iPhoneでExcelファイルを閲覧/編集する方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneなどのiOS端末でExcelファイルを閲覧したり編集したりしたいと思ったことはありませんか?

実はiOS端末でもExcelファイルの閲覧/編集は可能なのです。本稿ではiPhoneでExcelファイルを閲覧/編集する方法を説明します。

スポンサーリンク

iOS版Excel

Excelファイルを閲覧/編集するならば、やはり本家Microsoft社が開発する「Microsoft Excel」を使うのが一番でしょう。iOS版ExcelはApp Storeで無料アプリケーションとしてダウンロードできます。

01-excel-icon

Microsoft Excelは無料アプリケーションながらExcelファイルの閲覧/編集ができ(編集にはMicrosoftアカウントが必要。登録は無料)、MicrosoftのクラウドストレージであるOneDriveはもちろん、iCloud DriveやDropboxとの連携も可能です。

Excelアプリケーションの基本操作

Excelアプリケーションを起動すると画面下部のタブバーに4つのタブが表示されます。次項以降で各タブの説明をします。

アカウント

02-excel-accounts

「アカウント」タブではMicrosoftアカウントやDropboxアカウントの設定を行います。

ExcelはMicrosoftアカウントなしでもファイルの閲覧は可能ですが編集はできません。ファイルの編集もしたい場合はMicrosoftアカウントを取得し(無料で可能)、このタブから設定してください。Dropboxアカウントを設定することで、Dropboxを用いたファイルの読み込み、保存ができるようになります。

新規

03-excel-new

このタブから新しくExcelファイルを作成します。26種類のテンプレートが用意されているので、思い通りのExcelファイルをかんたんに作成できます。

作成したファイルの保存先はOneDrive、Dropbox、iPhoneローカルなどを選択できます。

最近の項目

04-excel-recently-items

最近使用したファイルはこのタブに表示されるので、ここから素早くアクセス可能です。

開く

05-excel-open

既存のファイルを開く場合はこのタブを使用します。OneDrive、Dropbox、iPhoneローカルに保存されたファイルをここから選択し、Excelアプリケーションで開けます。「その他」をタップすると、iCloud Driveに保存されているファイルを開くことも可能です。

iTunesを使ってファイルをiPhoneに出し入れする

ファイルのやり取りにクラウドを介したくない場合はiTunesのファイル共有機能を使います。

iTunesのファイル共有機能を使ってファイルをiPhoneに出し入れするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. iPhoneとMac/Windows PCを接続してください。
2. Mac/Windows PCでiTunesを起動してください。
3. ウィンドウ上部のアイコンメニューから「iPhone」をクリックしてください。
4. サイドバーから「App」を選択してください。
5. 「ファイル共有」から「Excel」を選択してください。
6. 「追加…」ボタンをクリックしてiPhoneのExcelに入れたいファイルを選択してください。
7. 「Excelの書類」からファイルを選択して「保存先…」ボタンをクリックすると、iPhoneのExcelに入っているファイルをMac/Windows PCに保存できます。

06-itunes-file-sharing

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneでExcelファイルを閲覧/編集する方法として、本家MicrosoftのExcelアプリケーションを紹介しました。

閲覧やかんたんな編集作業であれば十分iOS端末からでも可能です。出先でExcelファイルを確認したい場合は、下手なサードパーティアプリケーションよりも本家Microsoft Excelの使用を検討してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です