Home / Apple / iPhone / iPhoneで楽天Edyを利用する方法とApplePayとの違い

iPhoneで楽天Edyを利用する方法とApplePayとの違い

Pocket

日本国内ではガラケーの頃からいわゆる「おサイフケータイ」というものがあり、各種支払・決済が可能でした。スマホでもAndroid機では随分前から対応していました。一方のiPhoneはというと、おサイフケータイが日本独自の仕様ということもあり長らく使えませんでした。iPhone7になってようやく”ApplePay”というものが搭載され、iPhoneでもスマホ決済ができるようになりました。

とはいえ、ApplePayはおサイフケータイとは異なる仕様で楽天Edyには対応しておらず、楽天ユーザーにとっては不便かつもったいないのですが、使えるようにする方法はいくつかあります。ここでは、iPhoneで楽天Edyを利用する方法と、ApplePayとの違いについて紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneで楽天Edyを使用する方法

iPhoneを「おサイフケータイ化」すれば、楽天Edyが使えるようになります。おサイフケータイには”FeliCa”とよばれるチップが内蔵されているのですが、7以前のiPhoneには搭載されていません。

7でようやく搭載されたものの、その中身はおサイフケータイ用FeliCaとは違うものであり、楽天Edyをはじめとして、未対応の電子マネーがいくつかあります。iPhoneで楽天Edyを使用する方法をご紹介します。

パソリ(RC-S390)と楽天Edyを使用してチャージする

【パソリとは】
パソリとは、ソニーが製造・販売している非接触型ICカードリーダのことです。いくつかの種類(型番)がありますが、iPhoneで使えるのはRC-S390ですのでご注意願います。価格は4000円ちょっとくらいです。

【パソリとiPhoneの連携でできること】

iPhoneに専用アプリをインストールし、パソリとiPhoneをBluetooth接続することで、下記ができるようにはなりますが、少しばかり注意点があります。

  • 1.各種電子マネー(楽天Edyなど)の残高照会
  • 2.各種電子マネーへのチャージ

【注意点1】

パソリ用のアプリとして、sonyの公式アプリがありますが、これは残高照会のみでチャージはできません。チャージする際には、楽天EdyやWAON、Suicaなど、それぞれ専用のアプリをインストールする必要があります。

【注意点2】

パソリを導入することで、iPhoneから各種電子マネーの「残高照会」「チャージ」はできるようになりますが、iPhone内にFeliCaチップを埋め込むわけではないので、iPhone単体での支払(iPhoneをレジでかざして「シャリーン」)はできません(後で紹介する方法を使うと、疑似的におサイフケータイ化することはできます)。ここがおサイフケータイ対応のガラケーやAndroidスマホと異なるところです。

結局、支払行為そのものにはそれぞれの電子マネーカードを使うことになります。また、iPhoneからのチャージや残高確認にはパソリが必要ですので、出先でこれらを行うのであれば持ち歩かねばなりません。

【対応電子マネー】

パソリを使うと楽天Edy以外の電子マネーサービスもiPhoneで使用することができます。主なものを挙げると

  • 楽天Edy
  • WAON(AEON)
  • Suica(JR東日本)
  • nanaco(セブンイレブン)

他、

  • FeliCa対応
  • パソリ用のiOSアプリがある

を満たしている電子マネーサービスであれば、基本的に対応可能のはずです。

おサイフケータイジャケットを使用する方法

【おサイフケータイジャケットとは】

おサイフケータイジャケットは、パソリと同等の機能を果たすものですが、iPhoneと一体化できるよう工夫が凝らされたものです。製造元はPanasonicで販売はdocomoとなっていますが、他キャリアのiPhoneでも使用できます。

パソリと見た目がよく似ているFeliCa内蔵の読み取り機と、これを入れてiPhoneに装着できるケースのセットとなっています。お世辞にもカッコイイとは言い難く、iPhoneのフォルムが損なわれてしまうのが残念ですが、支払いの際はiPhoneごとかざすだけでよく、おサイフケータイのように使えるのが利点となっています。もちろん、iPhoneからの残高照会やチャージも可能です。

なお、ケース内に必ず納めなければいけないものではなく、Bluetoothが届く範囲であれば、読み取り機とiPhoneをバラバラで管理してもちゃんと機能します。

【iPhone側に必要なアプリ】

「おサイフリンク」というアプリをiPhoneにインストール、設定する必要があります。

【対応電子マネーサービス】

  • 楽天Edy
  • iD(NTTdocomo)
  • dPoint(NTTdocomo)
  • QUICPay(後払いシステムのためチャージは元々不可能)
  • スマートフォンSKiPサービス(ANA)
  • ゴールドポイントカード(ヨドバシカメラ)

パソリと比べると、Suicaやnanaco非対応なのが辛いところかもしれません。楽天Edyはどちらでも使えます。

カードフォルダー付きiPhoneケースを使用する方法

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

知っておきたい!iTunesカードの使い方と5つの使い道

コンビニなどでよく見かけるiT …

Facebookでのご購読が便利です