Home / iPhone / iphoneから直接プリンターで印刷する方法!

iphoneから直接プリンターで印刷する方法!

Pocket

iPhoneでネット検索をしたり、PDF書類を閲覧したり、チケット情報やクーポン情報を閲覧する機会が多くなった分、その場でiPhoneから印刷が必要となる場面も多くなってきました。そんな時は無線機能を使って、iPhoneから直接プリンターで印刷してみましょう。

今回は、iPhoneから直接プリンターで印刷をする方法について、解説していきます。

スポンサーリンク

AirPrintを活用!

iphone8imgl7547_tp_v%ef%bc%88%ef%bc%92%ef%bc%89

それではまず、iPhoneが搭載している無線印刷機能、「AirPrint」とは一体どういった機能なのかについて見ていきましょう。「AirPrint」の基本的な使い方や、注意点にも触れて解説致します。

AirPrintとは?

AirPrintとは、Appleが手がける製品であるiPhoneを初めとし、Mac、iPad、iPod touchを使って、書類データや写真データを印刷することが出来る機能のことです。この機能を搭載していることにより、AirPrintに対応しているプリンターからであれば、簡単にプリンターの検出を行い、印刷する用紙サイズの自動選択などもしてくれます。そのため、自分自身で細かい設定を行う必要がありません。

現在では、AirPrintに対応したプリンターがかなり増えてきおり、安心してこの機能を使って印刷をすることが出来ます。

AirPrintの使い方

それでは、AirPrintの基本的な使い方を解説していきます。AirPrintを使うためには、まずAirPrint対応のプリンターを用意する必要があります。用意が出来たら、以下の手順で事前設定をしていきましょう。

①AirPrint対応のプリンターを自宅のWi-Fiに接続する。
②プリンター側のWi-Fi接続が完了したら、次はiPhoneをプリンターと同じWi-Fiに接続する。

Wi-Fiへの接続が完了したら、次は印刷の工程に移ります。

①印刷をしたい画像や書類を開く(ウェブページを印刷したい場合にも、iPhoneにプリインストールされている「Safari」を使うことによって、印刷をすることが可能です。)
②画面下部メニュー欄の真ん中にある「アクション」のアイコンをタップし、その中にある「プリント」を選択する。
⓷プリンタオプションの画面に移り変わったら、画面上部の「プリンタ」という項目を選択する。
④先程Wi-Fiに接続したプリンタが表示されるので、プリンタを選択したら、印刷する部数、印刷する範囲を選択します。

これらが完了し、あとは「プリント」という項目をタップすれば、Wi-Fiを介して無線で印刷をすることが出来ます。

AirPrintでできないことと注意点

こうした便利なAirPrintを使っても、多少、出来ないことがあります。パソコンからの印刷であれば、カラーを変更することが出来たり、印刷レイアウトを変えることが出来ますが、AirPrintを使う上では、まだそこまでは出来ないと言ったところが現状です。

また特に大事な注意点としては、やはりAirPrint対応のプリンターとiPhoneが同一のWi-Fiに接続されているかをよく確認するという点です。同じルーターを介していたとしても、「A-」や「G-」といった様に周波数帯の違いで分かれていたり、iPhoneがWi-Fiに接続されていると思っていても、より繋がりやすい方を自動的に選択している場合があるので、AirPrintを使って印刷をする際には、iPhoneやプリンターが同一のWi-Fiに接続されているかを確認することが重要です。

Wi-Fi対応、AirPrint非対応のときは?

数あるプリンターの中でも、当然、Wi-Fiには対応していても、AirPrintには対応していないプリンターも多く存在します。そういった時に、iPhoneから直接プリンターから印刷をする際には、どのようにしたら良いのでしょうか。その点について、見ていきましょう。

iPhoneアプリPrinter Pro

実はiPhoneアプリには、AirPrintの機能以外からも印刷ができる、「Printer Pro」というアプリが存在します。こちらのアプリを使うことで、AirPrintに対応していないプリンターでも、同じように同一のWi-Fiに接続することで、写真や書類、ウェブページを印刷することが出来ます。

自宅にあるプリンターがもしAirPrintに対応していなくても、プリンターを買い換える必要はありません。お使いのiPhoneに、Printer Proをインストールするだけで解決します。

有料版を使おう

こちらのPrinter Proというアプリには、実は有料版と無料版が存在します。基本的には有料版を使い、印刷することをおすすめします。無料版は本当にお試し程度の、有料版を購入する前に手持ちのプリンターで印刷ができるかどうかを確かめる程度のものと考えて下さい。

有料版のPrinter Proであれば、あらゆるデータをPDF化して保存することも可能です。さらに、iPhoneからアプリを購入後に例えばiPadを導入した時でも、自分のiPhoneと同一のApple IDを共有することで、iPadからでもPDF化したデータを印刷することも可能です。

現在有料版のPrinter Proは、800円で購入することが可能です。今後もiPhoneやApple製品を使い続けるのであれば、得られる効果は大きなものですので長い目で見ればそれほど大きな買い物ではないのではないでしょうか。有料アプリではありますが、非常にオススメできるiPhoneアプリです。

プリンターメーカー製のアプリを使う!

大手プリンターメーカーでは、メーカーがiPhoneに対応したアプリを手がけリリースしています。そこで、代表的なEpson、Cannon、BrotherがリリースしているiPhoneアプリにも触れつつ、ご紹介していきます。

使っているプリンターに合わせてアプリを選べる

大手プリンターメーカーがリリースしているiPhoneアプリでは、プリンターに合わせてアプリを自由に選ぶことが出来ます。メーカー純正のアプリをインストールすることで、Wi-Fiに対応しているプリンターであれば、それを認識して印刷することが可能です。それでは、各社見ていきましょう。

Epsonのアプリ

Epsonが手がけているiPhoneアプリは、「Epson iPrint」というアプリです。こちらのアプリはもちろん無料でインストールをすることができ、Epsonのプリンターを自動で認識します。さらに、プリンターに挿入しているSDカードにある写真等のデータを、iPhoneに送信することも可能です。

Cannonのアプリ

Cannonでは、「Cannon PRINT Inkjet/SELPHY」というアプリをリリースしています。こちらのアプリでは写真に力を入れており、AirPrintでは出来なかった写真のトリミングが出来たり、旅行の思い出でたくさん撮影した写真を最大20枚まで一度に選択して、印刷することが出来ます。もちろんPDFを初めとする文書データを印刷することも可能です。

Brotherのアプリ

BrotherがリリースしているiPhoneアプリは、「Brother iPrint&Scan」というアプリです。こちらのアプリでも、上記でご案内したような内容と同等のことが行なえます。加えてこちらのアプリでは、その使いやすさにこだわっています。アプリを開いた時に、見た目がとても直感的で分かりやすく、かつシンプルに作られていることが、大きな特徴です。

コンビニやネットプリントを活用!

最後に、自宅にプリンターが無いという方が活用できる、コンビニやネットプリントについて解説していきます。プリンターがご家庭に無くても、今は簡単にコンビニでiPhoneから印刷をすることが出来るのです。それでは、見ていきましょう。

どこでも印刷できる

コンビニから印刷ができるネットワークプリントのメリットは、何と言ってもどこでも印刷が出来るという点です。自宅にプリンターが無い、という時以外でも、出先で急に印刷が必要になることもあります。そうした時に、どこからでも印刷ができるネットワークプリントは、大きなメリットとなります。今や、コンビニの店舗数はかなりの数なので、どこでも印刷できると言って良いでしょう。

セブンイレブンのnetprint

セブンイレブンは、独自のnetprintというサービスを提供しています。このサービスを使うためには、AppStoreから「セブン−イレブンマルチコピー」というアプリをインストールして下さい。アプリは、当然無料でインストール可能です。そして、セブンイレブン内にあるプリンターにWi-Fi接続を行い、印刷を行います。

写真はもちろん、PDFファイルやその他様々な文書ファイルも印刷することが出来ます。PDFファイルを印刷する際には、通常PDFファイルにロックが掛けられているため、それを解除するアプリをインストールし、解除を行った上で、印刷を行って下さい。

ローソン・ファミマ・サンクスのネットワークプリント

全国のほとんどのコンビニで使うことが出来る、ネットワークプリントというサービスがあります。こちらに関しては、アプリを無料でインストールした後、会員登録をする必要があります。こちらの会員登録に関しても無料で行えるので、安心して下さい。

その後は、ネットワークプリントに対応しているコンビニでアプリを起動してログインを行い、印刷したい画像や文書などのファイルを選択し、登録します。そして、設置されているマルチコピーのタッチパネルからユーザー番号を入力して、先程登録したファイルを選択することで、印刷を行えます。

まとめ

iphone8imgl8492_tp_v
このように、iPhoneから直接プリンターに接続し、あらゆるデータやファイルを無線で印刷することが可能であることが、お分かりいただけたかと思います。現在、パソコンの所有率よりもiPhoneを初めとするスマートフォン所有率の方が遥かに高いです。写真撮影も、今ではiPhoneで行うことが当たり前となりました。そこで、iPhoneから直接プリンターに接続して印刷を行う方法が、次々と発展してきました。

iPhoneで撮影した写真をそのまま印刷したい場合、クーポン情報やチケット情報、ビジネス文書等を出先で印刷したい場合、そういった時には、今回解説致しましたことを参考にして頂ければ、幸いです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です