Home / Apple / iPhone / iPhoneでExcelファイルを編集閲覧する方法

iPhoneでExcelファイルを編集閲覧する方法

マイクロソフトが提供する表計算ツール「Excel」は、仕事からプライベートまで使用頻度が高く、万人におすすめするソフトです。数字に関わる作業はもちろん、高度なマクロを組めばルーチンワークの短縮に繋がるのが魅力

そんなExcelは、基本的にWindows搭載のパソコンで使用することが多い一方、iPhoneからでも編集閲覧を行えることをご存知でしょうか。

実はマイクロソフト社からiPhone、iPad用のExcelがリリースされており、AppStoreから手軽にインストールすることができます。また、パソコン版と違いiPhoneで利用できるExcelは無料なのが特徴。日々の作業をスマホでこなせるので便利です。

そこで今回は、iPhoneでExcelファイルを閲覧編集する方法を紹介。Excelアプリのインストール、マイクロソフトアカウントの作成という2つの手順でできるので実践してください。

iPhone用Excelアプリケーションのインストール

Excelファイルを扱うためには、専用のアプリケーションが必要です。Excelは容量がとても大きく、Wi-Fi環境でしかインストールできない点に注意してください。

インストール手順は下記の通りです。

    1. AppStoreを起動します。

iPhone用Excelアプリケーションは、AppStoreからダウンロード可能です。

    1. 検索欄に「Excel」と入力し、検索を開始します。
    2. Microsoft Excelを選択し、インストールを行います。
procedure1_1

以上で、Excelファイルの閲覧が可能になりました。メールやクラウドストレージでiPhoneにファイルを送り、実際に閲覧できるか確かめてみましょう。ファイルが正しく開けた場合は次のステップへ進んでください。

インストールしたにも関わらず開けない場合は、ファイル形式が対応しているか、破損していないかを確認します。それでもダメなら、Excelを再インストールしてみてください。

 

Microsoftアカウントの取得

Excelアプリケーションをインストールして、ファイルの閲覧が可能になりました。ただ、これだけでは「読み取り専用」と表示されるだけで編集まではできません。

Excelファイルを閲覧だけでなく編集する場合、Microsoftアカウントの取得が必要不可欠です。

procedure2_1

すでにMicrosoftアカウントをお持ちの方は、以下の作業は必要ありません。設定したメールアドレスとパスワードを入力して、サインインを行ってください。

    1. サインインします

右上の「サインイン」を選択します。

procedure2_2
    1. アカウントの作成を行います

中央の「アカウントの作成」を選択します。

procedure2_3
    1. アカウント用のメールアドレスとパスワードを設定します

ご使用しているメールアドレス(iPhone、パソコンどちらのメールアドレスでもOK)、パスワードを設定します。「次へ」を選択します。

procedure2_4

    1. セキュリティコードを入力します

「3」で設定したメールアドレスへMicrosoftアカウントチームからメールが届きます。内容にセキュリティコードの記載があります。そのセキュリティコードを入力し「次へ」を選択します。

procedure2_5

メールが届いてない場合は「今すぐ再送信してください」を選択。また、入力メールアドレスに間違いがあった場合は、「ここで修正してください」を選択してください。

「準備が完了しました」画面が表示されたら終了です。正しくMicrosoftアカウントが作成されました。

設定したメールアドレスとパスワードでサインインしてください。これでiPhoneを使ってExcelファイルが編集閲覧できるようになりました。

Microsoft社のクラウドスペース One Drive との併用について

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneにファイルをダウンロードする方法

iPhoneでPDFなどのファイルをダウンロードする方法

今回、iPhoneでPDFなど …

Facebookでのご購読が便利です。