iPhoneでExcelファイルを編集閲覧する方法

LINEで送る
Pocket

Excelは仕事でもプライベートでも使用頻度の高い生活に欠かせないアプリケーションです。

主にPCからの操作をすることが多いExcelですが、これをiPhoneからも閲覧編集できるようになると、隙間時間で編集することができるようになり大変便利です。

実は、マイクロソフト社からiPhone、iPad 用のExcelがリリースされていて、AppStoreから手軽にインストールすることが可能なのです。また、さらに嬉しいことに無料版なのでインストールして通常の機能を使っている限りは費用は発生しません。

iPhoneでExcelファイルを編集閲覧するために行う作業は、

  1. Excelアプリケーションのインストール
  2. Microsoftアカウントの取得

の二つです。iPhoneでもExcelを使用できるように設定をして、効率的に作業を進めるようにしましょう。

スポンサーリンク

iPhone用Excelアプリケーションのインストール

Excelファイルを扱うためには、専用のアプリケーションが必要です。Excelアプリケーションは容量がとても大きいので、Wi-Fi環境でしかインストールすることができないので注意してください。

インストール手順は下記の通りです。

    1. AppStoreを起動します。

iPhone用ExcelアプリケーションはAppStoreからダウンロードできます。

    1. 検索欄に「Excel」と入力し、検索を開始します。
    2. Microsoft Excelを選択し、インストールを行います。
procedure1_1

これで、Excelファイルの閲覧が可能になりました。メールなどでiPhoneへExcelファイルを添付して送り実際に閲覧できるか確かめてみましょう。ファイルが正しく開くことを確認できたら次のステップへ進みましょう。

Microsoftアカウントの取得

Excelアプリケーションをインストールして、Excelファイルの閲覧が可能になりました。中央上に「読み取り専用」と表示されていますね。この状態ではファイルの閲覧はできますがまだ編集はできません。

Excelファイルを編集するにはMicrosoftアカウントを取得することが必要なのです。

procedure2_1

すでにMicrosoftアカウントをお持ちの方はこの作業は必要ありません。設定したメールアドレスとパスワードを入力して、サインインを行ってください。

    1. サインインします

右上の「サインイン」を選択します。

procedure2_2
    1. アカウントの作成を行います

中央の「アカウントの作成」を選択します。

procedure2_3
    1. アカウント用のメールアドレスとパスワードを設定します

ご使用しているメールアドレス(iPhone、パソコンどちらのメールアドレスでもOK)、パスワードを設定します。
「次へ」を選択します。

procedure2_4

    1. セキュリティコードを入力します

「3」で設定したメールアドレスへMicrosoftアカウントチームからメールが届きます。
内容にセキュリティコードの記載があります。
そのセキュリティコードを入力し「次へ」を選択します。

procedure2_5

メールが届いてない場合は「今すぐ再送信してください」を選択してください。
また、入力メールアドレスに間違いがあった場合は、「ここで修正してください」を選択してください。

「準備が完了しました」画面が表示されたら終了です。正しくMicrosoftアカウントが作成されました。

設定したメールアドレスとパスワードでサインインしてください。これでiPhoneでExcelファイルが編集閲覧できるようになりました。

Microsoft社のクラウドスペース One Drive との併用について

いつもそばにあるiPhoneでExcelファイルが使えるようになるのは思ったよりも嬉しいものですよね。 また、さらに便利なことに、先ほどご説明したMicrosoft社のアカウントにサインインすることで One Drive という自分専用のクラウドスペースが用意されています。 保存できるファイルのサイズは無料で合計15ギガバイトまで使うことができます。 このOne Driveを利用することでさらに便利にExcelファイルを活用することができます。

  1. Windowsパソコンなどに、上記で設定したMicrosoftアカウントでサインインし、Excelを起動して、One Drive上にExcelファイルを保管しておく。
  2. iPhone上でExcelを起動する。
  3. 「開く」をえらび、One Driveを選ぶと、保管されたExcelファイルを選んで開くことができる。

このように、WindowsパソコンとiPhoneのExcelとの間で同じMicrosoftアカウントを使ってサインインすることで、パソコンとiPhone上で同じExcelファイルを共有し、互いに編集をすることができます。

また、メールに添付されたExcelファイルを一旦、複製してOne Driveに保存することで、これを編集することもできます。 ぜひ、Excelに加えて、One Driveも活用することで、より便利にExcelファイルを使いこなしてください。

Excel 無料版と有料版の違い

今回インストールして使用しているのはExcelの無料版ですが、無料とはいえかなりの機能を使うことができます。計算式や書式の設定、編集、レイアウトの調整など通常使うほとんどの機能は使えるようです。

それでは無料版でできないことは一体どのような機能なのでしょうか。こちらのオフィシャルサイトの記述によれば、有料版でないと使うことができない機能は次のとおりです。

  • 自分で作った色を図形につけること
  • ワードアートの挿入と編集
  • 図形に影と反射をつけること
  • ピボットテーブルのスタイルとレイアウトを変更すること
  • グラフへの要素の追加と編集

最初の3つは図表の見栄えに関するところなので、それらは、なるべくパソコンで扱うようにすれば、無料版でも便利に使えそうですね。後の2つの、ピボットテーブルの変更や、グラフへの追加ができないのはやや痛いところですが、こういった作業をiPhone上でどうしても行いたいということであれば、有料版を検討してもよいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、iPhoneでExcelファイルを閲覧編集できるようになると、隙間時間を効率的に活用できるようになり、仕事や私生活に関わらず自由な時間を増やすことができます。

また、One Driveを併用することで、パソコンとのファイルの共有など、さらに便利にExcelファイルを使うことができるようになります。

今回ご紹介したのは、Excelですが、Microsoft社のアプリケーション御三家とも言えるWordやPowerPointも同様に、無料版を iPhone iPadにインストールして使用することが可能です。 それらの解説はまたの機会に譲りますが、これら3つを使うことで、iPhone や iPad を使って様々なクリエイティブな活動ができるようになります。

ぜひ、この機会にお試しいただければと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です