iPhoneでEdyを利用する方法

LINEで送る
Pocket

最近ではコンビニやスーパーはもちろん、飲食店やドラッグストアに書店まで、様々なサービスで使用できるようになったEdy。現金を用意せず、お釣りもでないため大変便利で、おサイフケータイに対応した携帯やマートフォンがあれば、別途カードを持ち歩く必要すらありません。

しかし、iPhoneはおサイフケータイに非対応で、そのままではEdyが利用できません。そこで、今回はiPhoneでもEdyを利用する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneでEdyをチャージする

iPhoneユーザーがEdyをチャージする方法は限られています。Edy機能付き楽天カードや、おサイフケータイ対応機種では、いつでもクレジットカードでチャージや残高照会をすることが可能です。

しかし、iPhoneはおサイフケータイに対応していませんし、Edy機能付き楽天カードを所持していなければ、楽天Edy加盟店のレジ、Edyチャージャーなどの決まった場所を一々探さなければなりません。

PaSoRi(パソリ)を利用する方法

ソニーが販売している「PaSoRi(パソリ)RC-S390」を利用すれば、iPhoneでもクレジットカードによるEdyのチャージや残高照会が場所を選ばずに利用できます。iPhoneとBluetoothで接続したPaSoRiにEdyカードを読みこませる仕組みで、iPhoneとPaSoRiとEdyカードを持ち歩く必要があります。

1
出店: Sony Japan | FeliCa | 個人のお客様 | 製品情報 | RC-S390

iPhoneでEdyをチャージ、利用する

PaSoRiはEdyをチャージ、残高照会をすることは可能ですが、Edyを利用する、支払い機能は付いていません。そのため、別途Edyカードを持ち歩く必要があり、携帯やスマートフォン以外は何も持ち歩かなくていい、おサイフケータイ対応機種には利便性で劣ります。そこで、次はiPhoneでEdyをおサイフケータイ対応機種と同じように利用できる方法を紹介します。

おサイフケータイジャケット01を利用する方法

NTTドコモが販売している「おサイフケータイジャケット01」を利用すれば、iPhoneとおサイフケータイジャケット01のみでEdyの機能が利用できます。

また、おサイフケータイジャケット01に対応したiPhoneケースを使用し、iPhoneと一体化すれば、iPhone以外に機器やカードを別途持ち歩く必要がなく、Edyだけでなく、IDやQUICPayにも対応しており、複数の電子マネーが利用できるので、おサイフケータイ対応機種と同じ感覚でiPhoneを扱うことができます。

おサイフケータイジャケット01自体にも充電が必要ですが、一回の充電で約2.5ヶ月連続使用が可能であり、頻繁に充電する必要はありません。

2
出店:おサイフケータイ | サービス・機能 | NTTドコモ

今後選択肢は増えてくる

iPhoneがEdyなどの電子マネーを利用する方法は、実質おサイフケータイジャケット01のみと選択肢は限られています。

しかし、FeliCaを内蔵したSONYのスマートウォッチ「wena wrist」や、FeliCaを内蔵したmicroSDカード、FeliCa非対応のNFC対応スマートフォンでFeliCaを利用できる「HCE-F」技術など、今後は様々な選択肢が増えてくるでしょう。

iPhoneに対応していないからEdyを使用していない方も、Edyに対応していないからiPhoneを使用していない方も、本記事を参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です