動検索はオフにしましょう。

Wi-Fiの自動検索は「設定」->「Wi-Fi」から「接続を確認」をタップしてオフにできます。

3.キー入力クリック音をオフにする

iPhoneでは標準だとキー入力をクリックする度に音が鳴ります。このままだとキーを入力する度に本体に不可がかかることになるので、オフにしましょう。

キー入力のクリック音は「設定」->「サウンド」から「キーボードのクリック」をタップすることでオフにできます。

4.変換学習をリセットする

iPhoneの変換学習は過去に入力したデータから次の変換を予測してくれる便利な機能です。しかし、ずっとiPhoneを使っていると変換学習のためのデータがどんどん溜まっていき、iPhoneの文字入力が重くなってラグが生じるようになります。そのままにしておくとやがてiPhoneの動作も重くなるので、こまめにリセットするようにしましょう。

変換学習は「設定」->「一般」->「リセット」の「キーボードの変換学習をリセット」をタップすることでリセットできます。

5.App Geniusをオフにする

App Geniusとは、iPhoneにダウンロードされているアプリからそのユーザーに合ったおすすめのアプリを自動的に探してくれる機能です。便利な機能ですが必要ない場合はオフにしましょう。

App Geniusは「設定」->「iTunes Store/App Store」->「Apple ID表示」から「App Geniusをオフ」をタップすることでオフにできます。

6.Spotlight検索をオフにする目

Spotlight検索はiPhoneの中の連絡先やアプリを検索できる便利な機能です。ところが、この機能がオンになっているとiPhoneの動作が重くなりますし、バッテリー消費も激しくなってしまいます。必要ない場合はこちらの機能もオフにしておきましょう。

Spotlight検索は「設定」->「一般」->「Spotlight検索」からチェックをはずしておきましょう。

7.バックグラウンドアプリの停止

iPhoneのアプリはバックグラウンドで閉じている間も動作します。バックグラウンド動作のおかげで使用していない間に自動でデータをダウンロードしてくれるなど便利な面もありますが、アプリが常に動いていることになるので本体への負荷が大きくなります。

バックグラウンド処理をするアプリは必要最低限にし、それ以外のアプリのバックグラウンド処理は停止するようにしましょう。

バックグラウンドアプリは「設定」->「一般」の「Appのバックグラウンド更新」からオフにできます。バックグラウンド停止はアプリごとに停止するかどうか決めることができますし、すべてのアプリのバックグラウンド処理を一括で停止することもできます。

8.再起動する

iPhoneの動作が重い時はiPhone本体を再起動するのも有効な手の1つです。電源ボタンを長押しして電源を切り、再度ボタンを長押しして本体を再起動させましょう。

なお、電源ボタンとスリープボタンを同時長押しすることで強制的に再起動することができますがこちらはフリーズなどどうしてもiPhoneが動かなくなった場合のみ使うようにしましょう。

iPhoneのテザリング(インターネット共有)の種類

iPhoneのテザリングとは?

iPhoneのテザリングとはiPhoneをアクセスポイントとして、PCや他のスマートフォンをインターネットに接続することです。テザリングには3種類の方法があり、やり方によってはiPhoneの動作が遅くなったりインターネットの速度が遅くなることがあるので、それぞれの特徴をしっかりとつかむようにしましょう。

1.Wi-Fiテザリング

Wi-FiテザリングはWi-FiでiPhoneに接続する方法です。テザリングをオンにしていると、他の機器のWi-Fiの接続先にiPhoneが表示されるので、Wi-Fi経由でiPhoneに接続し、インターネットにつなぎます。

2.Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングは複数のデバイスを短距離の無線で接続するBluetooth機能を使ってiPhoneと接続する方法です。Bluetoothに対応したPCやスマートフォンのペアリング先にiPhoneが表示され、Bluetooth接続でiPhoneに接続し、インターネットにつなぎます。

3.USBテザリング

USBテザリングはテザリングをオンにしたiPhoneをUSBケーブルで接続してインターネットと接続する方法です。USBケーブルが必要になりますが速度が最も早く安定する方法です。

まとめ

ここまで、iPhone使用時にインターネットが遅かったり、繋がらなかったりした場合の対処方法と主な原因について詳しく説明してきました。

せっかく性能がいいiPhoneを使っているのにインターネットへの接続が遅かったり、そもそもつながらなかったらもったいないですね。こうした問題は多くの場合iPhone本体の設定を見直したり、ルーターやモデムを再起動することで改善されることが多いです。

iPhoneからインターネットへの接続が遅かったり、そもそも繋がらなかったりしたときは慌てず冷静に、ここで紹介した方法を試してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です